ma-no仕事百貨@デザイナー×地域×そば職人×手相鑑定士

2017.01.27

ma-no仕事百貨にいろ代表吉竹惠里

ついに今週の日曜日29日が開催日となりました。

 

いくつの顔を持つのか分からなくなってきた「吉竹惠理

デザイナー×地域×そば職人×手相鑑定士

なんとプロの手相鑑定士にもなったそうで、

たった一ヶ月で100人もの手相を鑑定したとのこと。

 

なぜ、次のスキルに手相を選んだのかも伺いながら、

参加者の方をちょっと見てもらっちゃおうかなとも思っています。

 

————-詳細———–

ma-no仕事百貨Vol.4 にいろ代表「吉竹惠里」

ma-noの店主が、様々な仕事をされている方々を招いて、 トークセッションする。「ma-no仕事百貨」

きっと、あなたの知らない「仕事」の形がある。

きっと、世の中には、人の数だけ「仕事」がある。

仕事。役割。

赤ちゃんだって、子供だって、学生だって、おとなだって

みんな「役割」があるし、それは立派な「仕事」

進行を店主がしますが、 

興味のあることや、気になることを 

その都度どんどん聞けてしまう時間。

「仕事」というのは「職業」という形に当てはめることなく、 何をしているのか?なんでしているのか?

なんてことを深く伺いながら行いたいと思います。

新年お一人目のゲストは

にいろ代表「吉竹惠里」

丹波生まれ、丹波育ち。

生粋の丹波人である彼女の仕事。

「イラストレーター」×「地域」×「そば職人」

もはや、

この組み合わせは世界広しといえど、唯一無二なのではないでしょうか?

なぜ彼女がデザインというものを「仕」にしているのか

なぜ彼女が地域を重んじて「仕」にしているのか、

なぜ彼女はそばを打つことを「仕」にしているのか。

最近は、手相鑑定師の資格や、カラーセラピストの資格も取得し、毎年チャレンジを続ける吉竹惠里。

吉竹惠里の生い立ちや、体験を紐解く二時間。

一見華やかに見える「デザイン」という仕事。

それらの過去と今と未来も語っていただこうと思います。

興味のある方は、ぜひいらしてください。

日にち 1月29日
時間 19:00-21:00
参加費 ¥3000 
内容  生業を本人から伺えるチャンス。気になるあんなこと。こんなこと。どんどん聞けます。もちろん、ma-noの美味しいご飯とともに。

 

 

 

ma-no仕事百貨吉竹惠理