東京を連れ回す。ma-noインターン

インターン企画

2018.06.22

体験する。

 
ma-noにインターンに来ている瑞季さんは、イラストレーターとして活躍している人。
地元横浜から関西に拠点を移す前に、丹波のma-noに来ています。
 
そんな彼女を連れて、2日間東京に来ていました。
それは、「本物」に出会うため。
 
ma-noのルーツのお店や、サービスの手本のお店。
店主の前職。これからの企画の打ち合わせ。美味しいカフェ。
美しい所作。東京の中の大自然。

 

_DSC1297

現代のアートに触れてほしくて連れてきたカフェ。

_DSC1312

所作もお店もカッコイイ。

IMG_1780 2

店主の前職。かなり背筋の伸びる場所で勤めていたのです。こうみえても。

IMG_1779

はしゃげない場所で、はしゃぐ。

友人がいるパン屋さんへ。

友人がいるパン屋さんへ。

 

_DSC1277

場所は六本木。ほんとおしゃれなお店。

 

IMG_1821

ma-noの3つのモデルの一つ。ここを彼女には一番見せたかったのです。

_DSC1422

東京の大自然。

_DSC1367

牛舎にはしゃぐ彼女。

_DSC1332

牛、ウシ、うし、う…いや、羊もいる。

_DSC1317

きっと彼女が知らないであろう。
本物を体験してもらうために。
 
さすがの弾丸ツアーになりましたが、
多くの人、場所、物事に触れることにより、
 
なぜ、ma-noがma-noたるやを感じてもらえたと思います。
 
明日には、丹波に戻りますが、
これから残りのインターン期間を使って、彼女なりのma-noを表現してもらおうと思っています。
 
 
ma-noではできないことを、彼女ならできることがある。
これからどう変化するか。
 
楽しみにしていてください。