天空の朝ご飯 夏

2017.08.07

天空の朝ご飯 夏 ma-noの天空の朝ご飯 2017 8/13   丹波の食材を使ったサンドイッチとma-noがおもてなしさせて頂くcaféをいつもと違った場所で。 ちょっと早起きをするだけで、ちょっと場所を変えるだけで […]

意思を伝えるのは、言葉だけじゃない。一杯のコーヒーの話

coffeeのこと 空間をつくること

2017.08.04

先日は、綾部にある聴覚言語障害センターに出張カフェをしにいかせて頂いたのです。

聴覚言語なので、

人によって様々ですが、耳が聞こえにくかったり、聞こえなかったり、言葉が話せなかったり。

_DSC7196

 

そんな中で、

コーヒーを淹れるだけではなく、コーヒーの面白さをお伝えする。

 

普段どれだけ「言葉」に頼りきっているのかをすごく痛感しました。

 

ただ、みなさん

言葉以外で、コミュニケーションを取ろう。という意思がある方が多く、

ボディーランゲージや、表情で、細部まで思いを汲み取ってくれるのです。

FullSizeRender 181

_DSC7202

ひきたての豆の香りを嗅いでもらったり。

 

 

ほとんどを施設の中で生活されている方々なので、

コーヒー屋さんでコーヒーをゆっくり飲む。ということも無いと伺いました。

 

ですが、多くの方が「コーヒーが好き」

コーヒーを淹れるときも、みなさん興味深々で見てくれて、

蒸らしの時の膨らみを、みんな目がふた回りほど大きくさせながら驚いてくれました。

IMG_8801

立ち見まででるという。

 

飲んだコーヒーも

「おいしい」と言葉で伝えられなくても、

「美味しい」と表情で伝えてくれる。

_DSC7222

最後の一口を愛おしく。

美味しいだけじゃなく、

それ以外にもたくさんの思いを伝えてくださってるようで、胸が熱くなりました。

 

_DSC7217

はじめは20人の予定が、あれよあれよとコーヒーの香りに乗って

 

 

あとあと、伺ったのですが、

1時間もの間、みなさんがゆっくり座ってお茶をする。ということは珍しいそうです。

_DSC7197

 

それはきっと、コーヒーの力。

 

ma-noに自力ではなかなか来れない方の元へ伺いコーヒーを淹れる。

これも、コーヒーの普及活動の一つであり、

ma-noらしい活動の一つかもしれません。

 

そんな活動をこれからもできる限りですが、できる限り行っていきたいと思います。

_DSC7238

手話で説明する渡部。

スタッフの渡部は元々こちら側のプロフェッショナル。

資格も持ち合わせており、手話もできる。

 

お問い合わせ頂ければ、施設等にも伺わせていただきますので、

お気軽にご用命ください。

 

一杯のコーヒーで安らぎと活力を提供する。

店主の前職のボスの言葉。

まさにこれだな。と感じた1日でした。

 

コーヒーを飲む。というのが大切なのではなく、

コーヒーを飲む。という時間が大切。

そこには、笑顔があるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

癒されたい 第三弾

2017.08.04

癒されたい 第三弾 店主が癒されたいという思いつき第三弾 思いつきどころか、もう定期化。健康は一日にあらず。 店主が癒されたい。ただ、一人のためじゃ世の中に申し訳ないと思い、公開イベントにしてみました。 参加ボタンだけで […]

都会に住む子供たちの「自然との触れ合い」

Farma-no企画

2017.08.03

広大な農場に広がるブルーベリーの木々たち。

 

たわわに実る果実。

「取り放題」というのはまさにこの状況のためにある言葉かと思うぐらい

ブルーベリー、ブルーベリー、ブルーベリー。

 

ところどころで聞こえる笑い声。

いつしか聞こえなくなるのは、

食べるのに集中しはじめたから。

 

しっかり、味見をしたところで、

より甘く、より大きいブルーベリーだけを集めて、

ケーキ作り。

子供たちが第一線で飾ってくれました。

 

出来上がったケーキとコーヒーを一緒に。

 

ブルーベリーだけで食べるのも美味しいけれど、

ブルーベリーケーキにして食べるのも美味しい。

 

都会じゃできない事も、

地域ではできる事がある。

その逆も然り。

 

だから、「何を得たいか?」を明確にしてしまえば、

どこに住んでいてもいいと思うのです。

その都度動けばいい。

今回も多くの方が、郊外から来てくれました。

「カブトムシが欲しいのですが。」

なんてお問い合わせもいただいたので、

カブトムシもプレゼント。

 

地域では、当たり前にいるカブトムシも、

都会で住んでいたら会えない。

 

この機会が、都会に住む子供たちの「自然との触れ合い」の機会になったこと

嬉しく思います。

来年は、カブトムシプロジェクトを企画するかもしれませんので、

お楽しみに!!

 

ご協力頂きました、奥丹波ブルーベリー農場のみなさま。

ありがとうございました。

 

 

_DSC6881

古谷さんのお話。毎年ざっくりになる。笑 けど、みんな早く食べたいという圧があるからすごくちょうどいい。笑

_DSC6893

作り手の古谷さん

_DSC6904

振り向き様のドヤ顔!!

_DSC6905

何を教えてもらってるのかな。

_DSC6908

高みを目指す嫁。堅実をゆく夫。

_DSC6936

KUMAMON。

_DSC6974

いい笑顔だー!!

_DSC6968

たくさん取れました。

_DSC6993

水分補給はしっかりと。

_DSC6997

踊るブルーベリー。

_DSC7005

ちっちゃい子も参戦だ。

_DSC7017

深青と新緑

_DSC7021

飾るよー!!!

_DSC7022

まだまだー

_DSC7026

まだまだまだー

_DSC7030

まだまだまだまだー

_DSC7033

じゃーん!!

_DSC7044

ほっぺたについてるぞ♡

_DSC7051

どうした!?美味しかったというサインでいいのか?

_DSC7053

ばーちゃんと一緒。こうゆうのが、思い出の一枚になる。