増税に伴うお知らせ

2019.09.30

2019年10月1日より軽減税率及び増税のために、

cafe ma-noも若干の価格改定を行います。

 

カフェや、スイーツ、ランチなどの商品は全て今までと変わらない価格でご提供させていただき、

そのかわり、ランチ、スイーツの「セットドリンク」の価格を¥50アップさせて頂きます。

 

なお、今政府が進めている「キャッシュレス」という時代の流れですが、

電子音でピロピロピローンとお会計をデータでいただくより、

お客さまにとっては手間ではありますが、不便ではありますが、

これまでと変わらず「貨幣」で頂戴したいと考えております。

 

なぜなら、

その方が嬉しいからです。

 

「ありがとう」の対価であるお金。

「未来への投資」であるお金。

 

データであろうが、現物であろうが頂戴するのは変わらないのですが、

貨幣が嬉しい。

 

500円玉が重くて好きだったり、

5000円札が一番貴重だったり、そうゆうあるあるネタも体験出来る貨幣。

手間で不便かもしれないですが、しばらくは続けていきたいと考えています。

 

政府の行う、キャッシュレスを進めるための、キャッシュレス還元。

当店はもちろんその還元を得れません。

現金だけだから。

 

ただ、ma-noに来られるお客さまの動機が

「5%安くなるから行こう」とはならないと考えております。

 

安くなるから行く。大事な要素かもしれませんが、

ma-noのご来店の理由が

「行きたいから行く」と思って頂けるように

私たちスタッフ一同は面白いお店にしていくように努力していきます。

 

政府が主導するキャッシュレス、軽減税率、ポイント還元。

軽減税率にするあらゆるコストを考えたら、やめておけばいいのに。と心から思います。

 

ma-noはポイントも、キャッシュレスも、クレジットもなく、

不便だらけですが、不便からこそ生まれる「コミュニケーション」を大事にしていきたいと思います。

 

あとね。

どれだけ便利になったとしても、それはインフラが整っている「いつも」があるときだけ。

災害が起きた時、大事なのはやっぱり貨幣。

電気が無ければ、インターネットが繋がら無ければ、

価値が無価値になってしまうあやふやさもあるんじゃないかなと思うのです。

 

いろいろ考えさせられる今回の増税。

 

みなさんはどんな思いでこの増税を抱いているのか。

とても興味がありますね。

 

ちなみに、キャッシュレスが反対というわけじゃない。

コンビニでは店主は全て電子マネーで決済してますしね。

ただ、個人店は現金派。

の使い分け。

 

その理由などは長くなるのでまたの機会に。

 

では、対応に右往左往してきます。