東京からインターン生がやってきた。@谷口光里

インターン企画

2017.07.18

ma-noインターン企画。

本日より約一ヶ月。

東京からインターンに来てくれています。

一ヶ月という

まさに私たちも前代未聞の長さ。

光里さんの体力が心配です。

_DSC6181

では、本人より自己紹介をどうぞ。

————————————

はじめまして。

本日から一カ月インターンをさせていただく、谷口光里(たにぐちひかり)と申します。

 

京都府南丹市出身ですが、高校は山形県、大学は西宮市、そして現在は家業の農業を継ぐために東京で農業経営を大学校で学んでいます。

 

cafe ma-noは、ただのカフェではなく、人々が集いつながるコミュニティの場になっていること。お料理やお菓子、コーヒーだけが商品ではなく、ストーリーも込められていること。笑顔をみたいという思いから、全力で何事にも挑戦し続けられている北さんの姿に惹かれて、インターンを希望しました。

 

1ヶ月という限られた期間ではありますが、多様な人や考えと出会い、ワクワクする体験をたくさんしたいと思っています。よろしくお願い致します!

————————————

「庭の草刈りってできる?」

「それはできます。」

 

なんとも頼もしい言葉が返って来て、店主の心はざわつきました。

ギャップ萌えというやつですね。

はい。

 

コーヒーのカスで、堆肥を作ってもらったりもしようと思っているので、

光里さんの知識、経験もma-noの大切なピースになることは間違いないです。

 

ぜひ、そんな光里さんに会いにいらしてください。