先輩・後輩

インターン企画

2015.08.29

ma-noのインターン。

それは、社会人から、大学生、高校生と、

様々な人が来てくれていました。

 

昨日、たまたま

和田拓也くんと、宮本生里菜さんが、

偶然ma-noに遊びに来てくれて、鉢合わせ。

 

なんだか嬉しくなって、二人のツーショットを撮ってしましました。笑

 

ma-noに来ていなければ、出会うことのなかった二人。

たった、1週間程度だったのにもかかわらず、二人ともなんだか家族のような存在です。

いつか、

インターンのOB,OG会とかしたら面白そうだな。なんて話も出て来てました。

 

インターンは短い。

 

ですが、その短い時間で

ma-noの想いを一緒に共有できるとても素晴らしい企て。

 

みんなの今後の活躍。

とてもワクワクしますね!

 

何気ない平日も、

何かが起こる。

 

カフェってそんな不思議な場所なんです。_DSC3744

 

 

芦屋、神戸のロースター、カフェ、パン屋、ケーキ屋さんをめぐるツアー

coffeeのこと 甘いもの

2015.08.27

「学びは楽しい」

本日は定休日を利用して、ma-noスタッフ一同で
勉強しに行ってきました。

芦屋、神戸のロースター、カフェ、パン屋、ケーキ屋さん。
計8店舗をめぐるツアー

スタートは苦楽園にあるTAOCA COFFEEさんでは、
コーヒーのローストを見学、勉強をさせて頂きました。

TAOCA COFFEE 代表の田岡氏より、ローストの理論や、捉え方、保存方法などを伺えてとても深い学びの時間になりました。

ここでは、ma-noの焼き菓子やグラノーラも置いて頂いているので、ケーキの納品とともに、新作ケーキを届けてきました。

私どもが焼いているケーキを
丁寧に説明して頂いて、
苦楽園の方々にも、食べて頂けること。

とても嬉しいです。

コーヒーの奥深さを改めて感じつつ、

次の目的地へ。

パン屋、ケーキ屋さんを次々回る。

今回は、
オーナーのルーツでもある、カフェや、ケーキ屋さんに、
スタッフを連れて行って来ました。

ルーツを共有することで、ma-noで表現していきたい、ご提案していきたい「カタチ」を明確にするのが狙いでした。

さらに、
瓜生島が行っている「小さな焼き菓子屋さん」の新作ケーキの
アイディアを得るために、

様々なケーキ屋さんで、焼き菓子をゲット!

見て学ぶ、
食べて学ぶ、
体験して学ぶ。

本日ははあらゆる場所で食べ過ぎたので、
ゲットしてきた焼き菓子はもうお腹いっぱいで食べれない。

明日以降に実食していきます。

本日の体験が、
今後ma-noでどうなるか??

楽しみにしていてください!!

「学び」

それは、とてもワクワクすること。

それは、やめられない禁断の遊び。

IMG_1188 11224766_801292533325733_7160587727863166733_n 11947482_801292559992397_6736264987310730400_n 11954710_801292573325729_2147032203317729260_n

ma-noのコーヒーのなぜ?を紐解く。それは…

coffeeのこと なかあそび

2015.08.22

ma-noのコーヒーのなぜ?を紐解く。それは…

 

 

 

コーヒーの飲み比べ。

「比べる」というのは、とてもよく分かります。

 

先日、第3回目のコーヒーカッピングを行いました。

 

一度に6種類の豆を同時にカッピング(テイスティング)

カッピングというのは、ワインでいうテイスティング。

コーヒーの香り、味を感じる行為です。

 

空気と一緒に霧吹き状に口の中にコーヒー液を注ぐと、

普段感じれない風味特性や、甘さ、が感じやすくなります。

 

それが、「カッピング」といわれるもの。

 

ma-noでお出ししている「コーヒー」は、

このカッピングを知って頂くと、さまざまな「なぜ」の理由が分かります。

 

なぜ、フレンチプレスという抽出器具を使っているのか?

なぜ、アイスコーヒーをビアグラスで飲むのか?

なぜ、単一農園のコーヒーを使わせてもらっているのか?

 

すべての「なぜ」は、カッピングが芯になっているのです。

 

その秘密は、

また次回の、コーヒーカッピングのワークショップの時にお伝えしようと思います。

 

カッピングの後、

さまざまな秘密をお伝えしていると、

参加してくださった方が、みなさん沈黙されていたのです。

 

「あ。マニアック過ぎて、面白くなかったかな。。」と思い、

そのことを伝えると、

「深すぎて、聞き入っていました」との事でした。

 

私たちが感じたコーヒーの「奥深さ」を

参加してくれた方も、「楽しい」と感じてくださった事がとても嬉しかったです。

 

今後も定期的に

コーヒー屋さんらしく、

「コーヒーワークショップ」を行っていきますので、

どうぞ、その際はご参加していただければ幸いです。

 

また、コーヒーの淹れ方講座や、コーヒーの話しなども

お声があれば、出張させて頂きますので、お気軽にご連絡頂ければと思います。

 

 

 

 

_DSC3447 _DSC3459 _DSC3333

 

 

 

初めてのカプチーノをお母さんへ。

インターン企画

2015.08.17

「初めてのカプチーノ」

インターン期間の5日間の最終日。

宮本生里菜さんが最後にしたma-noでの体験。

それは、

自分が淹れた「カプチーノ」をお母さんへサーブする。

 

マシンに触れたのも最終日の朝。

2回ぐらいしか触ってないのにもかかわらず、その夜

お母さんへサーブする。

 

抽出するマシンを、おそるおそる触る。

コーヒーをグラインドする。

コーヒー豆を整えて、マシンにセット。

_DSC3336 _DSC3337 _DSC3407 _DSC3406 _DSC3413 _DSC3416

どのボタンを押すのかさえ、迷いながら

抽出。

 

ミルクを温めて、

抽出したエスプレッソにミルクを注ぐ。

 

見よう見まねながらも、カップのイメージをしながら注いでいく。

 

小さいけど、小さいけど、

ハートができた。

 

それをソーサーに乗せて、カウンターに座るお母さんの元へ。

 

緊張によって、震える手。

カチャカチャと、

ソーサーとカップとスプーンがなる。

 

震えと付き合いながら、お母さんの元へ。

 

一口。また一口とお母さんが

娘のカプチーノを飲む。

 

 

 

なんとも素敵な光景でした。

 

 

 

店主も恵も、里美も、世のバリスタの多くの方も、

最初の一杯は、

「震える」

コーヒー大会なんかでは、この震えとどう付き合うかが、すごく難しい。

今でももちろん震える。

いわゆる「バリスタシェイク」と言われるもの。

 

せりなさんは、なぜ、手が震えるかがあまりわかっていないようで、

その現象に笑ってしまうほどだった。

 

 

なんか

素敵な光景だと思うのと同時に、

 

自分が最初に

カプチーノに出会って、コーヒーを淹れていたころを思い出させてもらいました。

 

 

5日間という短い期間。

せりなさんには、多くの方と出会う機会をと。

様々な企画にも参加して頂きました。

 

ma-noが生里菜さんへ出来ること。

それは、コーヒーを教えることでもなく、ケーキを作ることでもない。

 

生里菜さんが、今まで出会ったことがない「人」と

生里菜さんが、今まで経験したことのない「事」を

生里菜さんが、今まで見たことのない「物」を

 

体験してもらうこと。

 

それが、ma-noにしか出来ないインターン。

 

 

コーヒー屋で、パンと出会ったり、

山頂で雲海を見ながら朝ごはんを食べたり、

オーストラリアのコーヒーを飲み比べたり、

それらに参加してくださる「お客さま」と話をしたりすること。出会うこと。

 

わざわざ、生里菜さんに会いに来てくださるお客さまも居てくださり、

とてもありがたく思います。

 

生里菜さんが「イメージ」していた

ma-noでのインターンをイメージ通りにするのではなく、

イメージをはるかに超える体験をしてもらう。

 

それが、私たちがインターンとして来てくださる方々に

したいこと。

 

「インターンに行って、ますますma-noが好きになった。丹波が好きになった。人が好きになった。」

 

と感じてもらえるように。。

 

 

昨年の12月から始まったインターン企画。

8ヶ月間。毎月来てくださったり、行かせてもらった企画。

 

ひとまず、9月以降の予定はなく。。

 

刺激だらけだからこそ、

ちょっぴり寂しい感じもしますが、

一度今までの体験、経験を整理していこうと思います。

 

ただ、いつでも社会人インターンは募集しておりますので、

気になる方がいればぜひ、ご連絡頂ければと思います。

 

初めてのカプチーノ。

お母さんの反応が、また素直すぎて

「愛」を感じてしまいました!!

 

生里菜さん。

お疲れ様でした!

今回出会った方々と、今後とも繋がってもらえると嬉しいですよ!

 

そして、丹波っていいな!と少しでも、

地元の愛が深まってもらえたら何よりです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「知る」は楽しい!!

coffeeのこと なかあそび

2015.08.17

「知る」は楽しい。

学びというのは、「知る」ことで、楽しいこと。

_DSC3393

昨日行った

「コーヒーカッピング@オーストラリアロースター」に

15名もの方が参加してくださいました!

 

オーストラリアから恵が買い付けして、コーヒー6種類を

みなさんで比べる。

 

カッピングといわれる、

コーヒーのテイスティング。

挽いた豆の香りを嗅いだり、

お湯を注いだものを飲んでみたり。

_DSC3353

実際に体験するから「知れる」コーヒーの面白さ。

 

_DSC3375

 

カッピングを行うことで、

なぜ、ma-noのコーヒーはフレンチプレスという抽出器具を使っているのか?

なぜ、シングルオリジンというコーヒーを使わせてもらっているのか?

を知っていただけると思います。

 

なにより、

コーヒーの面白さを

多くの方とシェアできたことが嬉しかったです!

 

好みのコーヒーはどれですか?

という質問では、

みなさん、思い思いに指をさしてくれて、

「違い」を楽しんでくれていたと思います。

_DSC3382

 

以前ma-noのアイスコーヒーを飲んでくれた方が、

「アイスコーヒーみたいに味が変わるのってありますか?」

という質問をしてくれたことがきっかけで、

 

 

カッピングの途中で

シロップを入れてみる。ミルクを入れてみる。

という

今まで思いついたことがなかったことを、やってみました。

 

_DSC3388

 

目からウロコ。とはこのことだな。と感じるすごい発見をさせてもらいました!

 

「知る」は楽しい。

 

本当に楽しかったです!!

 

 

タイミングが合えば参加したかった!

ぜひ、またやって欲しい!!

という声を多数いただいたので、

第3回コーヒーカッピングを開催します!!

 

今回こそ、参加出来る!という方は、ぜひいらしていただければと思います。

詳細

「コーヒー飲み比べ。オーストラリアコーヒーロースター」

2015.8.21 金曜日 19:00-21:00

参加費 ¥1200

 

申し込みなどなくても結構なので、

お気軽にいらしてください!!

コーヒーでワクワクしましょう!!

 

 

コーヒーのテイスティング

2015.08.16

お知らせ。 本日8月16日は 10:00より営業しております。   19:00までの営業時間なのですが、 18:00より、 オーストラリアロースターの コーヒーカッピングを行います。   飛び入り参加 […]

ちいちゃなケーキ!集まれー!!

おくりもの 甘いもの

2015.08.14

「小さなケーキでいいので、いろいろな種類で作ってほしいです」

 

本日はそのようなご要望。

 

ただ、小さなケーキを作るのも良かったのですが、

それだと、ちょっぴりフツー。

 

なので、カップケーキなのに、

周りにフルーツもりもり!!

 

うん。

ma-noらしい。

 

本日もとても喜んで頂けました!

 

_DSC3237

 

 

コーヒーいろいろ。

coffeeのこと なかあそび

2015.08.13

「コーヒーの違いなんて分からない。」

 

たまにこんな声を聞くことがあります。

確かに、同時にコーヒーを飲み比べする機会というのは少ないと思います。

 

ただ、それは「飲み比べる」ということをしたことがないから。

 

比べると、

「こんなにも違うのか。。」と感じていただける。

 

今日は、オーストラリアのロースターの豆を

恵が買い付けてきていたので、6種類を飲み比べ。

 

なかなか日本で手に入りづらい豆での「飲み比べ」だったので、

スタッフも混じって興奮していました!

 

「マスカットのような甘さがあるね!」

「トマトジュースみたい!」

「余韻がカラメルだ!」

「花みたい」

 

たかがコーヒー。

だけど、

作り手や、品種や、精製方法が違うだけで、こうも違うのか。。

 

深すぎました。

 

そして、面白すぎました!

 

この面白さ。

共有したい!!

 

たまには、コーヒー屋として、コーヒー屋らしいことをしたい。

 

次回は16日日曜日。18:00から行います!

 

ぜひとも、一緒にコーヒーの面白さを体験していただければ嬉しいです。

 

_DSC3228 _DSC3220 _DSC3222