カフェのモデル。

coffeeのこと そとあそび 空間をつくること

2017.02.08

ma-noが作り上げるまでに、

日本に大きく3つ。モデルになったお店があるのです。

 

一つのカフェは、

内装イメージを。

一つのカフェは、

遊び心を。

 

そして、

一つのカフェは、

在り方を。

 

今回行って来た千葉館山にあるcafeに、

5年ぶりにお邪魔してきましたのです。

 

「カフェの在り方」

_DSC0169

全てが温かくて、
この空間で呼吸をしているだけで、
心も身体も癒される。

私にとって究極の空間。

_DSC0182

置いてあるものも。

 

_DSC0185

 

丁寧に作られたご飯も。
_DSC0176

 

白鳥も。

 

_DSC0174

光も緑も。_DSC0170

 

 何もかも。_DSC0201

特に主張するわけでもなく、

特に無理をするわけでなく、

 

自然に寄り添い、そこに佇む。

そこに在るだけで、誰かの心の支えになるような。

 

理想の形の一つ。

 

久しぶりにその空間に浸ることで、

なんかぐっときたのです。

 

感じるからこそ、感じてもらえるように。

 

理想と現実のギャップはあるけれど、

理想も大事で、

現実も大事。

 

それがma-noらしさなのかなと。

 

外に出るからこそ、知れる

ma-noのこと。

 

今は、コーヒーが淹れたくて仕方なくて、この思いを誰かと共有したくてたまらない。

近いうちに遊びにいらしてください。