5年続けるということ。

空間をつくること

2017.09.30

なぜ、「続けていく」ことができるのか。

 
DSC_0843

お店を一緒に作ってくれた仲間と。2012年9月30日。

DSC_0768

最初は店主一人でやってたのです。今じゃ多くの仲間たちと一緒に歩いています。

DSC_0775

こっちのフロアには、テーブルは一個だけだったのです。今じゃ懐かしい。

毎日このキーワードに自問自答しながら5年という月日が経ちました。
 
行列ができることも無く、
オンラインショップが人気なわけでも無い。
 
ma-noはよくあるような繁盛店とは言えないお店です。
 
ただ、始める前から目指していたことがあります。
それは、誰かにとって、「唯一無二の存在」
 
ma-noという存在が、
誰かにとって、
元気が出る場所であり、
心が落ち着く場所であり、
人と出会える場所であり、
情報を得れる場所である。
 
笑ったり、悩んだり、安心したり、時には泣いたりできる場所。
 
 
人の感情は「数字」では見えない。だからこそ、
そこを追い求めていました。
 
たとえ、一日のお客さまが少なかったとしても、
そのお客さまにとって、必要な場所であれば私たちはいいのです。
 
 
 
「できることをできるだけ全力で」
 
先週何してたっけ?と直近のことすらも忘れてしまうぐらい、
目の前のことばかりに全力で向かって過ごした5年。
 
決して短くはありませんが、あっという間。
 
そして、まだたった5年。
 
これからも、
お客さま一人一人の
「唯一無二のカフェ」であれるよう突き進んでいきます。
 
 
5年。「続けてこれた理由」
 
すべては、関わってくださる全ての人のお陰です。
 
本当にありがとうございます。
 
そして、これからも「面白い」を提供し続けてまいります。
 
明日からは6年目に突入。
 
一発目は
お昼にマーノパンフェス。(11:00-17:00)
夜はナイトパーティー。(18:00-24:00)
 
どちらもご予約はご不要ですので、これからのma-noを体験しにいらしてください。
 
 
cafe ma-no 店主
北 信也