ma-noの想い

「笑顔が見たい」

ma-noの願いはただそれだけ。
どうすれば笑ってもらえるかな?
そのためにできる事を、できるだけする。

欲を言えば、
誰かと話したい時、
大事な事を考えたい時、
今よりちょっと元気になりたい時、
大切な人に会いたい時、
そんな瞬間に、想い出してもらえるような存在でありたい。
心地よい「間」を作り、人と人の「間」を繋いでいきたい。

“mano”は、イタリア語で『手』を意味します。
当店が、スタッフが、「人と人」、「人と素材」、「人と想い」をつなげる
手のような存在になれるように、との思いを込めて。

扉をあけて外へ出る時、少しでも笑顔になってもらえるように、
毎日楽しい事を考えています。