おくりもの

あなたがわかる。

おくりもの

2018.02.15

ワクワク定期便最終号。 ついに本日発送しました。

一年間。偶数月に送られる定期便。送れたことにホッとしています。

_DSC4456

ワクワク定期便。

当初、応募はとても少ない。と思って始めました。

なぜなら「オンラインショップで購入する」動機をできるだけ排除したから。

・中身が分からない。

・金額も安くはない。

・店主が家に来る。

 

簡単で便利。どちらかというと消費者にとって便利なシステムの

オンラインショップ。

どこでも、買える。

 

でも、だからこそ、

不便で、不安で、ややこしい

オンラインショップにしました。

 

なぜなら、

「笑顔が見たいから」

私たちが。

 

お客さまに

「笑顔になってもらいたい」

なのであれば、

簡単で、便利で、安心なオンラインショップでいいのだけど、

せっかく笑顔になってもらえるのなら、

笑顔が見たい。

 

だから、定期便一年間のオーダーをくれた方に、

店主。

コーヒーを淹れに行ってきました。

東京、山口、岡山、東京、富山、北海道。

 

オンラインショプで、6件。

 

とても少ない数字かもしれません。

それもただ、「物を送る」のではなく、

ma-noの想いやつながりを綴った、

KIAYORIというジャーナルも用意して送る。

(恵編集長はかなり大変だったようです。)

 

経営者とは失格です。

一年間分を購入してくださった6組に実際コーヒーを淹れに行く。

それは、一回目の交通費で預かった金額を超えているから。

真っ赤かです。

 

だけど、それと引き換えに、

私たちは一年間、確実にこの6組のお客さまの顔を見ながら、作り、送れる。

約束を頂いたのです。

 

ただの活字の情報だけではなく、

「あなたがわかる。」

というのは、

なんのために生きているかがとても明確で心地良い。

 

「笑顔が見たい」

 

 

ただ、それだけ。

 

 

 

ですが、オンラインショップを続けると感じることがあるのです。

それは、活字だけでも、「あなたがわかる」ようになる。

 

メッセージを頂いたりすると、その方がどんな方か想像でき、笑顔を見ているのと同等の心地よさを

感じることができました。

 

それを一番感じるのは、

一言メッセージを添えているとき。

汚い字かもしれないですが、(実際綺麗じゃないです。笑)

一言添えているときは、まるであなたと話をしているときのような感覚になるのです。

 

一年間。

続けることで見えたこと。感じたこと。

それをまた次に活かせるように、面白いことにチャレンジしていきたいと思います。

 

ma-noの不便なオンラインショップ。これからもお付き合い頂ければ幸いです。

_DSC4465

KITAYORI。過去掲載協力企業

NOZY COFFEE

カンナンファーム

TAOCA COFFEE

婦木農場

奥丹波ブルーベリー農場

竹岡農園

マルカワみそ

取材地

北海道ポレポレの丘

静岡はらま茶園

愛媛チーズ工房醍醐

東京高島屋

・フランスなど欧州

鹿児島屋久島

・福井マルカワみそ

 

店主届け先

・山口・北海道・岡山・東京・富山・東京

 

少し上げてみると、

この企画、無謀でしたね。笑

きっと損益分岐点は100件くらいのオーダーがなければだめだったのかもしれません。

 

まぁいいのです。

終わったことより、次の面白いこと考えてしなくちゃ。

 

これからもma-noオンラインショップをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

新作できました。

おくりもの インターン企画

2017.08.14

インターン谷口光里

7月中旬から始まった、
一ヶ月間のインターンもあっという間に、8月15日が最終日。
_DSC7804
最終日を迎える前に光里氏から、
新しい商品を提案してもらい、
試行錯誤を繰り返し、ついに完成しました。
 
その名も、
 
「黒まめきな粉のグラノーラ」
 
 
黒豆のホールと、黒豆をきな粉にしたものをふんだんに使うことで、
香り高いグラノーラができました。
 
 
 
光里さんは、13代続く南丹市の農家。
14代目になる彼女の提案した商品は、
谷口農園でとれる無農薬の黒豆を使った商品でした。
 
農家を継ぐ。ということは、経営をするということ。
「黒まめきな粉のグラノーラ」
 ma-noと谷口農園が互いに取引先になったことがこの商品ひとつで確定しました。
 
これぞ、win×winの関係。
 
光里氏は、良い経営者になりそうです。
 
明日には、この一ヶ月間をまとめようと思いますが、
光里ちゃんに会えるのは、
15日まで。
 
ぜひ、新作グラノーラの説明を光里ちゃんから聞きながら、
食べてもらいたいです。
 
美味しいですよ。
 
 
ちなみに
写真の顔がちょっと疲れているのはご愛嬌。笑
 
お盆は多くのお客さまに来ていただけるので、ちょっと張り切りすぎてしまいました。
明日も8:00から営業しておりますので
ぜひモーニング、ランチ、カフェ、と様々なシーンでご利用ください!
 
 
 

空腹時閲覧注意。ケーキ。ケーキ。ケーキなのだ。

おくりもの 甘いもの

2017.05.28

ケーキ屋さんじゃないのだけど、

ma-noは唯一無二のケーキを作らせてもらってる。

最近はInstagram(cafe ma-no Instagram)でアップしてますが、

こちらでは、まとめてどどーんと紹介!

 

あなたはどんなケーキでお祝いしたい?

完全なオーダーメイドなので、

お問い合わせくださいね。

————————–

cafe ma-no

丹波市柏原町母坪402-1 

0795-71-4110

cafe-ma-no.com

kita@cafe-ma-no.com

————————

_DSC4689

イチゴ狩りの時のケーキ。みんなで作ったからより美味しい。

_DSC4871

今シーズン最後のイチゴを使ったケーキ。次は11月くらいかなー

_DSC4878

メロン一個!まるまる使ってみました。

_DSC4730

フルーツもりもりがいい。ということなので、土台と同じくらいの高さのフルーツ。

_DSC4723

チョコレート好きなキミのためのケーキさ。

_DSC3571

こーゆーチョコバージョンもね。

_DSC3726

上から撮ってみた。

_DSC3732

いちごとぶどう。それだけなのだ。

 

突撃!隣の晩ご飯。みたいな感じ。

coffeeのこと おくりもの

2017.04.13

初めての初めて。

 
創刊号だけ店主が届ける定期便。
ついに第一弾のお宅に伺わせて頂きました。
「笑顔が見たい」という思いのまま始めた企画。
 
 
 
大丈夫?と周りはざわざわしていましたが、
やっぱり「笑顔が見れる」というのはいいですね!
 
 
 
 
今回は、小さなお客さまもたくさんいたので、
一緒にコーヒーを淹れたり、一緒に飲んだりしました。
IMG_4958

到着。突撃となりの晩ご飯みたい。

IMG_4961

淹れてみたい!ということなので一緒に。

IMG_4967

小学5年生に丹波の場所を伝えてきました。

IMG_4970

そして、コーヒー豆が来たホンジュラスも一緒に。

 
 
お店じゃなかなかできないことも、
「行く」からこそできる。
 
お子さん達が、いつか大人になったとき、
「カフェ」も選択肢の一つになったら、私のせいかもしれません。笑
 
もし、そうなったら、
きっとそれが「行く意味」だったのかもしれません。
 
人生何が起こるかなんて分からないのですから。
 
押しかけて、さらにたくさん話を聞いて頂いて、
なんとも楽しい時間でした。
 
お子さんが「コーヒーゼリー食べたい」ということなので、
8月の定期便には「コーヒーゼリー」が入ることが決定しました。
 
こうやって、直接話をして、その時だけに完結しない、継続だからこそできる面白さ。
 
お子さんの好みはわかったので、
嗜好を合わしに行こうと思います。
 
ただやってわかったことも。
 
時間制限を作っておかないと話すぎちゃう。
 
次回に活かします。笑
 
 
来週は富山にGO!
次の場所ではどんな出会いが待っているか、ワクワクしちゃう。
 
 
 

残り一週間となりました。

おくりもの

2017.03.24

ma-noの4月からの挑戦。

「ワクワク定期便」

創刊号は店主が届ける。

一年コースも残り5セットとなりました。

 

半年コースや、お試しコースはまだご用意できますが、

一年コースはわずかなので、迷っている方はぜひ!!

店主が家に来られても困る。なんて方もご相談次第でいいようにさせていただきますよ!

 

最初で最後。

もう二度と出来ないであろう「店主が届ける」

この機会にぜひともご検討ください。

31日までのご応募までなので、お早めに!

_MG_9539

 

大切なハレノヒに添える引き出物。

おくりもの

2017.03.21

大切なハレノヒに添える引き出物。

 

「引き出物をma-noでお願いしたいのです。」
とても光栄なお話。
せっかくなら、
いつもあるもの。ではなく、お二人のストーリーにあったものをと思い、
 
新郎、新婦の好みを伺って、作り上げる。
 
 
好きな食べ物、だけじゃなく、
どんな出会いで、どんな所に惹かれて、
どんな生活を送っているのか。
ケーキを作るのに、「いらない」情報かもしれないけれど、
顔を見て、お二人の新婚生活を想像しながら作るケーキは、
やはりアイディアもできるケーキも変わってくる。
 
 
「スイーツナッツパウンド」
 
お二人の生活をイメージして、
そして、お二人が好きなナッツをこれでもかというぐらいいれて焼きあげました。
別にナッツを甘くしてるわけじゃないですよ。
甘い新婚生活にかけて、スイーツナッツにしてみました。
 
 
そもそも出会いは
千葉県大多喜。正確に言うと、山梨ワインツアーからなのですが。
 
2月に行った、チーズ工房千senでのイベントでもご一緒した方で、
その時に、笑顔配筆人馬場貴海賀氏もいたのです。
 
そして3月には笑顔配筆人馬場貴海賀がma-noでのイベントに来てくれたので、
コラボが完成。
 
熨斗が全て一枚一枚違う。そして、手書き。
 
もう最高なハレノヒの贈り物ができました。
 
ma-noならではの、
「贈り物」になったかなと思い、とても嬉しく思います。
 
 
 
 

_DSC0788 _DSC0642 _DSC0643 _DSC0644 _DSC0645 _DSC0646 _DSC0647 _DSC0648 _DSC0649 _DSC0650 _DSC0651 _DSC0652 _DSC0655 _DSC0657 _DSC0658 _DSC0659 _DSC0660 _DSC0661 _DSC0662 _DSC0665 _DSC0801

 
 
 
 
とても美味しく出来たので、
ワクワク定期便の第1号に入れることにしました!!
 
美味しいものをストーリーとともにお伝えする定期便。
お試し一回もあるので、興味のある方はぜひごらんください!
 
ちなみに、
年間6回コースを頼まれた方には、初めの回は、特別に
店主 北があなたの元へコーヒーを入れに行きますよ!
 
と、なんだか内容が盛りだくさんになりましたが、
 
「笑顔が見たい」を追求すると、
毎日が楽しい。という話でした。笑
 
 
 
 

みんなありがとう!って声をかけてくれた。

おくりもの 甘いもの

2017.02.11

本日は、丹波で「三十路式」が行なわれました。

二十歳の時に想像していた「大人」になれたのかな?

なんて話で盛り上がったりしたんじゃないでしょうか。

 

今回、ma-noは三十路式を盛大に祝うべく「ケーキ」のオーダーを頂いてました。

 

_DSC0268

 

大勢で召し上がるとのことなので、大きくでも、きっと男性はケーキよりお酒に行くんじゃないかな?と

思い、周りにフルーツをモリモリにしてみました。

 

喜んでもらえたかな?

足りたかな?と思いを馳せてました。

 

式が終わった後に、実行委員の方がケーキのケースを返しに来てくれたのですが、

「何が一番楽しかった?」と伺うと

 

「みんながわざわざ「ありがとう」って声をかけてくれたんです」と、

少し涙を浮かべながら伝えてくれました。

 

たぶん、

大きなイベントで、多くの人を巻き込み、みんなに喜んでもらいたいという一心で

今までずーっと緊張していたんだと思います。

 

どれだけ大変で、どれだけ辛くて、どれだけ悩んでも、

「ありがとう」という言葉で、

すべてが報われる。

 

「言葉」ってすごいですね。

 

ケーキを作らせて頂くというだけなのですが、

いろいろ感じさせて頂けてこっちまで幸せになっちゃいました。

 

ともあれ、

三十路を迎えた皆様。

これからも良き人生を謳歌してください!

 

 

 

 

 

 

誕生日に曜日は関係ないのです。

おくりもの 丹波のもの 甘いもの

2017.02.09

「子供の誕生日が9日なのですがケーキお願いできますか?」

 

と、頂いたお問い合わせ。

 

全然いけますよー!!と返事をしたものの、

あ。木曜日だったと気づく。

 

そう、ma-noは木曜日が定休日なのです。

 

ただ、このとき連絡を返したときに見たスケジュール帳は、

店主にma-noを離れての用事があるかどうかのスケジュール帳。

 

この日は、ma-noにこもって、

例のオンラインショプの構築をしようとしてたのです。

 

だから、

いけたのです。

 

じゃん。

_DSC0239

 

「いちごが良い」って小さな子が言ってくれたので、

もりもりいちごのケーキに。

 

 

定休日だから無理とか、

日数が短いから無理とか。

 

そーゆーときももちろんありますが、

できるなら作りたい。

だって、一年に一度の記念日なのだもの。

 

来年も、作ってあげれるといいな。

 

ただ、

どうしても作れない日もありますので、

ご理解くださいね。