東京でもフルーツもりもりのケーキを。

2017.08.30

東京出店続報:あのケーキを東京でも。       せっかくちゃんとした厨房もあるので、 オーダーメイドのフルーツもりもりケーキを作りたいのです。   だって、ケーキってね。 それだ […]

東京出店決定「ma-noらしさ全開」

2017.08.29

東京近郊の皆さま。 お待たせしました。ついに、cafe ma-no東京進出です! 場所は、 都庁もある超一等地 「新宿タカシマヤ」です。   いつか東京に凱旋してcafeを開きたい。と思っておりましたが、ついに […]

一夜限りのビアテラスに参上

2017.08.26

8月26日は住吉神社ビアテラスという 一夜限りのビアテラスに 「恵とパンと」で参加します!! 会場への臨時バスなどもありますので、 地ビール好きな方へぜひともいらしてください!!   なお、出店に伴いma-no […]

仕事百貨vol4「笑顔配筆人 馬場貴海賀」

2017.08.17

仕事百貨vol4「笑顔配筆人 馬場貴海賀」   ma-no仕事百貨 ma-noの店主が、様々な仕事をされている方々を招いて、トークセッションする。「ma-no仕事百貨」 きっと、あなたの知らない「仕事」の形がある。 進 […]

笑顔配筆人馬場貴海賀が帰ってくる&個展会

2017.08.17

笑顔配筆人馬場貴海賀が帰ってくる&個展会 今年3月にたくさんの方にご来店いただいた、笑顔配筆人馬場貴海賀の「あなたの目をみて詩を書きます」@cafe ma-no この夏、丹波に帰ってきます!!—— […]

大切なのは「どこで」じゃない。

インターン企画

2017.08.16

「堆肥見て帰りますね」
 
昨日で一ヶ月のインターンが終わった光里さん。
_DSC7825
 
本日、丹波を離れるということで、挨拶にきてくれました。
 
あっという間でしたが、
愛媛県内子町に行ったり、島根県大森町に行ったり、
京都府綾部市に行ったり、夙川には二回も行ったり、
一ヶ月という期間で
総移動距離が2500km以上。
 
ma-noでは、
芝を刈ってもらったり、
コーヒーで堆肥を作ったり、
ウォールグリーンを作ったり、
グラノーラを作ったり、
ランチを作ったり、
壁を塗ったり、
天空で朝ごはんを食べたり(二回も)
 
_DSC7830

一ヶ月かけてつくったコーヒー堆肥

_DSC7804

谷口農園の黒豆きな粉グラノーラ完成。

_DSC7105

ちょっと大森まで、天空の朝ごはんをしに。

_DSC6583

ちょっとチーズ工房を見に愛媛まで。

ちょっと寄り道して滝をみたり

ちょっと寄り道して滝をみたり

_DSC7030

みんなでブルーベリー狩りしたり

_DSC7698
様々なことに取り組んでもらいました。
そして、
様々な人に出会ってもらいました。
 
ma-noが光里さんに伝えれること。
それは、
「人との出会いと体験」
 
これは、ma-noを離れても確実に役に立ちます。
 
 
そして、
店主北が光里さんに伝えれること。
それは、
「好きなことを好きなだけ全力で行う」
 
これだけで、毎日が楽しい。
幸せに生きるコツだと思っています。
 
たった一ヶ月でしたが、
しっかり伝えれたかな?
 
 
ma-noのインターン企画。
すでに数え切れないくらいの人が参加してくれています。
 
新しい人が来てくれるたびに、私たちも共に成長できる機会。
 
そのma-noの在り方を共有できる仲間が増えるということ。
その仲間が世界各地に広がっていくということ。
 
それは、まさに、
将来どんな社会にしていきたいか一緒に実現できる仲間が
綿毛に乗って広がっていくようなのです。
 
だからこそ、
これからも続けていきたいですね。
 
 
 
さて、光里さんが作ってくれたコーヒー堆肥。
これで、花でも育てようかな。
 
一ヶ月も一緒に居たのだけど、
さみしくない。というのが本音。
 
なぜなら、最後の最後まで全力だったから、
もうお腹いっぱいなのだ。
 
どうせすぐ会える。
 
大事なのは、「どこで」じゃなく
「何をしているか」
 
方向は同じなのだから、どこでなんてどうでもいい。
 
ワクワクする社会を築き上げていくだけなのだからね。
 
さみしくなんて、
 
ない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新作できました。

おくりもの インターン企画

2017.08.14

インターン谷口光里

7月中旬から始まった、
一ヶ月間のインターンもあっという間に、8月15日が最終日。
_DSC7804
最終日を迎える前に光里氏から、
新しい商品を提案してもらい、
試行錯誤を繰り返し、ついに完成しました。
 
その名も、
 
「黒まめきな粉のグラノーラ」
 
 
黒豆のホールと、黒豆をきな粉にしたものをふんだんに使うことで、
香り高いグラノーラができました。
 
 
 
光里さんは、13代続く南丹市の農家。
14代目になる彼女の提案した商品は、
谷口農園でとれる無農薬の黒豆を使った商品でした。
 
農家を継ぐ。ということは、経営をするということ。
「黒まめきな粉のグラノーラ」
 ma-noと谷口農園が互いに取引先になったことがこの商品ひとつで確定しました。
 
これぞ、win×winの関係。
 
光里氏は、良い経営者になりそうです。
 
明日には、この一ヶ月間をまとめようと思いますが、
光里ちゃんに会えるのは、
15日まで。
 
ぜひ、新作グラノーラの説明を光里ちゃんから聞きながら、
食べてもらいたいです。
 
美味しいですよ。
 
 
ちなみに
写真の顔がちょっと疲れているのはご愛嬌。笑
 
お盆は多くのお客さまに来ていただけるので、ちょっと張り切りすぎてしまいました。
明日も8:00から営業しておりますので
ぜひモーニング、ランチ、カフェ、と様々なシーンでご利用ください!
 
 
 

ma-noで朝食を。

2017.08.11

明日はma-noで朝食を。 焼きたてクロワッサンを食べに来てくださいね。 メニューは自家製パン3種。ハーブソーセージカンナンファームの目玉焼き自家製ヨーグルト シングルオリジンコーヒー又は二次発酵紅茶ダージリンティー 8 […]