道。

2015.10.17

お知らせです。 ma-noのスタッフでありました、瓜生島里美は 新しい道を進むためにma-noを離れて活動していくことになりました。   ma-noの3周年を迎えてから そして、みなさんの笑顔を見てから離れるこ […]

息吹を集める。

そとあそび 空間をつくること

2015.10.15

息吹を集める。

 

篠山ハクトヤさん。

先日ma-noがコーヒーを淹れにいかせて頂いた場所。

 

ハクトヤさんは築200年の古民家を改装して

使われている、

器とくらしの道具のお店。

 

店主でもある一ノ瀬裕子さんが、

日本全国、世界を旅して集める裕子の愛でる「形なるもの」

 

それが、ハクトヤの息吹となっている。

 

築200年。

なにもしていなければ、朽ち果ててしまうかもしれないけれど、

裕子が愛でる形なるものが、

きっとこの場所の

血液であり、

生であり、

循環を生み出しているんだと思うのです。

 

そして、なにより、

裕子が愛でる「形なるもの」を愛でる人々が集う。

 

それが何よりの息吹となっている。

 

日本全国、世界中で形なるものを集めているようで、

実は、人を集めているのかもしれないですね!

 

そんな裕子セレクションに

ma-noも入れていただき、2日間コーヒーを淹れさせて頂いておりました。

 

「測れる数ではなく、測れない質を求める。」

これが今回の企ての根幹。

 

だからこそ、

来てくださった皆様は

本当に幸せそうに「時」に浸っておられました。

 

数ではないので、測れないのですが、

きっと、幸せ度を測れるスカウターがあれば、

つけた途端に爆発してたかもしれないですね。笑 

(例えが…笑 ドラゴンボール世代なもので。)

 

 

幸せを測るスカウターはないですが、

「笑顔」がもしかしたら、それなのかもしれないですね。

幸せを数字にすること自体が野暮ってこと。

 

幸福度。

それを測る時間を作るなら、

目の前の人を全力で笑わす。だと、面白いと思うのは私だけですかね?

 

2日間という短い間でしたが、とても楽しいひと時でした。

 

ありがとうございました!

 

裕子さんにはいつでも来てくださいね!と言ってくださいましたので、

またいつかひょっこり現れるかもしれません。

 

その時はぜひいらしてくださいね!

ハクトヤさんのブログも要チェックしてみてください!!

http://hakutoya.exblog.jp

 

_DSC5602 _DSC5592 _DSC5564 _DSC5558 _DSC5554 _DSC5586 _DSC5581 _DSC5563 _DSC5510 _DSC5532 _DSC5541 _DSC5559

何気ない日を覚えてる。

甘いもの

2015.10.15

これ。プレゼントなんです。

ケーキの中に入れて作ってもらえますか??

 

とお預かりしたプレゼント。

なんとも素敵でロマンチックな演出だな。と感じながらも

そんなことをするのが大好きな店主。

 

もちろん!と受け取ってプレゼントを確認すると、、

指輪とか小物かな?と勝手な想像をしていたのですが、

 

もう少し大きなプレゼント。

 

これを入れるケーキ。。。

 

なかなか大きいサイズになるな。。

 

そして、

レアチーズケーキが好きなこと。

フルーツが好きなことも伺っていたので、

 

土器レアチーズフルーツケーキになりました。

 

ケーキ自体は、行きの車の中で思わず話してしまっていたようですが、

プレゼントの件はサプライズ。

 

店主とお客さまはそわそわ。

なかなか隠しているプレゼントまで、食べ進まない。

 

そらそーです。

なんたって、小物を隠し切るために、

大きいんだから。

 

8人前はあるよ。そのケーキ。

 

を二人で食べ進める。

 

と、

おや、

なんだか硬いものが。。

 

まさかケーキの中に

プレゼントが仕込まれてるとは思っていなかった奥さまは

とても静かに、静かに喜んでおられてました。

 

その瞬間の旦那さまの「やったった顏」の笑顔は忘れられないですね。

 

結婚記念日でもなく、

入籍した日でもなく、

誕生日でもなく、

 

なんの記念かって、

それは、内緒です。

 

でも、忘れてもおかしくない、何気ない一日を

旦那さまは覚えていて、

その日を奥さまに「ありがとうを伝える日」にされていました。

 

素敵だな。

 

そして、そんな瞬間を一緒にワクワク、そわそわさせてもらえて幸せです。

 

ありがとうを伝える日。

それは、何気ない日。どんな日でもいいのかもしれないですね。

_DSC5605 _DSC5603

 

 

 

 

ハクトヤ×ma-no=

そとあそび 空間をつくること

2015.10.13

「時間を作る」

 

時間を長くすることは、誰にもできない。

だけどね。

時間を長く「感じる」ことはできる。

作ることができる。

 

本日は篠山にあるハクトヤさんにて、

コーヒーをいれさせて頂く機会を頂きました。

 

ハクトヤさんの独特な心地よい空間作り。

 

そこにma-noのコーヒーと、ちょっとした演出を加えると…

 

来てくださったみなさまが

心のそこから時間に浸っておられました。

 

それを心に留めておくのではなく、

みなさま笑顔で「ありがとう」と伝えてくださいました。

 

なにより嬉しいご褒美。

 

ありがとうござます。

 

TAMBANPANを食べて、思わず泣いてしまうお客さまもいらっしゃって、

なんだか胸が熱くなりました。

 

ただ、純粋に「美味しい」だけじゃ、そこまではならない。

 

きっと、ハクトヤさんの空間とma-noの空間が

その方の心に

 

そっとフィットしたんだと思うのです。

 

嬉しいです。

 

 

心地よい時間を作りに

 

明日もハクトヤさんに行かせて頂きます。

 

 

ぜひ、ハクトヤさん、ma-noが好きな方はいらしてください!

 

心地良い時間。

 

創造してお待ちしております!!_DSC5545 _DSC5537 _DSC5489 _DSC5486 _DSC5505 _DSC5541 _DSC5481

 

 

「大切」を知る。

Farma-no企画 そとあそび

2015.10.08

「大切」を知る。

本日は竹岡農園さんに行かせていただき、
生姜の収穫を行ってきました。

さらに、
お米の脱穀も体験させてもらいました。

いつも食べてる
「お米」

それが、どのような家庭でいつも見てる白いお米になっているか?

漠然とはわかりますよね?

でも、実際やってみると、なぜ今まで「知らなかったんだ。」と
私はなりました。

機械がある。

けど、実は根本は人の手で行われていた作業。

お米一粒残すとお百姓さんが泣くよ。
と幼いころ教えられたのを思い出しました。

今、やっと初めて聞いて知る。んじゃなく、見て、触って、やってみて知ることができました。

とてもたのしく有意義な時間でした。

収穫はまだまだ続く。

私たちの技術はこれから。

農家さんが大切に育ててくれた生姜。
美味しく「加工」していきます!!

今年のロットの
ジンジャーシロップももうすぐです!!

お楽しみに!

素敵な一日を創造する。天空の朝ごはん 秋 

そとあそび

2015.10.08

         ma-noの天空の朝ご飯 2015秋          

丹波の食材を使ったサンドイッチと

ma-noがおもてなしさせて頂くcaféをいつもと違った場所で。

目に映るのは、丹波の秋の風物詩「雲海」

 

丹波に海はないけど、海の真ん中にいるかのごとく感じるその世界。

 

美味しいcoffeeの香りに包まれながら、五感が喜ぶ朝ご飯。

 

 

幸せな一日の始まりを、みんなで味わってみませんか?

 

特別な日を作るのなんて簡単。ちょっと早起きするだけでいいのですから。

               

日時    10/18(日曜日) 8:00山頂集合 9:30解散

人数    15名程度

場所    丹波岩屋山山頂

持ち物   お気に入りのマグカップ

費用    お一人1500円 小学生未満 1000円

内容    恵のチャバタサンドとコーヒーとスイーツと美しい景色。

募集期間  10/17(土曜日)まで

 

お子様にはオレンジジュースをご用意させて頂きます

山頂までは車でお越し頂けますが、出来るだけ友人の方との乗り合わせで来て頂けると幸いです。

ma-noを7時30分に出発するので、もし場所が分からない方は

7時30分にma-noに来て下さい。一緒に行きましょう!

 

お手洗いはありますが、あまり充実していませんので、あらかじめそのおつもりでお越し下さい。

基本的にはゴミは各自でお持ち帰り頂けるようにご協力ください。

 

 

日常に彩りを。

そとあそび

2015.10.06

日常に彩りを。〜雑貨と珈琲〜

心に彩りを添える ココロオドル雑貨店ハクトヤと

至福な時を演出する 珈琲屋cafe ma-no。

雑貨と珈琲。

生きていく上で「無くてもいい」を 「無くてはならないもの」にする時間。

ハクトヤとma-noがお届けする

日常に彩りを添える時間…

 

 

先月、篠山のナイトマーケットに出店させて頂いたときに

はじめてお会いしたハクトヤの一ノ瀬裕子さん。

 

なんか互いが、ともに惹かれあい

次の日には、「何か」をするために、何かを行う日にちだけを決めました。

 

それが10/13.14日。

 

3連休の次の日。

慌ただしい日常が、

いつも以上にふっとなる日を狙って、

ハクトヤとma-noがお届けする「時間」

 

ぜひとも、ゆらり素敵な時に浸りにいらしてきてください。

 

この機会に、

ハクトヤさんをご存知ない方は、ハクトヤさんの魅力に浸ってほしい。

この機会に、

ma-noを知らない方は、ma-noの面白さに浸ってほしいな。

 

全国、全世界を旅をしながら買い付ける裕子ワールドの

器を使わせて頂き、当日は珈琲を楽しんで頂きます。

 

焼き菓子や、パンたちもご用意いたします。

気軽に遊びにいらしてください!!

 

篠山ハクトヤさんで会えることを楽しみにしております。

 

http://hakutoya.exblog.jp

 

FullSizeRender 31 IMG_1896

笑顔に囲まれる日。

丹波のもの 空間をつくること

2015.10.06

ここは、「丹波市」_DSC5025

 

もうこれでもかっていうぐらいの密集度。

人。人。人。

 

けど、その一人一人は当たり前のごとく、違うのだけど、

みんなに共通していることがある。

 

それが「ma-noが好き」ってこと。

そして、「人が好き」ってこと。

 

ma-noが好きで居てくれて、人が好きだからこそ、

今日、この日に集まってくれた。

 

総勢100名をこえるほどの方が、

3周年記念パーティーに参加してくださいました。

 

田舎と呼ばれる場所で、

小さな一つのカフェが、3周年を迎えた。

 

だけ。

ただ、それだけなのですが、

本当に多くの方がお祝いに来てくださったり、

会いにきてくださったりしてくださいました。

 

「笑顔が見たい」

その想いの中生まれたma-noが、

3年経った時。

 

これだけの「笑顔」に囲まれて

同じ「時」を過ごすことができる。

 

想像できなかったです。

 

このパーティーを実現できたのも、

本当に多くの方のご協力があってのこと。

一人でもかけていたら決してできませんでした。

それほど、繋がりが生んだ「時」

 

なにより嬉しかったのが、

「面白かったです」と言ってくれること。

それも、

「人と出会えて嬉しかった」と。

 

私たちに会いに来てくれてるかと思いきや、

同じ場所で、この日、この機会に出会った方々が

楽しく話をされていて、どんどん繋がっていく。

 

それが嬉しかったと言ってくれる。

 

「ma-no」という名。

これはイタリア語で「手」を意味するんです。

 

誰かと、誰かを繋げる「手」のような存在になりたい。と思い名付けた名。

 

それが、実際に体現されているところを見る。

 

これほど、名付け親として嬉しいことはないです。

 

まだまだ至らないところばかりでしたが、

多くの方の「笑顔が見れた」ことは、

 

私たちが、常に追いかけている世界に少し近づいていけた

証かもしれません。

 

純粋に、

「笑顔が見たい」

そのために「できることをできるだけ全力でやる」

 

それだけ。

続けていけるように、

これからも成長していきます。

 

ご協力頂いた皆様。

この場をお借りして、深く御礼申し上げます!!

ありがとうございました!!!!

 

_DSC4960 _DSC5127 _DSC5091 _DSC5086 _DSC5083 _DSC5043 _DSC5039 _DSC5030 _DSC4971 _DSC4962 _DSC5025 _DSC4953_DSC4840