唯一無二のオンラインショップ

2018.02.06

ぽちっ。と押すだけで、

自分が好きなものが届く時代。

とても便利で、店主もその便利さには恩恵を受けています。

 

ただ、オンラインショップ。ma-noとしては、

「物」を届けるだけは本意ではないのです。

なぜなら、笑顔が見たい。という私たちの欲求が満たされないから。

 

昨年の2月から始めたオンラインショップ。

どうしたら、お客さまの便利さと、私たちの笑顔が見たいという欲求が叶えれるかを考えた結果。

 

ma-noの「食のつながり」「人のつながり」をストーリーにした冊子とともに、

お届けするワクワク定期便をはじめました。

 

でも、ただ、定期便をはじめただけだっら、

笑顔が見れない。←これ大事。

 

 

ということで、

創刊号は「店主が届ける定期便

パソコン上でぽちっとしてくれたお客さまの元に

店主自ら、持って行かせていただきました。

 

中身もわからない。誰かもわからない。それにもかかわらず、オーダーをしてくれる人は、

きっと「ちょっと変わった面白い人」だろうと思ってやらせてもらいました。

 

まさか北海道に行くとは思いませんでしたが、

丹波から遠く離れた北海道の方もオーダーしてくれて、直接届けにいきました。

電車にのったり。

電車にのったり。

FullSizeRender 159

ありがとうLCC

 

楽しすぎた。

なにより、

お客さまの顔を見れたのがとても嬉しかったのです。

F1E2F1E4-98A7-4D56-A6A3-9932CFA98007

東京でも。

たった一杯のコーヒー。

たった一杯のコーヒー。

_DSC3286

木工作家でも。器かして頂いたり。

IMG_5312

陶芸室でも。器が可愛くて、たまらなかったり。

IMG_4961 2

お子さんと一緒に淹れてみたり。

FullSizeRender 161

とても著名な蔵本さんでも。到底手が出ないよ。笑

定期便。

 

だからこそ、その次もその次も、お客さまの顔を思い浮かべなら作れるというのは、

楽しいのです。

 

確かに、

「交通費。大丈夫なの?」なんて声もいただきましたが、

それはそれ。

けど、多少の交通費があったとしても、お客さまの顔を思い浮かべながら作れる方が、

何倍も楽しい。

 

お金儲けをするのが目的であれば、ダメなのかもしれませんが、

お金儲けをしたければ、カフェではない仕事をしてますね。笑

 

 

そんな定期便も一年続け。

今回が最終号。

繋がるジャーナル「KITAYORI」も6冊目。

揃えてみると、なかなか面白い冊子集になっていて、感慨深いです。笑

 

2/10日まで募集しておりますので、

もし興味がある方はポチッとしてみてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://teikibin.thebase.in/items/9257993

 

今回は、ヤマトさんが届けてくれますが、

想いは箱の中に詰めておきますので、KITAYORIとともにお楽しみください!!

 

 

いつか、また店主が届ける定期便。やりたい。

ほんと面白いのです。