3週間の屋久島移住生活。vol5 「毎日誰かのハッピーバースデー」

2018.05.03

キヨコンネガイの女将 馬場貴海賀は4月に誕生日を迎える。

ということで、
屋久島にあるベジ料理が超絶美味しいHiyoriyaさんのキッチンを急遽お借りして、
ケーキ作りをしました。
 
_DSC7931

ハンドミキサーとオーブンがあればなんとかなる!

_DSC7929

hiyoriyaさんの可愛い看板。休みの日にお借りしました。

 

_DSC7938
まさか屋久島でもケーキを作ると思っておらず、
道具などは、あるもので代用し、材料も、屋久島のスーパーをはしごして買い揃え、
作りました。
 
地域のフルーツなども使えるし、
なんだか、これは新たなる肩書きが生まれそう。
 
「旅するパティシエ」安直ですみません。笑
 

 

_DSC7949

完成!屋久島でもフルーツもりもりだ

IMG_2469

みんなで囲ってお祝い。楽しいやつ。

_DSC7959

みんなでお祝いできて嬉しい!!
 
なんてことをInstagramやSNSで発信していたら、
まさかの屋久島に以前住んでいた、丹波の方から、
その際にお世話になった屋久島の方へケーキを作ってほしいというオーダーが。
 
(前置きがややこしい。笑)
 
それも当日に。
 
またもや、hiyoriyaさんをお借りして、作らせてもらって、さー届けるぞ。
と思って住所を調べたら、まさかのhiyoriyaさんのお店の裏の方でした。
というオチ。
 
屋久島。丹波市とほぼ同じくらいの大きさがあるので、まぁまぁデカイ。
外周で100kmあるので。
 
にもかかわらず、歩いて5分。って。
 
そんな面白いこともあるものなんですね。
_DSC8171

その昔猿の研究でお世話になった方らしい。

 
 
 
とお渡ししていたら、
またもや、別の日に誕生日の人発見。
_DSC8213

どん!

 
作る作る。
 
こうなれば、釜にもなれてくる。
 
みんなでお祝い。楽しいね。
 
と束の間。
 
さらに、別の日にケーキのオーダーを頂き、作る作る。
_DSC8656

どどん!

 
 
本当に、
「毎日誰かのハッピーバースデー」だなと。
 
今回は、誕生日会に一緒に参加させて頂く機会が多かったので、
改めて、「ケーキには笑顔が集まるんだな」と感じて
嬉しくなっちゃいました。
 
 
ma-noの存在を知る人も少ない中で、
こんなにもケーキを作らせていただけることは、とても光栄でした。
 
 
次回は、「スモールステップを越えていく」です。
 
屋久島のアクティビティは、一歩間違えれば簡単に死ねる。
それが、自然とともに遊ぶということ。
 
その怖さとどう付き合っていくのか。。。
 
乞うご期待。