一枚の重さ。

2017.07.19

今日は雑誌の取材をしていただきました。

丹波・篠山の魅力を詰め込んだ本ができるそうです。

多くの方が目にするメディアに取り上げていただけるのは、嬉しい限りです。

カメラマンの方も、

ライターの方も出版社の方も、

私たちの考えをしっかり聞いくれる。

それは取材では当たり前かもしれませんが、

今日の方々は

聞くだけではなく、「プロフェッショナル」がたくさん詰まっていました。

それは、

たった一枚の撮影をするために、

妥協なく撮影してくれたこと。

「一枚の重さ」

たった、一枚なのですが、その一枚が多くの方が見られる。ということを理解し、

なおかつ、その一枚がどれだけ影響があるかも知っているからこそ。

何度も撮り直す。

カプチーノを何度淹れたかな?

けど、杯数なんて、いいのです。

自然光で撮る難しさも、

きめ細かいミルクの艶も、

一枚におけるこだわり。

ありがたいのです。

妥協をしない。

かっこいいプロフェッショナルな方々に

取材、撮影していただけたこと。

さて、今日の取材していただいた本がどんな風に仕上がるか楽しみです。

また、本の情報が分かり次第アップさせていただきますね!

しばしお待ち下さい。

店主はいつか「本を書きたい」と思っているので、

出版社さんと繋がれるのは、すごく嬉しい。

 

 

ちょっと物好きて、ちょっと多動気味な店主ですが、

興味のある方がいらっしゃればご連絡ください。

店主。本、書きたい。

 

 

 

 

FullSizeRender 172

何気ない一枚。