空間をつくること

ドイツと丹波がつながる日。フーバーナイト2017

丹波のもの 空間をつくること

2017.07.01

まさかドイツと丹波が繋がる日が来るなんて。

 

昨日はドイツにあるフーバー醸造家とオンラインで結び、

生産者の顔や、農園を紹介してもらいながらのワイン会が行われました。

_DSC5756

農園主のフーバー氏

_DSC5765

ひかみやさんの谷垣さん in フーバー

_DSC5736

もう、つながった瞬間は興奮しましたね。

今回一緒に行ったひかみやさんの谷垣さんは、昨年ドイツのフーバーさんの元で一緒に働かれていて、

輸入会社さんのヘレンベルガー・ホーフの山野さんは2年もの間、このフーバーさんの元で働かれていたそうです。

 

お二人のフーバー熱は半端がなく、

「好きなんだな」というのが、一緒にいるだけで伝わってきて、とても楽しい時間でした。

 

実際に、今回は

日本に6本しか入っていないダブルマグナムの2005年ビンテージを開けてみんなで飲みました。

_DSC5711

これ。ほんと大きい。

_DSC5699

デキャンタージュ。もう注いでいるときの音が美味しいって言ってた。

_DSC5819

ワインを注ぐのも笑っちゃうよね。

 

計5種類ものワインに、

ma-noはそれぞれ合わす「料理」が今回のお題。

やりました。

かなりやりました。

コーヒー屋ですけど、やりました。

_DSC5725

ドライフルーツとナッツのクリームチーズと前菜の盛り合わせ

_DSC5771

松本家アイノアカのドフィノア

_DSC5775

丹波野菜のバーニャカウダ

_DSC5810

ma-no 自家製ティラミス 3種のベリーソース添え

_DSC5827

スペアリブのワイン煮 玉ねぎとトマトのソース

 

もちろん食後のコーヒーも。

 

ワインとのペアリングを考えながらの料理の構成はとても刺激的でした。

一緒だからこそ、得れる「体験」を。

 

帰り際に多くの方に美味しかったよ。とお言葉をいただけて本当に嬉しくなりました。

 

今回は、生産者、輸入会社、酒屋、場が揃い、

食として、お客さまの元に届くまでに必要な人たちが

顔を合わせながら提供させて頂く。

_DSC5860

この手が印象的。ワインの色素が手から落ちない。ワインを愛し、ワインに愛されたからかもですね。

 

とても貴重な体験でした。

 

これからも、機会を作って様々な食の提供を行っていきますので、楽しみにしていてください。

 

ご協力いただきました、みなみなさまには感謝です。

 

_DSC5876

みんな幸せそう。楽しすぎました。ありがとうございます。

音を楽しむ祭り音楽祭

空間をつくること

2017.06.18

「久しぶりに楽器触りました」

なんて声もちらほら。

FullSizeRender 166 FullSizeRender 167

楽器たちも喜んでいたんじゃないかと思うのです。

 

IMG_7118

 

カラオケの選曲を選ぶかのごとく、

「次、何弾こうかな?」なんて、楽譜をペラペラ。

 

そのゆるさがたまらなくいいな。と思うのです。

_DSC5312

_DSC5304 IMG_7108 _DSC5330

 

間近で見たことのない楽器を見れて、聞けて、触れて、

店主は嬉しいのです。

 

店主も、何か弾けたらかっちょいいな。と思うのですが、

こればっかりは。。。

やってみたい楽器は、あるのですがね。

 

次回もゆるりと開催していきたいと思っているので、

音を楽しみにぜひいらしてくださいね。

 

 

東京コラボカフェ。@2月19日モリモトハウス

coffeeのこと 空間をつくること

2017.02.22

先日、東京にて、

HIYORI BROT 久美氏チーズ工房千「sen」千代氏とcafe ma-no北で

コラボカフェを行いました。

IMG_3309

左から千代、久美、北 どれもインパクト強め これ朝の7:30

IMG_3315

優秀すぎる仲間とともに。

今回は、9:00-14:00までは

ブランチ企画。チーズと、パンと、グラノーラのセットを食べてもらうという。

もちろん、飲み物は、コーヒーかホットジンジャー。

とても多くのお客様が来てくださって、

満席状態が続きました。

 

「ちょっと詰めてねー」というとみなさん快く詰めてくれて、なんだか親戚同士の集まりみたいな感じ。

なんか嬉しかったのです。

 

第二部は15:00からセミナー。フードペアリングとうたっていましたが、

もっと壮大な「ペアリング」

千代と久美と信也の「ペアリング」のご提案だったような気がします。

なぜ、チーズを作るのか?なぜ、パンを焼くのか?なぜ、コーヒーを淹れるのか?

 

って、私、コーヒーの話全くしてない。笑

カフェの店主としてしていること、北信也として生きていること。を語らせて頂きました。IMG_3350 IMG_3351

 

今回、一緒いる私たちの共通点。そして、ペアリングを感じて頂けたのではないかな?と思うのです。

 

 

第3部は、「3人の人生を語る会」

まさに、これは気持ちいいお題ですね。

チーズを作るために歩んで来た道、

パンを焼くために歩んで来た道、

カフェを営むために歩んで来た道。

 

それぞれが、それぞれの思いを語る時間。

きっと、

参加してくださった皆様は、お腹一杯になったのではないでしょうか?

IMG_3363 IMG_3366 2 IMG_3376

それぐらい、濃ゆい濃ゆい人生を歩んでいるし、それが楽しい3人なのです。

 

「食で生きる」

3人ともね。

食で人が笑顔になっちゃうのを知っている。

食で人が幸せになっちゃうのを知っている。

 

そう。自然と「なっちゃう」んだな。

 

だから、3人とも「仕事」を辛いとか、しんどいとか、嫌だとか、

一瞬もない。というか、そうゆう概念がないのです。

 

だって、

「好きなことをしている」から。

それに、仕事とか遊びとかなくて、全部「好きなこと」

 

そして、それをしながら

「生きていく」ことにチャレンジしているし、成り立つ。を目指している。

志だけではなくて、身にもなるように。

 

わずかな時間のブランチには40名以上の方が来てくれて、

セミナーは両方ともキャンセル待ちがでるほど。

 

ありがたい話です。

丹波という場所でカフェをしているだけにもかかわらず、

多くの方に興味を持って会いに来て頂ける。

 

丹波のma-noで待つ。というのも大切ですが、やはり会いにいく。というのもいいな。と思う1日でした。

 

さすがに濃厚でしたが。笑

 

明日は木曜日なので定休日。

明日も東京に行って、次なる打ち合わせ、出会い、勉強しに行って参ります。

 

ちょっと東京遠征が多くなりそうな予感。

楽しみです。

 

_MG_9539

 

 

 

 

カフェのモデル。

coffeeのこと そとあそび 空間をつくること

2017.02.08

ma-noが作り上げるまでに、

日本に大きく3つ。モデルになったお店があるのです。

 

一つのカフェは、

内装イメージを。

一つのカフェは、

遊び心を。

 

そして、

一つのカフェは、

在り方を。

 

今回行って来た千葉館山にあるcafeに、

5年ぶりにお邪魔してきましたのです。

 

「カフェの在り方」

_DSC0169

全てが温かくて、
この空間で呼吸をしているだけで、
心も身体も癒される。

私にとって究極の空間。

_DSC0182

置いてあるものも。

 

_DSC0185

 

丁寧に作られたご飯も。
_DSC0176

 

白鳥も。

 

_DSC0174

光も緑も。_DSC0170

 

 何もかも。_DSC0201

特に主張するわけでもなく、

特に無理をするわけでなく、

 

自然に寄り添い、そこに佇む。

そこに在るだけで、誰かの心の支えになるような。

 

理想の形の一つ。

 

久しぶりにその空間に浸ることで、

なんかぐっときたのです。

 

感じるからこそ、感じてもらえるように。

 

理想と現実のギャップはあるけれど、

理想も大事で、

現実も大事。

 

それがma-noらしさなのかなと。

 

外に出るからこそ、知れる

ma-noのこと。

 

今は、コーヒーが淹れたくて仕方なくて、この思いを誰かと共有したくてたまらない。

近いうちに遊びにいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一年。続けるということ。

丹波のもの 空間をつくること

2016.12.29

パン祭り。

すごく多くのお客さまが来てくれました。

ほんとすごくて、

カフェもあるんですけど。。。といつ突っ込もうかと悩んだくらい。笑

今年一年、多くのパン祭りを行い

ma-noに「美味しいパン在り」というのをお客さまに認識して頂けたというのは、

本当に嬉しい限りです。

昨年一緒にやっていた塚本久美氏は、今年、東京から丹波に移住して、

HIYORI BROT」というパン屋を開業されている。

 

 

ma-noの恵も、多くのパンを焼くようになり、

パンの職人として、だいぶ成長させて頂いています。

さて、そんなパンとの付き合いのある一年。

 

来年は3日からパンの大きな企画を。

丹波にある7つのパン屋さんのパンを

一度に楽しめるプレートをご用意しております!!

美味しさだけじゃなく、「情報」も添えてね。

ぜひ、パン好きのみなさまはいらしてください。

 

_DSC9246のコピー

真ん中のじゃじゃ馬。すごい腕なのです。

_DSC9236

かろうじてとった写真。

IMG_1983

初物の大納言小豆で焼き上げた TAMBANPAN!!

店内限定シナモンロール。カフェメニューだから、カプチーノと合わしたいのです。

店内限定シナモンロール。カフェメニューだから、カプチーノと合わしたいのです。

_DSC8758

 

2017パン初め

クリスマスイブ

インターン企画 甘いもの 空間をつくること

2016.12.24

クリスマスイブ。

たくさんのサンタたちがみんなの元へ旅立ちました。

きっと箱から出た瞬間には、

「わー!!!」と歓声があがるんじゃないかと、

そんなことを想像しながら一台一台ケーキを作っていくのです。

 

どうでした?

 

 

_DSC9122

いちごサンタ。どれも微妙に顔が違うのです。

_DSC9133

ma-noのクリスマスケーキはフルーツもりもり。

 

夜には、まさか可愛いサンタさんが来店してくれました。

 

_DSC9161

一緒に演奏会。

水萌ちゃんの演奏に惹かれて一緒に演奏会まで。

癒されましたね。

 

かなり。

 

今日は音楽に惹かれて来てくれる方が多いみたい。

おもむろに、車からギターを。。。

って、おもむろに、車にはギター積んでいないでしょ。。。

と突っ込んでしまいました。

_DSC9196

がさごそと、車からおもむろにギターをとってくる。

急に始まるセッション。

音楽っていいですよね。

なんとなく、その時の感情に合わせて音を奏でる。

それだけで、それだけで、心地よい。

 

水萌さんのインターン中に

音に惹かれている方がどれだけいらっしゃるか。

楽しみで仕方ないです。

 

ぜひ、この機会に、音を奏でにいらしてください。

 

インターンとピアノとマーノ

インターン企画 丹波のもの 空間をつくること

2016.12.14

先日ma-noにピアノがやって来たのです。

最初に弾いてもらったのは、ピアノを習っている娘に弾いてもらいました。

最初に弾いてもらったのは、ピアノを習っている娘に弾いてもらいました。

きっかけは、12月23日から27日までにやってくるインターンの子。

 

ma-noではインターン企画として、様々な方に実際にma-noに入って「体験」して頂くプログラムがあります。

社会人の方も居れば、主婦の方も、大学生の方も、高校生の方も、

アメリカに住んでいる方や、島根、大阪、東京など、住んでいる場所もバラバラ。

みなさん「ma-noに興味がある」という共通点だけ。

 

インターン企画に参加していただく前に、

ある質問シートだけお答えいただいています。

 

インターン質問シート

これらに答えて頂ければどなたでも、というのが一応の決まりなのです。

 

なぜ、このような質問をするかというと、

「方向性が分かる」からです。

 

履歴書というのは、あくまでも仕事や資格。

でも本当に大切なのは、その人の「人間性」と「方向性」

というわけで、

「自分自身と見つめ合う」ことをしなければ答えられない質問も中にはあります。

 

そうすると、

その方が、なにを求めていて、どんな体験を得たいのか?が見えてくるのです。

 

あらかじめわかっていると、

こちらもただ、ma-noに入ってもらうだけではなく、

その人に合わせた、インターンプログラムを考えることができるのです。

 

それが、「インターン企画

過去のもぜひご覧なってください。

 

そして、23日からやってくるインターン生は

北海道からやってくる平井水萌さん。

 

自己紹介などは、本人が来てからしてもらうつもりですが、

彼女が書いてくれた質問に私は胸が熱くなったのです。

少し抜粋して。

—————————————————————————-

・あなたが cafe ma-noの中に入ったら、今の cafe ma-noはどうなっていくと思いますか?

 音楽要素が増えます。ma-noにピアノがやってきたら、私は間違いなく弾きます。日記を書くみたいにピアノを弾いて、ときどきお客さんにも披露したいな。あと、ピアノを弾いたことのない人にはぜひ弾いてみてほしい。

 

・あなたは、「今」何をしている時が楽しいですか?

 ピアノを弾いているときです。いつか飽きるときがくるのではないかと思っていましたが、なかなか飽きないです。

 不思議な話、ピアノを弾いてると、たまに景色や、絵や、色が見えるんです。すんっ・・・・ごく鮮やかだけどうるさくない濃い青色だったり、黄色に近いキャラメル色の洞窟だったり、星空だったり、金色の下地に深い赤色のまるが載っている、さくらんぼの焼き菓子みたいな模様だったり…。考えなくてもいきなり現れるからびっくりするし、目でも楽しんでいます。これは私の特権のようにも思いますが、本当は他の人にも見えてほしいです。すんごく、きれいなので。

 

 

・あなたのこれまでの人生の中での成功体験を教えてください。


またそれはなぜ成功したのか、成功要因を整理して示してください。

 私がきっかけとなって、友人がピアノを始め、1年ほど経った今も一生懸命に練習してくれていることです。

 その友人の曲(「○○の曲」:その人をとてもとても!よく表している曲)ができて、(意図して作ったのではなく、たまたま適当に弾いた曲がとてもその友人だったんです!)を本人に聴かせてみたのがきっかけでした。

 ポイントは、夜に聴かせたことだと思います。朝や昼より、暗い時間の方が雰囲気に深みがあって、ピアノの良さが伝わりやすくなると考えたからです。(こういう、時間帯や演出は結構大事にします。)そして、初めてピアノを聴かせるときに良い衝撃を与えられるように、私がピアノが好きだということをあまり口外せず、中途半端な出来のものを聴かせることもせず、ここぞというときのためにひっそり黙々と練習していました。(笑)ピアノの魅力を精一杯伝えるために、できる工夫、思いつく工夫はできるだけしたいと思っていました。

 その友人は、最初は全然ピアノに興味はなかったところから、今では本当に、学校に来た日はほぼ毎日、弾いてくれているようになりました。ここまで熱心に長くピアノを弾いてくれるようになるとは思っていなかったので、もしかして「弾かされて」いるんじゃないかと心配になって聞いてみたりするのですが、「いや、楽しいよ。」って答えてくれました。この上ない幸せと喜びです。ピアノの楽しさが伝わってよかったな、って思います。友人の曲を本人が練習しているのが聴こえたときは本当に、幻かと思いました(笑)それまで、私が弾かなきゃ耳にすることはなかったので…。その時は私が衝撃を受けました。

———————————————————————-

他にももっと熱くなる話が書いてあったのですが、それはまた本人にma-noで語っていただきましょう。

 

さて、

こんな事を知ってしまって、「なにもしない」なんて選択肢は、

先を生きる一人の人間として、ないでしょう。

 

ピアノがあれば弾くと彼女は言う。

ピアノの音色は景色が現れると彼女は言う。

ピアノに興味がなくても、弾いてしまうようになると彼女は言う。

 

「ピアノないと始まんないじゃん」

 

ということで、

ピアノがやって来た。

ピアノがやって来た。

となるのです。

 

ただ、ピアノを置くだけじゃ、それはいけない。

 

*店主は音楽の知識が全くありません。

 

「調律」というのが必要だそうです。

一年に一度は必ず。

このピアノはかれこれ15年以上弾かれることがなく眠っておりました。

ということで、音楽の本場(だと勝手に思っている)

ロンドンで調律師として10年活躍していらっしゃった方に

直々にお願いして調律して頂きました。

ピアノって簡単に開くんだ。。

ピアノって簡単に開くんだ。。

20kgもの強い力で引っ張られているのを少しづつ調整していく。

20kgもの強い力で引っ張られているのを少しづつ調整していく。

_DSC9005

調律を上から。

_DSC8990

耳で聴き、一つ一つを合わせしていく。鍵盤によっては3本だったり、太いのが一本だったり、さまざま。

_DSC9014

全世界基準という響きがかっこいい。音叉

_DSC8987

ピアノもだけど、道具にそそられる。

_DSC9017

完了。

プロの仕事というのは、見ていているだけでうっとりしてしまいますね。

 

ただ、ここにあるピアノ。

ここにあるまでも、物語があるのです。

 

が、長くなるので省略します。

助けて頂いた皆さま。本当に「気軽に行けるでしょ!」って言ってすみませんでした。

簡単じゃないです。ほんとに。

ピアノって想像以上に「重い」ので気をつけてくださいね!

 

さて、

準備が整いました。

 

ただ、ちょっとお待ち下さい。

「ピアノがある。」

「ピアノを弾く人がいる。」

 

大事なことが。。。

「ピアノを一緒に聞いてくれる人」が必要。

 

そこで23日から25日

ma-noではクリスマスディナーをご用意してお待ちしております。

2016クリスマスディナー@ma-no

ぜひともご家族、お友達、彼女、彼氏さんと一緒にいらしてください。

要予約ではありませんが、できればご予約頂ければ幸いです。

 

ディナーもケーキも、カフェも、音楽も楽しみながら

クリスマスを迎えれたらと思います。

 

一緒に聞いてくださるお客さまが居て、この物語は始まるのです。

 

まだ。

始めれるかどうかは、23日に分かる。ということ。

 

ご予約お待ちしております。

 

日常も、特別も。

甘いもの 空間をつくること

2016.12.14

「ハレノヒ」

誕生日だったり、結婚記念日だったり特別な日に

ma-noでお祝いしたい。と言ってくださる方も多くいらっしゃいます。

 

それはとても嬉しいことで、

だって、特別な日は、「とっておきの場所」で過ごしたくなるもので、

そのとっておきの場所として選んでくれたということ。

 

嬉しい。

 

でもね。

欲張っちゃうと、

「ハレノヒ」だけじゃなくてね。

 

日常でも気軽に来て欲しいというのが本音。

 

一年に一度だけじゃなくて、

一ヶ月に一度。

一週間に一度。

それくらいに気軽に来てもらえる

 

それが「カフェ」のいいところじゃないかなと思うのです。

 

「レストランではない」

「ケーキ屋さんではない」

 

 

「カフェ」だからできること。

これからも、

お客さまに「気軽に会いに来てもらえる」そんなma-noであり続けたいなと思うのです。

 

_DSC8832

普通の日もハレノヒも

_DSC8198

笑顔が眩しいね。

_DSC8739

愛する人へ送るメッセージ。