coffeeのこと

意思を伝えるのは、言葉だけじゃない。一杯のコーヒーの話

coffeeのこと 空間をつくること

2017.08.04

先日は、綾部にある聴覚言語障害センターに出張カフェをしにいかせて頂いたのです。

聴覚言語なので、

人によって様々ですが、耳が聞こえにくかったり、聞こえなかったり、言葉が話せなかったり。

_DSC7196

 

そんな中で、

コーヒーを淹れるだけではなく、コーヒーの面白さをお伝えする。

 

普段どれだけ「言葉」に頼りきっているのかをすごく痛感しました。

 

ただ、みなさん

言葉以外で、コミュニケーションを取ろう。という意思がある方が多く、

ボディーランゲージや、表情で、細部まで思いを汲み取ってくれるのです。

FullSizeRender 181

_DSC7202

ひきたての豆の香りを嗅いでもらったり。

 

 

ほとんどを施設の中で生活されている方々なので、

コーヒー屋さんでコーヒーをゆっくり飲む。ということも無いと伺いました。

 

ですが、多くの方が「コーヒーが好き」

コーヒーを淹れるときも、みなさん興味深々で見てくれて、

蒸らしの時の膨らみを、みんな目がふた回りほど大きくさせながら驚いてくれました。

IMG_8801

立ち見まででるという。

 

飲んだコーヒーも

「おいしい」と言葉で伝えられなくても、

「美味しい」と表情で伝えてくれる。

_DSC7222

最後の一口を愛おしく。

美味しいだけじゃなく、

それ以外にもたくさんの思いを伝えてくださってるようで、胸が熱くなりました。

 

_DSC7217

はじめは20人の予定が、あれよあれよとコーヒーの香りに乗って

 

 

あとあと、伺ったのですが、

1時間もの間、みなさんがゆっくり座ってお茶をする。ということは珍しいそうです。

_DSC7197

 

それはきっと、コーヒーの力。

 

ma-noに自力ではなかなか来れない方の元へ伺いコーヒーを淹れる。

これも、コーヒーの普及活動の一つであり、

ma-noらしい活動の一つかもしれません。

 

そんな活動をこれからもできる限りですが、できる限り行っていきたいと思います。

_DSC7238

手話で説明する渡部。

スタッフの渡部は元々こちら側のプロフェッショナル。

資格も持ち合わせており、手話もできる。

 

お問い合わせ頂ければ、施設等にも伺わせていただきますので、

お気軽にご用命ください。

 

一杯のコーヒーで安らぎと活力を提供する。

店主の前職のボスの言葉。

まさにこれだな。と感じた1日でした。

 

コーヒーを飲む。というのが大切なのではなく、

コーヒーを飲む。という時間が大切。

そこには、笑顔があるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに土作り始まる。

coffeeのこと インターン企画

2017.07.21

インターン生の光里さんは、
京都で13代続く農家。
14代目になろうと日々学ばれてる。

ということで、長所を活かし
コーヒーかすで堆肥を作ってもらうことに。

山で、上質な微生物を含んだ土を確保し、

IMG_7995

森林浴も兼ねて。山へ芝刈りではなく、菌集め。

コイン精米所で、米ぬかを確保する。

IMG_8008

地区に一つはあるクリーン精米所

IMG_8007

米ぬかゲットー!!

(地域って何でも揃う)

 

それらをコーヒーかすとまぜあわす。

IMG_8018

左からコーヒーかす。米ぬか、堆肥。って、説明はいらないですね。

IMG_8021

まぜまぜ。

あとは1ヶ月間、毎日混ぜる。

インターン最終日にどんな土が出来上がるか楽しみ。

マーノガーデンがさらにパワーアップ間違いなし。

ma-noは緑化計画を始めているので、

どんどん緑も花も、増やしていきたいですね。

 

 

ワクワク定期便6月号受付中!!

coffeeのこと 丹波のもの

2017.05.25

ma-noには定期便なるものがあるのです。

ワクワク定期便

ma-noの食のつながりを

ストーリー「KITAYORI」という情報誌とともにお届ける定期便。

 

4月から始まった定期便では

ma-noの根幹でもあるコーヒー「NOZY COFFEE」と

養鶏場「カンナンファーム」を特集しました。

 

今回の6月号では、

ma-noのランチを支えてくれている「婦木農場」と、

コーヒージュレを特集。

KITAYORIと

婦木農場のお野菜とコーヒージュレなどが同封されてお届けします。

 

6月10日まで受け付けております。

ぜひ興味のある方はご応募ください。

 

6月17.18日お届け予定にしております。

なぜ、コーヒージュレが同封されるのか?

そこにも壮大なストーリーがあるので、ジャーナル「KITAYORI」を楽しみにしていてください。

 

 

 

全国で6組。この数字をどう感じるか。

coffeeのこと そとあそび 丹波のもの

2017.05.13

ブログ書くことが好きなのですが、

書く以上に、次から次へと押し寄せてくる「書くネタ」

ネタが多すぎて、書くのが追いつかないというなんとも滑稽な感じです。

 

さて、5月となりあっという間に13日も過ぎました。

店主は先日、オンラインショップ店主が届ける定期便という企画で

一杯のコーヒーを淹れるために北海道に行ってきました。

FullSizeRender 159

関空から新千歳まで飛行機でたった1:50

_MG_9539

 

電車にのったり。

電車にのったり。

_DSC3765

到着!

_DSC3755

今回はお店と同じ「コーヒープレス」で。

たった一杯のコーヒー。

北海道でma-noのコーヒーを。

 

創刊号は、店主が届ける定期便。

 

オンラインショプの定期便。年間購読を頼んでくださった方は全国で6組。

 

全国で6組。たった6組と感じる方も、よくこんな中身もわからないものを6組もと感じる方もいろいろあると思います。

店主は、6組もなのです。

東京、富山、東京、山口、岡山、北海道。

IMG_4961 2

お子さんと一緒に。

_DSC3286

木工家さんの器で。

F1E2F1E4-98A7-4D56-A6A3-9932CFA98007

東京のコワーキングスペースで。

FullSizeRender 160

一緒に旅をした友

FullSizeRender 161

好きな器を選んでいいという嬉しい環境。

IMG_5312

ちょっと真剣な顔。笑

IMG_5410

コーヒーを淹れる機会をいただいたのですが、多くの方から、

「今までで飲んだコーヒーの中で一番美味しい」と言ってくれました。

 

人生ナンバーワンのコーヒーを淹れる機会をいただけたのです。

バリスタ冥利に尽きます。

 

そして、これでまた面白いのが、

届ける方の顔を知る。ということ。

6月、8月、10月、12月、2月と。あと5回ある定期便を

顔を思い浮かべながら作れるということ。

 

次回は何にしようか今からワクワクしてます。

 

創刊号は、KITAYORIというma-noジャーナルでコーヒーと卵をお届けする回。

 

さて6月号ななににしようかな。と今から構想を練っております。

中身は、その時になるまでわからない。

そんな定期便を新しく初めていますので、

どんなものか興味のある方は、ma-noのオンラインショップを

ぜひチェックしてみてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://teikibin.thebase.in

 

 

 

 

 

 

 

突撃!隣の晩ご飯。みたいな感じ。

coffeeのこと おくりもの

2017.04.13

初めての初めて。

 
創刊号だけ店主が届ける定期便。
ついに第一弾のお宅に伺わせて頂きました。
「笑顔が見たい」という思いのまま始めた企画。
 
 
 
大丈夫?と周りはざわざわしていましたが、
やっぱり「笑顔が見れる」というのはいいですね!
 
 
 
 
今回は、小さなお客さまもたくさんいたので、
一緒にコーヒーを淹れたり、一緒に飲んだりしました。
IMG_4958

到着。突撃となりの晩ご飯みたい。

IMG_4961

淹れてみたい!ということなので一緒に。

IMG_4967

小学5年生に丹波の場所を伝えてきました。

IMG_4970

そして、コーヒー豆が来たホンジュラスも一緒に。

 
 
お店じゃなかなかできないことも、
「行く」からこそできる。
 
お子さん達が、いつか大人になったとき、
「カフェ」も選択肢の一つになったら、私のせいかもしれません。笑
 
もし、そうなったら、
きっとそれが「行く意味」だったのかもしれません。
 
人生何が起こるかなんて分からないのですから。
 
押しかけて、さらにたくさん話を聞いて頂いて、
なんとも楽しい時間でした。
 
お子さんが「コーヒーゼリー食べたい」ということなので、
8月の定期便には「コーヒーゼリー」が入ることが決定しました。
 
こうやって、直接話をして、その時だけに完結しない、継続だからこそできる面白さ。
 
お子さんの好みはわかったので、
嗜好を合わしに行こうと思います。
 
ただやってわかったことも。
 
時間制限を作っておかないと話すぎちゃう。
 
次回に活かします。笑
 
 
来週は富山にGO!
次の場所ではどんな出会いが待っているか、ワクワクしちゃう。
 
 
 

一杯のコーヒーを淹れに。

coffeeのこと

2017.04.11

創刊号の店主がコーヒーを淹れに行く。

 

ついに明日からスタート!

第一号は東京!!

 

今、せっせと準備をしています。

コーヒーはもちろん、せっかくお会いできるのであれや、これや、話のネタを。笑

 

始めまして。

にもかかわらず、いきなりご自宅へ。

 

もうどんな顔していいのかわからなくて、ドキドキしてます。

 

ただ、

「面白くなる」ことは間違いない!

 

一杯のコーヒーを淹れるため。

 

そのために東京へ向かいます。

 

どんな出会いになるのか。

楽しみですね!

 

定期便をお待ちの方も14.15.16日には発送できると思いますので、楽しみにお待ち下さい!!!

 

「KITAYORI」いい感じで仕上がっております!

 

面白く、美味しい、そんな魅力一杯のワクワク定期便。

気になるかたは、次号分をお楽しみに!!

 

 

オンラインショップ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

「ワクワク定期便」

FullSizeRender 42

結構大荷物。笑

FullSizeRender 45

 

 

東京コラボカフェ。@2月19日モリモトハウス

coffeeのこと 空間をつくること

2017.02.22

先日、東京にて、

HIYORI BROT 久美氏チーズ工房千「sen」千代氏とcafe ma-no北で

コラボカフェを行いました。

IMG_3309

左から千代、久美、北 どれもインパクト強め これ朝の7:30

IMG_3315

優秀すぎる仲間とともに。

今回は、9:00-14:00までは

ブランチ企画。チーズと、パンと、グラノーラのセットを食べてもらうという。

もちろん、飲み物は、コーヒーかホットジンジャー。

とても多くのお客様が来てくださって、

満席状態が続きました。

 

「ちょっと詰めてねー」というとみなさん快く詰めてくれて、なんだか親戚同士の集まりみたいな感じ。

なんか嬉しかったのです。

 

第二部は15:00からセミナー。フードペアリングとうたっていましたが、

もっと壮大な「ペアリング」

千代と久美と信也の「ペアリング」のご提案だったような気がします。

なぜ、チーズを作るのか?なぜ、パンを焼くのか?なぜ、コーヒーを淹れるのか?

 

って、私、コーヒーの話全くしてない。笑

カフェの店主としてしていること、北信也として生きていること。を語らせて頂きました。IMG_3350 IMG_3351

 

今回、一緒いる私たちの共通点。そして、ペアリングを感じて頂けたのではないかな?と思うのです。

 

 

第3部は、「3人の人生を語る会」

まさに、これは気持ちいいお題ですね。

チーズを作るために歩んで来た道、

パンを焼くために歩んで来た道、

カフェを営むために歩んで来た道。

 

それぞれが、それぞれの思いを語る時間。

きっと、

参加してくださった皆様は、お腹一杯になったのではないでしょうか?

IMG_3363 IMG_3366 2 IMG_3376

それぐらい、濃ゆい濃ゆい人生を歩んでいるし、それが楽しい3人なのです。

 

「食で生きる」

3人ともね。

食で人が笑顔になっちゃうのを知っている。

食で人が幸せになっちゃうのを知っている。

 

そう。自然と「なっちゃう」んだな。

 

だから、3人とも「仕事」を辛いとか、しんどいとか、嫌だとか、

一瞬もない。というか、そうゆう概念がないのです。

 

だって、

「好きなことをしている」から。

それに、仕事とか遊びとかなくて、全部「好きなこと」

 

そして、それをしながら

「生きていく」ことにチャレンジしているし、成り立つ。を目指している。

志だけではなくて、身にもなるように。

 

わずかな時間のブランチには40名以上の方が来てくれて、

セミナーは両方ともキャンセル待ちがでるほど。

 

ありがたい話です。

丹波という場所でカフェをしているだけにもかかわらず、

多くの方に興味を持って会いに来て頂ける。

 

丹波のma-noで待つ。というのも大切ですが、やはり会いにいく。というのもいいな。と思う1日でした。

 

さすがに濃厚でしたが。笑

 

明日は木曜日なので定休日。

明日も東京に行って、次なる打ち合わせ、出会い、勉強しに行って参ります。

 

ちょっと東京遠征が多くなりそうな予感。

楽しみです。

 

_MG_9539

 

 

 

 

カフェのモデル。

coffeeのこと そとあそび 空間をつくること

2017.02.08

ma-noが作り上げるまでに、

日本に大きく3つ。モデルになったお店があるのです。

 

一つのカフェは、

内装イメージを。

一つのカフェは、

遊び心を。

 

そして、

一つのカフェは、

在り方を。

 

今回行って来た千葉館山にあるcafeに、

5年ぶりにお邪魔してきましたのです。

 

「カフェの在り方」

_DSC0169

全てが温かくて、
この空間で呼吸をしているだけで、
心も身体も癒される。

私にとって究極の空間。

_DSC0182

置いてあるものも。

 

_DSC0185

 

丁寧に作られたご飯も。
_DSC0176

 

白鳥も。

 

_DSC0174

光も緑も。_DSC0170

 

 何もかも。_DSC0201

特に主張するわけでもなく、

特に無理をするわけでなく、

 

自然に寄り添い、そこに佇む。

そこに在るだけで、誰かの心の支えになるような。

 

理想の形の一つ。

 

久しぶりにその空間に浸ることで、

なんかぐっときたのです。

 

感じるからこそ、感じてもらえるように。

 

理想と現実のギャップはあるけれど、

理想も大事で、

現実も大事。

 

それがma-noらしさなのかなと。

 

外に出るからこそ、知れる

ma-noのこと。

 

今は、コーヒーが淹れたくて仕方なくて、この思いを誰かと共有したくてたまらない。

近いうちに遊びにいらしてください。