「物」の裏には必ず人がいて、必ず想いがある。

2017.07.25

「チーズ工房醍醐」

実は、9月に新宿高島屋さんでブースにてご一緒させて頂くことになったのですが、
正直、醍醐さんが作る「チーズ」という物だけを食べて、コラボを考えるより、
実際にどんな方が、どんな背景で、どのような場所、どのような方々と作られているのかを知りたくなって、

来てしまいました。

ちょっと愛媛まで。

_DSC6586

赤い屋根がチーズ工房とお乳を絞る場所。

 

東京生まれ、東京育ちの國分さんは、
愛媛の内子に来られたのは7年前。
國分さんが以前食べたイタリアのチーズの風土に近く、
なおかつ「放牧」で牛を育てているから、ここの場所で、
チーズを作り始めたそうで。

_DSC6515

國分さん

_DSC6536

身振り手振りが大きくなってしまいました。笑

私も様々なご縁があり様々な「職人」の方と出会ってきましたが、
國分さんは、ちょっと異質。

視野が広いというか、
いい意味でビジネスマン。

店主の好きな食の職人のたどり着く先は、
「美味しいものを食べてもらいたい」
というところに行き着く。

 

それが、言葉として
「本物を食べて欲しい」
「食べて笑顔になって欲しい」
「元気になってほしい」
とか少しニュアンスは変わるけれど、
「美味しいものを食べてもらいたい」はみな同じ。

だけど、
それを「どのように」がみんな違うのだ。

自分が作ることが大切だと考える人もいれば、
目の前の人に食べてもらうことを大切だと考える人もいれば、
多くの方に食べてもらうことが大切だと考える人もいる。

國分さんは本物を作りつつ、
「buyout」を目指す。
なぜなら多くの方に、國分さんのイタリアで食べたチーズの感動を伝えたいから。

そのためには、資金のある企業にバイアウトされることで、
経営の安定を図れるから。

だからこそ、自分自身を「生産者」と位置付ける。
だからこそ、アーティストにはならない。
だからこそ、大量に作れることを視野に入れる。

結果、
「本物のチーズを多くの方に食べてもらえる」

という道筋。

かっこいいです。

ものすごく。

そんな方のチーズを使わせてもらうことは光栄ですし、意識がかなり変わる。

_DSC6745

熟成庫は地下。この地下室も自家製。おかしいよ。ほんと。

_DSC6767

8度ぐらいに管理された熟成庫。地下って涼しいのね。

_DSC6773

熟成庫に整列するチーズたち。

_DSC6780

お先に失礼。

 

ただ、そんな國分さんの存在すら霞む人が近くにいた。

 

山田さんだ。

_DSC6691

山田さん

放牧を管理しているスーパーな人。

かつて山であった場所を開墾し、
放牧場にしている。
今は7つほどあるそうだが、あの山も、あっち側の山もやんなきゃいけないんだよねー
と語る。

 

_DSC6717

指刺すのは、「あの山」

IMG_8257

あの山の頂上。

FullSizeRender 175

鎮座する山田さんのおもちゃ。ユンボ。

最近趣味があるらしく、ぶどうを使った◯◯を作りたくて、山葡萄も育ててるんだそうな。

47年前くらいから酪農を始めたということは、伺っていたのだけど、
ん?
山田さん何歳??と疑問が。。

72歳だそう。

72歳というお年を一切感じることなく、5年、10年先の
自分のやりたいことを、目をキラキラさせながら話す山田さん。

_DSC6718

「かっこよすぎる。」

山田さんからしたら、ユンボがおもちゃなわけですよ。
これで、木をなぎ倒して、牧草地を増やすんですって。

やんなきゃなー。という言葉を何度聞いたことか。_DSC6642

そんなスーパーな山田さんが居たからこそ、
國分さんも自分の想いを形にできているんじゃないかなと。

地域が面白くなる。というのは、
やはりどれだけ「地元」に住まう方の協力があるかどうか。

アーティスト気取りの移住者はいらない。という國分さんの言葉が妙にしっくりくる。

「経済を回さないといけないのだ」

たった3時間の滞在でしたが、
かなり濃ゆい出会いを頂きました。

なんでそこまでしていくの?
なんてことも聞かれますが(最近はほぼないですが。笑)

「面白いから」

それだけ。

たった一回。
たった6日間新宿高島屋さんで、一緒になるだけなのだけど、

だからこそ、行くのだ。
だからこそ、動くのだ。

この機会がなければ、絶対に会えなかったから。
國分さんにも、山田さんにもね。

人一人の人生を聞かせてもらえるのだから、
動いた方がいいと思うのです。

 

_DSC6519

最高の笑顔。

_DSC6701

牛さんがこっちむいてくれました。

IMG_8230

人懐っこい子。

_DSC6583

インターン生光里氏はなにを思っただろうか?

_DSC6564 _DSC6663