ma-noの日記

東京で拉致る。

インターン企画

2018.09.24

新宿髙島屋「美味コレクション」

たくさんのお客さまがご来店くださいました。

 

その中で良く聞くフレーズ

「いつか丹波行ってみたいです」

 

その際に返す言葉はひとつ

「手帳開いてカレンダーに記載したらすぐ行ける」

と。

大抵のお客さまは、

笑いながら流す。

行きたいけど。。

となる。

 

そりゃそう。

予定だってあるし、休みが取れないかたもいる。

 

でもたまに、たまにだけど、本当に来てくれる人がいる。

わりかしその割合は多いのだけど。

 

 

そんな中、

「帰りの車一人乗れるけど、乗って行きます?」

と伝えたお客さま。

それが、かずこさん。

「え。いいんですか。じゃあ乗って行きます」

と。

 

店主も、まさかの出来事で、

一緒に帰る恵氏に相談したくらい。。笑

 

そんな店主の想定を超える行動力のかずこさん。

 

せっかくだから、

マーノにインターンに入ってもらうことにしました。

 

すでに3日目。

26日までなので、あと2日間

ちょっと自己紹介が遅くなってしましましたが、

ご本人からどうぞ。

 

——————————————-

かずこ

三重県伊勢市生まれ、東京都中野区育ち

生粋の都会っ子。ただ、ガールスカウトで鍛えた経験があるので、ある程度いけます。

新宿で毎日変わるバンズのハンバーガーを出すお店、そんな大変な事をしてしまう。

それだけで何かすっごく面白いお店だなと思ったのが cafe ma-noとの出会い。

それが、何故 今 丹波まで 来ることになったのか 自分でも不思議です。

短い期間ですが、

 丹波に来ないと出来ない事を体験したいと思っています。 残り数日ですが、宜しくお願いします。

 

_DSC6814

新宿にバーガーを食べに来たのに、丹波でそのバンズを一緒に作る。という不思議感。

_DSC6867

なぜか、板金屋さんで研磨する。カフェに来たのに。。。

 

ジビエが好きで、新宿髙島屋のポスターを見て、ジビエバーガーを食べに来たかずこさん。

それがなぜか、その食べたバンズを一緒に仕込んだり、ハンバーガーを焼く特注鉄板を作ったり。

 

まさかまさかの連続。

 

かずこさんを見ていると思うのが、

「人生ってわからないな」ということ。

ちょっと動くだけで、人生が変わる。

 

それが全て「良い」とは言わないけれど、

「面白くなる」のは間違いない気がする。

 

丹波は26日まで、

27日はコーヒーの展示会まで連れて行ってインターンは終わり。

 

ぜひ、かずこさんに会いにma-noにいらしてください!

 

 

 

 

パン屋の本気がやばい。

そとあそび 出張カフェ

2018.09.09

「丹波鹿のジビエバーガー」
@babaflat バージョン。

IMG_3069

 

馬場flat中島シェフが
試作のパンを送ってくれたので、早速。

贅沢なバンズ。
これこのままで充分過ぎるやつを
バーガー用に改良を加えてくれている感じ。

なるほど。
東京のパン職人が、
なかじのバンズは人気があるよ!と言ってたのが良く分かる。

@ベッカライコンディトライヒダカ バージョン。

_DSC5456

ドイツマイスターの日高シェフらしいバンズ。

ブレッツェルかのような印象もあるバンズは、肉とバンズの歯切れのバランスが抜群。

らしさを出せる「技術と知識と経験」が職人としてかっこいい。

 

_DSC5472

恵のバンズ。

ゴマをふんだんに使ったバンズは、軽めで肉が肉肉しく感じることができるバンズ。

ゴマの風味が、トマト味噌ソースと相まっていい感じ。

 

と、数々のバンズで準備できています。

パン職人の本気。
熱さが気持ちいいのです。

毎日食べるツワモノとかいればいいのにな。と心から思っています。笑

ついに13日からですので、ぜひ新宿高島屋11階までいらしてください。

 

バンズコラボスケジュール。

9月13日
島根大田市
@ベッカライコンディトライヒダカ 「日高晃作」
9月14日
東京都新宿区大久保
@馬場FLAT 「中島勇」
9月15日
東京都世田谷区太子堂
@nukumuku 「与儀高志」
9月16日
兵庫県丹波市
@hiyoribrot 「塚本久美」
9月17日
兵庫県丹波市
@ichijima3383 市島製パン研究所 「三澤孝夫」
9月18日
兵庫県丹波市
恵とパンと 「持留恵」

ハンバーガー屋じゃない。カフェなのだ。

そとあそび 出張カフェ 空間をつくること

2018.09.06

新宿高島屋での美味コレクション出店もついに来週となりました。

毎日変わるバンズの

丹波鹿のジビエバーガー。着々と準備は進んでいる。

ただ、

ただ、ちょっと待ってほしい。

ma-noはいつからハンバーガー屋になったのか。。

ma-noは美味しいハンバーガーも食べれる

「カフェ」なのだ。

そう。コーヒー屋の本分を忘れちゃいけない。

今回は、昨年美味コレクションでご一緒させてもらっていた

東京都内の牧場「磯沼ミルクファーム」さんのゴールデンミルクを使用したカプチーノを

美味コレクション期間中の限定で提供します。

6月に牧場に伺わせていただき、牛たちが育つ環境、考え方、取り組みなどを実際に肌で感じさせてもらいました。

「牛と人のしあわせな牧場」

牛は家畜。産業の一つとしてだけではなく、

家畜福祉を重んじて牛が幸せに過ごせる環境づくり、関係性づくりを作りあげている牧場。

磯沼ミルクファームさんのソフトクリームは絶品なので、ぜひ食べていただきたいですが、それと一緒にコラボカプチーノもぜひお試しください。

カプチーノの8割はミルク。

丹波の氷上牛乳さんのカプチーノも、

東京の磯沼ミルクファームさんのカプチーノも

ミルクの大切さを感じていただける一品です。

コーヒー屋なのだけど、コーヒー農園より、ミルク牧場を多く訪れている店主。

礒沼ファームミルクコラボ

乞うご期待です。

 

ちなみに、東京都内にも60件ほどの牧場がある中で、

低温殺菌牛乳を唯一製造しているのが、この磯沼ミルクファームさんです。

 

 

 

美味コレクション。すごいことになる。

出張カフェ

2018.09.01

9/13日から18日まで、新宿高島屋で行われる

「美味コレクション」

2年目のma-noは丹波ジビエバーガーをメインに出店します。

ただ、ハンバーガーしても面白くないからと、

美味しいパンを作る仲間たちに声をかけさせてもらいました。

 

毎日変わるバンズのハンバーガー。

 

パン屋さんに軽い気持ちで声をかけたのですが、

職人さんたちの何かに火をつけてしまったようで。。

 

鹿のパティーを送ると、各々に試作してくれたり、

39899903_455612271609823_5949135548751806464_n 39906024_654866284889505_1310774807003922432_n39957115_1756687247762455_1914329707659132928_n

何度もバンズを試作してくれたり、_DSC5213 IMG_2986

ハンバーガーについて語ってくださる巨匠まで。

巨匠はこの日のために、

初代エスケール時代のバンズを復刻してくれることになりました。

_DSC5302

ハンバーガーを語る。

_DSC5304

手前が復刻バンズ。真ん中が現在の市島製パン研究所のバンズ。奥がHIYORIBROTのバンズ。

 

想像以上に、「本気」

職人たちの熱を感じています。

私たちもまだ食べていない。というか、完成していないので、

毎日が楽しみなのです。

毎日が新しいので、ぜひ毎日でもいらしてください。

 

ma-noの恵は、どうやらごまパンでいくようです。

これもかなり美味なので、期待していてください!!

スケジュール

9月13日
島根大田市
ベッカライコンディトライヒダカ 「日高晃作」
9月14日
東京都新宿区大久保
馬場FLAT 「中島勇」
9月15日
東京都世田谷区太子堂
nukumuku 「与儀高志」
9月16日
兵庫県丹波市
HIYORI BROT 「塚本久美」
9月17日
兵庫県丹波市
市島製パン研究所 「三澤孝夫」
9月18日
兵庫県丹波市
恵とパンと 「持留恵」

当たり前を見直してみる。

2018.08.27

どこに行ってもフリーWiFi。

街でも、駅でも、デパートでも、カフェでも、どこでも。

インフラの一つになっているフリーWiFi。

 

ma-noもオープン当初からフリーWiFiにしてました。

それは、店主も、カフェに行くのは、WiFi目的だったりすることが多いから。

 

ですが、よく考えてみると、

そんなカフェというのは、WiFiと座る場所が欲しいだけ。

商品なんて「なんでもいい」というのが本音。

 

店主がモデルにしている三つのカフェは、

WiFiとか、パソコンができるとかという理由で好きなのではなく、

その空間そのものが「好き」

その空間で楽しむカフェが「好き」なのです。

 

当たり前を見直す。というのは、とても考えましたが、

取り組んでみることにします。

 

WiFiがあるから。という理由ではなく、

別の理由でma-noに来てもらえれるように、これからも精進していきます。

 

カフェでパソコンをされることがいけない。という訳ではなく、

理由がそれだけじゃないようにしていきたい。という現れですので、ご理解頂ければ幸いです。

 

事務作業や、レポートなどは、

家よりカフェなどのスペースの方が進みますもんね。

店主もよく外にパソコンしにいくのでよく分かります。笑

 

話をしたり、打ち合わせしたり、今まで通りいらしてください。

 

_DSC1312

 

 

 

 

 

 

助っ人にいってきます。

空間をつくること

2018.08.07

_DSC3407大阪心斎橋で

ma-noがプロデュースさせていただいているカフェが8/8日ついにオープンします。

その応援に行くために、ma-noはお休みさせて頂きます。

臨時休業のお知らせが遅くなったこと、申し訳ありません。

Cafe Beaute(カフェボーテ)

心斎橋にある大丸からすぐお近くなので、

お近くにお越しの方はぜひいらしてください。

 

明日だけは店主がワキャワキャしています。

 

 

 

 

 

食べるだけ。簡単で続けれる支援の形。

ランチのお知らせ

2018.07.15

豪雨災害。
西日本全体に被害が及んでいる今回の豪雨。

日が経つにつれて
被害が広がっていく感じ。

もやもや。

苦しんでいる人。
家がなくなっている人。
大切な方を亡くした人。

そんな方々が今もなお、「いつもの」
生活に戻っていないにも関わらず、
何も出来ない。

もやもや。

そんな方も多いんじゃないかと。。

でもね。
だからといって、
無理をしたり、自分を責めたり、焦ったりすることはないのです。
「自粛」するなんてもってのほか。

自分の今の生活を維持して、経済を回す。それが何よりの復興の早道。

国どう動くかはわかりませんが、
日本はすごい国。

ちゃんと復興できるように賢い人たちが考え動いてくれている。

税金。というお金を
私たちが普段の生活を行い納めることで、回り回って復興に繋がる。

もちろん、
今、実際に動いて、ボランティアに行ける人はいける準備も余裕もある。
素晴らしいこと。

お互いが
「今」できることをできるだけ。
長く続ける。

これが大事。

私たちは、広島や岡山の現地に行くことは今出来ないけれど、
丹波で被害のあった農家さんの
被害に遭ってしまった野菜を使うことはできる。

私たちができること。

美味しく料理して、みなさんの
「笑顔の素」に変えること。

丹波の氷上町にある
井上農園さんの「玉ねぎ」
たくさん預からせていただいたので、
明日からパスタにするよ。

_DSC2927
そして先日行ってた
屋久島の馬場水産「鯖節」
買い付けたのが届いたので、
一緒に合わしてね。

_DSC2617 _DSC2621

「鯖節と玉ねぎのパスタ」

復興のお手伝いと、
旅の出逢い。のパスタ。

ちょっと情報量多いランチになりそうだけど、
「美味しい」ってそれだけでいい。

みなさんが
マーノで食べてくれて払ってくださるお金は、巡り巡って、
井上農園さんのところへ届き、
来年、また美味しい野菜を作るための糧になる。

これって立派な支援なんじゃないかなと。
知らず知らずに支援してる仕組みっていいんじゃないかと思うのです。

お金って不思議なもので、
誰に使うかを選ぶだけで、
誰かの応援なる。

そして、その応援が未来の社会になる。

社会って、自分たちで作っていけるんだな。

What you buy is what you vote.

今回、丹波の農家さんの野菜を救出して走ったのが、@hiyoribrot の久美氏。

彼女が届けてくれたからこそ、できること。
有難い仲間。

お互い遊んでばかりじゃないみたいね。笑

#豪雨災害 #復興支援 #できることをできるだけ #丹波 #井上農園#cafe_ma_no #cafemano #hiyoribrot
#屋久島 #一湊 #馬場水産 #鯖節 #旅するバリスタ #鯖節パスタ

日本一のチーズを食べる

なかあそび 空間をつくること

2018.07.08

日本一のチーズ職人の称号を得た

チーズ工房「千」senの柴田千代がma-noに来てくれた。

大雨の影響で、予定が大幅に変更しましたが、本当に多くのお客さまがいらしてくださいました。

 

チーズの美味しさ。チーズの面白さ。千代氏の情熱。

目の前でチーズを作ってもらいながら、食べるパスタ。

これほど贅沢なことはないんじゃないかと思うほどでした。

_DSC1957

モッツァレラーーーー!!

伸びがすごい!

_DSC1948

真剣な顔も

_DSC1932

笑顔も

全部素敵。

 

用意していたチーズも、販売用のチーズも全て完売。

一日でよかったね。というぐらいでした。

 

美味しくて、楽しい。そして面白い。

 

ただの「ランチ」も

ここまで面白くなる。

きっと一生忘れられないランチになった方もいるんじゃないかな。

 

わざわざ、千葉の大多喜から来てくれる千代氏。

感謝です。

 

で。

今回食べれなかった方へ朗報です。

 

次回、来丹がすでに決まっております。

9月30日。マーノ7周年祭に駆けつけてくれることになっております。

お楽しみに!!!

 

これから大注目の女性職人。

目が離せない!!!

IMG_2120