ma-noの日記

旅するバリスタ屋久島編。

出張カフェ

2018.01.22

何気なく、すっと行きたいと思っていた場所で、

何気なく、何かがあるかと思っていた場所。
 
そんな場所、
屋久島に来た。
_DSC3221

空港は、なんかゆるい。むちゃくちゃゆるい。びっくりした。笑

 
 
想像している以上に、
ここに来るのは簡単で、
ぽちっとボタンを押すだけで行くことが確定。
 
 
物事ってアクションを起こしたら、すごく簡単。
 
思いつきで決めた、
そんな旅だからこそ、
ma-noでもおなじみの
屋久島出身、屋久島育ちの「笑顔配筆人 馬場貴海賀」に全てお任せの旅。
_DSC3218

空港まで出迎えてくれました。

_MG_2771

昨年末のパン祭りにも。

IMG_0699 2

11月のチーズ工房千senのイベントでも。

_DSC0640

昨年の夏にも

_DSC0077

昨年の2月。きっとこれが初めまして。

 
 
キヨコンネガイ というゲストハウスを中心に、
屋久島を五感で感じる。
 
_DSC3738

キヨコネンガイ

神社を巡り、
_DSC3247

緑と苔があまりに素敵すぎて。

山を巡り、
_MG_3587
1日目 おちあい_180121_0083

共鳴。

島を巡る。
_DSC3785

落ちる水しぶきに圧倒されると同時にびしょ濡れ。

_DSC3769

真っ白い灯台

 
_DSC3861

一枚岩。目に見える全てが一個。という驚き。

_DSC3854

共存

 
三日間通して感じたことは、
「森と共に生きる」
「敬う心」
「視点」
 
雨が降り、森が蓄え、地中を介して、
一粒一粒の雫になって滲み出てくる。
_MG_3438
 
それらがせせらぎとなって、川となり、
大地を駆け巡り、海に帰って行く。
_DSC3824
 
 
その循環の中に「人」が存在する。
 
だからこそ、
島の人々は森を大切にする。
 
それを感じたのは、
一切ゴミが落ちていない。
 
森も、川も、集落も。
 
ここに住まう人は
それらが「当たり前」で当たり前のなかにいるからこそ、
ここに来る人も、それが「当たり前」になるじゃないかな。
 
 
 
「敬う心」
屋久島のどのお墓も
華やかなのだ。
 
南国の色とりどりの花が手向けてある。
 
それは、お盆だからとかではなく、
常に先祖を「敬う」気持ち。
 
あったかいのは、気候だけじゃなく、
心もあったかい。
 
「視点」
 
何千年も生きる屋久杉を間近に見て、触れて、
圧倒されながら、山の頂までたどり着くと、
 
 
ただそこに在る森。
 
_MG_3514
 
なんてことのない景色が広がっている。
 
 
視点を変える。
_MG_3553
 ただそれだけで見える景色も、感じ方も、在り方も
簡単に変わってしまう。
_MG_3391
いつも私たちが見ている景色も、
視点を変えたらどんな風に見えるのかをとても試したくなった。
 
すごく大きな気づきを感じさせてくれました。
 
 
まとめる。ことなんて、できないけれど、
きっとじわじわと時間をかけて自分のなかに落とし込んでいき、
ふとしたときに、自分の引き出しから出てくるんじゃないかと思うのです。
たそがれどき。二つの世界をつなぐとき

たそがれどき。

 
また行こうと思います。
 
 
きっと「循環」
それを教えてくれているんだな。
 
まだまだ表面的なことしかわかっていないからこそ、また足を運ぶ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

廃校利活用プロジェクト 旧遠坂小学校

空間をつくること

2018.01.16

地域の資源でもある学校。

それも地域の少子化が進み、どんどん廃校になっていく。

「一つの時代が終わった」象徴でもある。

 

だけど、

その廃校を次の時代に進めるプロジェクトが

今、丹波で起こっている。

 

今回、ma-noはこの廃校利活用プロジェクトに参加させて頂き、

「廃校のポテンシャルの提示」をコンセプトにカフェをさせていただくことになりました。

 

3/2日だけの限定出店です。

詳細は追ってご連絡しますが、

このプロジェクトの中心メンバーは

丹波から遠いところに住まう「大学生」たち。

 

地域課題を本気で解決すべく、彼らが丹波にやってきたのは、

5ヶ月前。

一週間、寝る時間を惜しんでまで、本気で取り組んだ「廃校問題」

それは、アイディアを出して、その一週間で、はい。終わりでも良かったにも関わらず、

彼らは5ヶ月前に打ち立てたアイディアを実現させるまで

本気で動き続けているのです。

 

丹波にいないにも関わらず、丹波のことをより深く考え、アクションを起こす。

 

心揺さぶられます。

 

丹波に住まう少し先を生まれた一人の人間として、

彼ら、彼女たちの想いの実現にむけて、

全力で取り組ませて頂くことにしました。

 

たった一日。

ですが、最高に振り切った

旧遠坂小学校でしかできない、「カフェ」の形をご提案しますので、

楽しみにしていただければと思います。

 

平日ですし、行けない。という方も多いとは思いますが、

「地域課題」はその地域にいる人だけが考えるのではなく、

遠い離れたとこに住まう大学生でも、小さなカフェでも

考え、行動できるんだ。ということころを

 

「認知」して頂くことが何より嬉しいことです。

 

続報をお待ち下さい。

 

あと、

小学校の時、「やってはダメなこと」を募集しています。

 

こそっと教えてください。笑

 

 

 

 

 

_DSC1410 _DSC1412 _DSC1416 _DSC1418 _DSC1420 _DSC1422

ma-noをプライベートな空間に。

なかあそび 空間をつくること

2018.01.09

昨日は還暦のお祝いで

ma-noを貸切プライベートパーティーを行っていただきました。

_DSC2966

 

昨年末から、閉店時間を19:00に変更させて頂いているので、

比較的、夜の貸切でのご利用をしていただけるようになりました。

 

店主はいろいろ料理を作るのが好きで、

人数が多いからこそ、できるメニュー、美味しいメニューもあるので、

ここぞとばかりに作らせてもらいました。

 

ma-noをプライベートな空間にしてゆっくりしていただけるというのは、

お客さまにとってもいいようで。

小さいお子さんがいても安心していただけます。

 

2018年は、夜のプライベートパーティーを充実して行えたらとも考えておりますので、

幹事に指名された方で、場所にお困りでしたらご相談ください。

 

定休日の金曜日でしたら、お昼の貸切もできることもあるので、

ご相談ください。

 

 

 

出張カフェ@京都府綾部市

出張カフェ

2018.01.04

本日はma-noを飛び出し京都府綾部にある施設へ。

_MG_2937 _MG_2939

 
昨年から定期的にコーヒーをお届けに来たのですが、
新年早々だったので、
お祝いのケーキも届けにきたのです。
_DSC2935 _DSC2954 _DSC2958
 
30人近かったので、ケーキも一口くらいになっちゃったのですが、
それでも、みんなでケーキをワケワケすると、
笑顔が溢れてました。
 
 
コーヒーも
そこにあるだけで、言葉が交わる。
 
食の力を目の当たりにできる、
出張カフェ。
 
2018年はこのような活動を少し深めていきたいと思うのです。
 
ma-noに来てもらう。だけではなく、
気軽に動ける私たちが動いて、淹れに行く。
 
待ってるだけなんて、できないんだから!!
 
 
 

1月2日から始動。

ランチのお知らせ 丹波のもの

2018.01.01

あけましておめでとうございます。

 
2018年も美味しさとワクワクをお届けできるように
スタッフ一同お待ちしております。
 
1月2日より営業しております。
おせちを食べてると、なんかこう、
いつもの味が恋しくなる。
 
今、店主はそんな感じです。笑
明日のランチは、「ジンジャーハニーカレーと野菜のmusmus」
なので、早速店で仕込んでおります。
 
 
明日の朝までは、
家で、おせち、お雑煮などお正月気分で、
明日のお昼には、
ma-noでいつもの味を楽しんでもらえたらなと思います。
 
3日まではご予約を承っておりません。
ご来店頂いた順番でのご案内となりますので、
お早めにいらしてください。
 
_DSC2898
 
 
 
 

1日が終わり、1日が始まる。

2017.12.31

 

店主の北です。

 

2017年も本当に多くのお客さまに

支えて頂きありがとございました。

 

今年の世相の漢字は「北」というのもあり、

時代が、ma-noを応援してくださったのじゃないかと思うくらいの、

楽しい一年でした。

 

ma-no自体もそうですが、

パン始めから始まり、パン納め。

_DSC2730

そして、3日はパン初めがあるのです。

そして、3日はパン初めがあるのです。

なんか似てるのです。たぶん色。

なんか似てるのです。たぶん色。

ヒヨリブロート、チーズ工房「千」senとの東京出店&トークイベントや、

IMG_3358

一ヶ月インターン受入れ。

_DSC6583

新宿高島屋出店。

_DSC9895 _DSC9842 _DSC9938

店主が届ける定期便。

IMG_5174 DSC_0049 IMG_4961

森企画。

_DSC5999_DSC9358

ワイン企画

_DSC5876 _DSC5884 _DSC5860
_DSC5834

企業、学校講演。

 

 

もうあげられないくらい

多岐にわたるご縁を頂き駆け抜けてまいりました。

 

そんな中で、

スタッフの恵は、

オーストラリアに一ヶ月インターンに行ったり、

この年末には、フランス、イタリアなどEUへの食の旅に出かけたり、

新しい仲間が増えたり、旅だったりと

激動の中、

今日の日を迎えることができました。

それもひとえに、

お客さまの理解があってのこと。

 

ありがとうございます。

 

周りの仲間たちがすごすぎて、置いてけぼりを感じていますが、

2018年は、

ma-noをより、ma-noらしくをテーマに活動していく予定にしております。

 

ちょっと抽象的すぎますが、

基本的には、

北が「ma-noにいる」です。

 

 

まぁきっと、たぶん。ですが。笑

 

今後は、昨年もご縁を頂いた

「講演」でのお仕事は、どんどん広げていきたいと思っておりますので、

ご興味がある方はご連絡頂ければ幸いです。

 

あと、相変わらず「本は書きたい」ので、

願うついでに、書き留めておきます。

 

結局、感謝よりも、願いばかりですが、

 

「言葉にする大事」と思っていますし、

テレパシーつかえる方なんて一握りの方くらいなのですから

「やりたい」はやりたいって言わないと誰にも伝わんない!

 

なので、この投稿を読んできださるみなさまも、

ぜひ、やりたいことをやりたい。と言葉にして多くの人に

伝えてみてください。

 

きっとできますよ。

 

明日、元旦はお休み頂きますが、2日より元気いっぱいもりもり

みなさまのご来店をお待ちしております!

 

では、みなさま。よいお年を!

 

一年。本当にありがとうございました。

 

 

 

パン恐るべし!!

丹波のもの 空間をつくること

2017.12.29

ma-noパン納め。

1日目おわりました。

_DSC2705

 

初日は、朝から多くの方が並んでくださりました。

とても嬉しいきもいでいっぱいでした。

 

_DSC2709_DSC2713

 

店内では、特別のパンプレートでご用意!

今回もとても喜んでもらえました!!
_DSC2723

奈良のバームクーヘン屋さんのデルベアさんも

いらしてくれたり、
_DSC2730

ma-noでおなじみの千葉のチーズ工房「千」senの千代さんもや、

笑顔配筆人の馬場貴海賀さんも駆けつけてくれました。

_MG_2771

 

姫路や、大阪、京都、もちろん伺えてない方も多かったですが、

本当に様々なところから来てくださりました。

 

パンってすごい!!

そして、日高氏、久美氏の凄さ。

まじまじと感じてしまいました。

 

入るときは、どんな体験ができるんだろう?とうワクワクした目が、

帰るときには、満足の嬉しい笑顔に変わっていく。

 

それを見れてとても嬉しいのです。

 

まだ初日。

明日もたくさんパンプレートご用意しておりますので、

今日来れなかった方はぜひいらしてください!!

 

プレッツェルも今日の1.5倍くらいは仕込んでくれたので、

食べてもらえる可能性が高いです!

 

ぜひぜひいらしてください。

 

 

 

 

 

 

ma-noパン納め情報 ファストパス発行!

なかあそび 丹波のもの

2017.12.27

ma-noパンフェスが近づいてきました。

2017パン納め

パン屋さんの紹介は以前の記事

ma-noパンフェスにてあげさせていただきましたが、

今回は、

当日のお話へ。

パンフェスは、普段より多くのご来店があり、

オープン前から長蛇の列になることもごさいます。

 

22197564_1475474009215546_1117949606_o

前回の周年祭で行ったパンフェス

もう、パンの力ってすごいですね。。

順番にお並びいただくのですが、

店内にてパンプレート食べたい方と、

テイクアウトだけの方と、

その両方の方がいらっしゃいます。

 

前回は、バラバラにお並び頂くことになり、

両方の方が、2度並ばなければいけなくなりました。

 

それを踏まえて、

今回、店内で召し上がってくださる方には

「ファストパス 優先券」を発行させて頂きます。

 

店内に入られてオーダーを伺った際に、

お渡しする「ファストパス」があれば、

優先的にパンのご購入ができる仕組みです。

 

ファストパスは30名限定で発行しますので、

朝一で店内でのパンプレートをオーダー頂いた方は

基本的にパンのお持ち帰りもできる。

 

はず。です。

 

みなさんがどれほどの量を買われるかが、定かではありませんので、なんとも言えないですが。。

 

朝一でなくとも、

日高さんは1日ma-noでパンを焼いてくれているので、

タイミングでプレッツェルには出会えますよ!

ほんと美味しいからプレッツェルは食べてくださいね!!

_DSC8615

では、29日、30日お待ちしております。

 

HIYORI BROTは29日持ち帰りがございますので、

おまちがいないように。