100回目の生誕祭。

甘いもの

2017.01.24

100回も迎えれるのは、本当にわずか。

「昨日もおじいちゃんと歩いて買い物行ってきたよ」

 

そんな100歳の迎え方は、とても幸せだと思うのです。

 

憧れるけれど、誰もが望んで迎えれるわけじゃ無い。

 

今回は、そんな記念日のケーキ。

多くの人に囲まれて、お祝いされるというのは、どんな気分なのでしょうね?

 

幸せの形があるとしたら、

その瞬間のことをいうのかもしれませんね。

 

_DSC9794