エゴマを知ってもらいたいから続ける。

2017.07.28

15年前、旅行をきっかけにエゴマと出会い、 一人で栽培を始められた竹下禎彦さん。   農薬は使用せず、 搾油する実は川本町産のみを使用するこだわり。   そして、ここまで続られたのは、 「沢山の人にエ […]

エゴマへの想いを聞きに、島根県川本町へ

2017.07.26

島根県川本町の特産品、エゴマ スタッフの梅原が、26.27日とエゴマ農家さんのお手伝いに来ています。 淡路島の2525ファームさんで玉ねぎ収穫をさせていただいてから、作物が出来る過程、農家さんの想いに興味を持ち、地域おこ […]

「物」の裏には必ず人がいて、必ず想いがある。

2017.07.25

「チーズ工房醍醐」 実は、9月に新宿高島屋さんでブースにてご一緒させて頂くことになったのですが、正直、醍醐さんが作る「チーズ」という物だけを食べて、コラボを考えるより、実際にどんな方が、どんな背景で、どのような場所、どの […]

時間ができたらやろう。は今すぐやった方がいい。

空間をつくること

2017.07.23

wakuwakuworks

実はma-noには、「カフェ」以外にも活動している事業があります。

それが「wakuwakuworks」

ワクワクすることを「作る」事業。どちらかというとハード担当。

テーブルだったり、鉄ラックだったり、柵であったり、鍼灸院であったり。

今までもいろいろ作らせてもらっていますが、

今回は、ma-noの看板を作りました。

穴を掘って、支柱を埋め、コンクリートを流し込み、

木を塗って、切って、貼る。

FullSizeRender 173

ここにしようかね。

IMG_8016

まっすぐ。を取るのが難しいのです。

IMG_8009

インターン生光里さんにも手伝ってもらいながら。

FullSizeRender 174

じゃん!ma-no始まって以来の黒!

 

4月以降営業時間を変更しているのですが、

その案内を作っておらず。

これができたので、あとは、文字をいれるだけ。

 

やろう。やろうと思っていてなかなかできなかったことも、

やってみたら1日くらいでできてしまう。

 

やらない理由の時間がないから。って、理由にならないことが多いかもですね。

 

もう、支柱を立てるのも3回目。

 

そろそろ依頼を受けても大丈夫。

フェンス建設のご依頼があればご一報ください。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに土作り始まる。

coffeeのこと インターン企画

2017.07.21

インターン生の光里さんは、
京都で13代続く農家。
14代目になろうと日々学ばれてる。

ということで、長所を活かし
コーヒーかすで堆肥を作ってもらうことに。

山で、上質な微生物を含んだ土を確保し、

IMG_7995

森林浴も兼ねて。山へ芝刈りではなく、菌集め。

コイン精米所で、米ぬかを確保する。

IMG_8008

地区に一つはあるクリーン精米所

IMG_8007

米ぬかゲットー!!

(地域って何でも揃う)

 

それらをコーヒーかすとまぜあわす。

IMG_8018

左からコーヒーかす。米ぬか、堆肥。って、説明はいらないですね。

IMG_8021

まぜまぜ。

あとは1ヶ月間、毎日混ぜる。

インターン最終日にどんな土が出来上がるか楽しみ。

マーノガーデンがさらにパワーアップ間違いなし。

ma-noは緑化計画を始めているので、

どんどん緑も花も、増やしていきたいですね。

 

 

一枚の重さ。

2017.07.19

今日は雑誌の取材をしていただきました。 丹波・篠山の魅力を詰め込んだ本ができるそうです。 多くの方が目にするメディアに取り上げていただけるのは、嬉しい限りです。 カメラマンの方も、 ライターの方も出版社の方も、 私たちの […]

東京からインターン生がやってきた。@谷口光里

インターン企画

2017.07.18

ma-noインターン企画。

本日より約一ヶ月。

東京からインターンに来てくれています。

一ヶ月という

まさに私たちも前代未聞の長さ。

光里さんの体力が心配です。

_DSC6181

では、本人より自己紹介をどうぞ。

————————————

はじめまして。

本日から一カ月インターンをさせていただく、谷口光里(たにぐちひかり)と申します。

 

京都府南丹市出身ですが、高校は山形県、大学は西宮市、そして現在は家業の農業を継ぐために東京で農業経営を大学校で学んでいます。

 

cafe ma-noは、ただのカフェではなく、人々が集いつながるコミュニティの場になっていること。お料理やお菓子、コーヒーだけが商品ではなく、ストーリーも込められていること。笑顔をみたいという思いから、全力で何事にも挑戦し続けられている北さんの姿に惹かれて、インターンを希望しました。

 

1ヶ月という限られた期間ではありますが、多様な人や考えと出会い、ワクワクする体験をたくさんしたいと思っています。よろしくお願い致します!

————————————

「庭の草刈りってできる?」

「それはできます。」

 

なんとも頼もしい言葉が返って来て、店主の心はざわつきました。

ギャップ萌えというやつですね。

はい。

 

コーヒーのカスで、堆肥を作ってもらったりもしようと思っているので、

光里さんの知識、経験もma-noの大切なピースになることは間違いないです。

 

ぜひ、そんな光里さんに会いにいらしてください。

 

最高のコーヒーなんてありえない。

2017.07.17

コーヒーって不思議。 どれだけ追求しようが、「最高の一杯」なんてのは、作れない。 コーヒー豆の世界各国、世界各地、それこそ数え切れないほどある。 エチオピアなんて、庭に生えてる豆を地区で集めたりですからね。   […]