ma-no’s Valentine@甘いもの、おくりもの

おくりもの 甘いもの

2015.02.07

今年もma-noのバレンタインがやってきましたよ〜!!!!

サックサクのパイに
ザックザクのキャラメルナッツと
甘すぎないのチョコレートクリームをサンドした、
「キャラメルナッツのショコラパイ」

10978595_885889714795776_4600276262667411108_n

伸ばして、織って、伸ばして、織ってを繰り返し作った、
パイ生地にチョコレートをふんだんに掛けた
「チョコパルミエ」
手作りだから生み出せる、サクサクの食感を楽しんでもらいたいです。

10407516_885866298131451_7844326820932679366_n

そして、去年も大好評だった、
少し温めると、とろ〜りチョコレートが溶け出る
「フォンダンショコラ」

10959618_885865498131531_8014043311372468466_n

フォンダンショコラは8日から14日まで、
特別デザートとしてma-noでも召し上がっていただけます。
冷たいアイスクリームに熱々のフォンダンショコラ、
そこに温かいベリーのソースを掛ければ・・・

あとは、ご想像にお任せします。

そして、女性の皆様にここだけの話・・・。
今年もma-noはホワイトデーにスペシャルなケーキを用意させていただく予定にしております。

つまり・・・

ma-noのバレンタインでぜひ鯛を釣ってくだい。笑

計算上手なお客さまのお越しをスタッフ一同お待ちしております。笑

ma-noのバレンタインを「贈り」
ma-noのホワイトデーを「贈ってもらう」

なかなか良いアイディアです!笑

あとね。
世界のバレンタインデーは
恋人同士や、夫婦、家族などが、贈り合い「感謝」の意味合いがあるんだそうです。

そう。
贈り合うもの。
男性から女性に贈るのものでもあるのです。

ぜひ、この機会に、男性から女性に贈るのもいかがでしょうか?

世界ではなく、日本に住んでいるので、
流れに乗るというのも悪くないかもしれません!!

ma-noが語る休日@そとあそび

そとあそび

2015.02.06

ma-noの休日

先週の木曜日。
ma-noの定休日に、3人合わせて
丹波市にある「柏原高校」に伺わせてもらいました。

「脳内シャッフル」というロングホームルームの授業の一環で、
そのゲストスピーカーとして参加してきました。

丹波にゆかりのある、個性的なメンバーとともに行かせていただいたのです。

10978603_885389938179087_4167165878513812249_n

その授業の内容は、
ゲストスピーカー一人一人に任されていて、
15分間の時間で、
好きなことをしても良い。というものでした。

十人十色。
年齢も、性別も、育ちも、一つとして全く同じ人生なんてなくて、
その一人一人の人生を語っていたりする。

本日。
高校生の感想をまとめてくださったものを
送ってもらいました。

抜粋して、
・夢を言葉にする「なんで?」で 本質が見えてくる

・「あぁ、楽しかったぁ」と思って死にたいという言葉に、私もそんな風 に生きたいと感じることができました

・自己選択で選んだことは、自分のためになる

・世界の主人公は自分

・「好き」って思ったことは、誰に何と言われても、守る!!

・嫌いなことは誰かに任せればいい。好きなことを追うことが大切!!

・自分が決めた道を突き進む

・“自分”を軸にして選択する

・よそから丹波という町に来てくれ ている人もいて、ありがたいと思う

・未来が楽しみになりました。夢を叶えるために毎日を頑張り抜きます

・自分がこれからの人生を通るのにいい経験になったと思います。まだ正確には夢は決まってませんが、自分が「楽しい」と思えることをしていこうと思います

・「脱線する勇気」も必要だなと 思った。芯をしっかりと持って、ぶれても戻ってこれる人になりたい

・自分が大人になったとき、たくさん迷うことがあるだろうけど、迷い続け るのが普通だと分かった。選択が「面白いかどうか」が大事だと分かった

・丹波のすばらしさを感じた

・話を聞き、最終的に自分の将来を決めるのは他人じゃなくて自分自身なのだから、自分の気持ちに素直になろうと思いまし た

この企画を考えてくださった吉田先生は
280名以上もの生徒の感想を全て、まとめてくれて送ってくださいました。
その時間。労力。を想像しただけでも、
吉田先生の「熱さ」が伝わって来ますし、

なにより。高校生が「羨ましいな」と思うわけです。

高校生のみんなもその時は
素直に「感情」を出している人は少なくて、
ゲストスピーカーのみんなも、
「届いているかな?伝わってくれたかな?」
なんて、終わったあとのミーティングで話していました。

けど、

しっかり届いていたし、伝わっていた。

あのたった15分が
彼ら、彼女たちの人生を大きく変える出来事になったかもしれません。

そのような場に、ma-noのスタッフが3人一緒に行けたことが
嬉しく思います。

高校生ばかりずるいですよ!
私たちも聞きたいくらい。

いつか、
ma-noでも、
大人のための大人の脳内シャッフル企画するんだから!!

最後の感想。

・この 機会を与えてくれた先生に本当に感謝しています。できればこれからもこの企画を続けてほしいです。これからもいつも通り楽しんで、いろんなことにチャレンジしていきたいです

目の前に起こったことではなくて、
その先にある「先生」にも目線を配れる。
素晴らしい「大人」がそこには居ました。

企画を立ててくださった吉田先生。
サポートしてくださった先生方。
声をかけてくださった田代さん。
そして、一緒に行ってくれたメンバーのみなさん。

本当にありがとうございました!!

今後はこのような機会に積極的に参加させていただきたいと、
心から思います。

食育カフェ「ma-noグラノーラで朝食を」②

2015.02.04

「食育カフェ」 朝ごはん、食べていますか? 次回の食育カフェは 「早寝早起き朝ごはん」がテーマ。 前回行ったときに感じた、朝ごはんの「楽しさ」 どれにしようかなーって、 自分で選び、作るグラノーラ。 柿も美味しい、 けど […]

「Uri and Haruka’s English Café 8」

2015.02.04

「Uri and Haruka’s English Café 8」 ma-noの英語カフェ。 日本語しか話せなくても、 「人」が好きなら大丈夫。 だって、言語は、 誰かとコミュニケーションをとるための手段でしかない! 「 […]

コーヒー抽出セミナー

2015.02.04

今回のセミナーは フレンチプレス、ドリップ(ハリオV60)などを用いながら、 ちょっとしたコツを知るだけでビックリするほど美味しくなるコーヒーを 体験して頂きます。 基本の「き」 知れば、すぐにできる美味しいコーヒーの淹 […]

ケーキを焼く@甘いもの

甘いもの

2015.02.03

美味しくなーれ。

ケーキを作るとき。
釜に入れるちょっと前。

この瞬間が好き。

10953976_883760415008706_6237584913186593020_n

だって、
焼き上がりの姿がわからないからね。

素直に上がってくれる子なのか?
それとも元気にはしゃいで、しゅんとしぼんじゃう子なのか?
芸術は爆発だ!といわんばかりに表現に走る子なのか?

それは、
40分後にしかわからない。

ケーキ作りは
純粋に科学。で成り立っている。

卵の起泡性、乳化性、熱凝固性。
小麦粉のグルテンの弾力性、糊化
砂糖の吸湿性、保水性、メイラード反応
バターのクリーミング性、ショートニング性、可塑性。

などなどを組み合わせるだけ。

でもね。
そんな深いこと考えるのもいいけど、
結局「感覚」。

自分自身がこれまで携わって焼いてきた、
彼ら、彼女たちの表情や、個性を思い出しながら、

この子たちを届けたい人の表情を想像する。

いつも一緒じゃないし、
いつも一緒じゃなきゃいけない理由もma-noにはない。

その時、その時に
焼きあがる彼ら、彼女たちが、
今日の最高であって、
今日来てくれるお客さまの「笑顔の素」になればいい。

そう。いつだってシンプル。

あ。
そろそろ
焼き上がりの時間だ。

ちょこっと覗きに行ってきます!

一緒にワクワクしませんか?

2015.02.03

news:一緒にワクワクしませんか? オーナーの北です。いつも気にかけて頂きありがとうございます。 現在cafe ma-noでは、 新しい仲間を探しています。 そもそも「働く」とはなんだ? 「働く」ことを、どれだけ面白く […]

グラノーラナッツタルト@甘いもの

甘いもの

2015.02.02

いただきます!

1622042_883330308385050_8517729896271549964_n

本日は、
自家製グラノーラとナッツをふんだんに使ったタルト。

柿のグラノーラを入れて焼いてみました。

料理やケーキ作りはその時、その瞬間に湧き出た
イメージを形にできるのがとても楽しい。

それが
誰かが笑ってくれる「素」になるのだから、
なおさら楽しいし、嬉しい。

今日も美味しく焼けました!

ぜひ、遊びにいらしてください!