待ってるだけじゃない。

2017.02.16

待ってるだけなんてできない。 17.18日は丹波柏原で行われる厄神大祭に出店します。 そして、そのまま19日は東京人形町で、 HIYORI BROT久美氏と、チーズ工房千senの千代氏と、cafe ma-no北とのコラボ […]

ひとつひとつ違うケーキたち。

甘いもの

2017.02.14

最近毎日ケーキを作らせてもらっている店主です。

バリスタでもあるのですが、同時にパティシエでもある。

ホールのケーキを作っている時が、一番パティシエを感じているのです。

 

どんなのが好みかな。

どんな飾りにしようかな。

と、オーダーを頂いた方や、召し上がって頂く際の状況を考えながら作り始める。

だから、一台一台違うのです。

そして、楽しい。

 

 

ケーキの情報はインスタグラムでもあげているので、ぜひフォローしてみてください。

 

ケーキを作るのは得意ですが、

いつもホールケーキがあるケーキ屋さんではないので、

ご予約ください! 0795-71-4110までお気軽に!

 

 

_DSC0371 _DSC0376 _DSC0350

 

明日から恵はオーストラリアへ。海外インターン

インターン企画

2017.02.13

勤めて4年になる恵。

今では、パンを焼いたり、写真を撮ったり、デザインをしたり。

出来ることが多すぎて、

もはや、店主が居なくても成り立ってしまうほどに。

 

そんな恵は、明日から2週間オーストラリアに行くのです。

 

オーストラリアには、これで2回目。

前回は、ドーナツを習いに。

 

今回は、フランス人の方がやってるケーキ屋さんで働いてくるそうです。

そこには、美味しいクロワッサンがあるとのこと。

 

それを学ぶべく、わざわざオーストラリアに。

 

店主がいうのもおかしい話ですが、

変わってますね。笑

 

さて、二週間後、

日本に、丹波に戻って来た恵がどんな成長を遂げているのか。

 

乞うご期待です。

 

ただ、恵がいないために、

出店のために3日ほどma-noをお休みさせていただきます。

2月17-18日 丹波厄神大祭出店

2月19日 東京コラボ出店

 

お客さまにはご迷惑をおかけしますが、

それ以上の面白さと美味しさをご用意します。

 

ご理解頂ければ幸いです。

 

_MG_9240コピー

 

コーヒー豆もご用意しています。

2017.02.13

昨日、お客様に「コーヒー豆ずっと近くで探していたんです」と言われました。 ma-noはコーヒー屋でして、 もちろんコーヒー豆も販売しております。   ただ、私たちにとっては当たり前のことも、 お客さまからすると […]

みんなありがとう!って声をかけてくれた。

おくりもの 甘いもの

2017.02.11

本日は、丹波で「三十路式」が行なわれました。

二十歳の時に想像していた「大人」になれたのかな?

なんて話で盛り上がったりしたんじゃないでしょうか。

 

今回、ma-noは三十路式を盛大に祝うべく「ケーキ」のオーダーを頂いてました。

 

_DSC0268

 

大勢で召し上がるとのことなので、大きくでも、きっと男性はケーキよりお酒に行くんじゃないかな?と

思い、周りにフルーツをモリモリにしてみました。

 

喜んでもらえたかな?

足りたかな?と思いを馳せてました。

 

式が終わった後に、実行委員の方がケーキのケースを返しに来てくれたのですが、

「何が一番楽しかった?」と伺うと

 

「みんながわざわざ「ありがとう」って声をかけてくれたんです」と、

少し涙を浮かべながら伝えてくれました。

 

たぶん、

大きなイベントで、多くの人を巻き込み、みんなに喜んでもらいたいという一心で

今までずーっと緊張していたんだと思います。

 

どれだけ大変で、どれだけ辛くて、どれだけ悩んでも、

「ありがとう」という言葉で、

すべてが報われる。

 

「言葉」ってすごいですね。

 

ケーキを作らせて頂くというだけなのですが、

いろいろ感じさせて頂けてこっちまで幸せになっちゃいました。

 

ともあれ、

三十路を迎えた皆様。

これからも良き人生を謳歌してください!

 

 

 

 

 

 

誕生日に曜日は関係ないのです。

おくりもの 丹波のもの 甘いもの

2017.02.09

「子供の誕生日が9日なのですがケーキお願いできますか?」

 

と、頂いたお問い合わせ。

 

全然いけますよー!!と返事をしたものの、

あ。木曜日だったと気づく。

 

そう、ma-noは木曜日が定休日なのです。

 

ただ、このとき連絡を返したときに見たスケジュール帳は、

店主にma-noを離れての用事があるかどうかのスケジュール帳。

 

この日は、ma-noにこもって、

例のオンラインショプの構築をしようとしてたのです。

 

だから、

いけたのです。

 

じゃん。

_DSC0239

 

「いちごが良い」って小さな子が言ってくれたので、

もりもりいちごのケーキに。

 

 

定休日だから無理とか、

日数が短いから無理とか。

 

そーゆーときももちろんありますが、

できるなら作りたい。

だって、一年に一度の記念日なのだもの。

 

来年も、作ってあげれるといいな。

 

ただ、

どうしても作れない日もありますので、

ご理解くださいね。

 

カフェのモデル。

coffeeのこと そとあそび 空間をつくること

2017.02.08

ma-noが作り上げるまでに、

日本に大きく3つ。モデルになったお店があるのです。

 

一つのカフェは、

内装イメージを。

一つのカフェは、

遊び心を。

 

そして、

一つのカフェは、

在り方を。

 

今回行って来た千葉館山にあるcafeに、

5年ぶりにお邪魔してきましたのです。

 

「カフェの在り方」

_DSC0169

全てが温かくて、
この空間で呼吸をしているだけで、
心も身体も癒される。

私にとって究極の空間。

_DSC0182

置いてあるものも。

 

_DSC0185

 

丁寧に作られたご飯も。
_DSC0176

 

白鳥も。

 

_DSC0174

光も緑も。_DSC0170

 

 何もかも。_DSC0201

特に主張するわけでもなく、

特に無理をするわけでなく、

 

自然に寄り添い、そこに佇む。

そこに在るだけで、誰かの心の支えになるような。

 

理想の形の一つ。

 

久しぶりにその空間に浸ることで、

なんかぐっときたのです。

 

感じるからこそ、感じてもらえるように。

 

理想と現実のギャップはあるけれど、

理想も大事で、

現実も大事。

 

それがma-noらしさなのかなと。

 

外に出るからこそ、知れる

ma-noのこと。

 

今は、コーヒーが淹れたくて仕方なくて、この思いを誰かと共有したくてたまらない。

近いうちに遊びにいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店主。千葉大多喜に行く。

coffeeのこと そとあそび

2017.02.05

本日は店主一人丹波を離れ、

千葉県にある大多喜にある「チーズ工房千sen」に来ました。

 

800kmも離れた場所に行く理由。

それは、

「人に会いたいから」

 

行けば、つながる。

会えば、ひろがる。

 

だから。

 

 

_DSC9979

始まる前に集合写真。

神棚へ、お客さまの安全を祈願して。

神棚へ、お客さまの安全を祈願して。

_DSC0002

日常

_DSC0015

チーズ工房千senとHIYORI BROTとcafe ma-noの物語。

_DSC9986

チーズ工房の前で、パン屋とコーヒー屋を。

_DSC9989 _DSC9996

_DSC0017

パンドナルさん。千葉のパン屋さんも遊びに来てくれました!

 

 

そんな中で出会った「笑顔配筆人 馬場貴海賀さん」。

「あなたの目を見て詩を書き〼」とのことだったので、

書いてもらっちゃいました。

それも、これから、何十年も共にする

チーズ工房千senとHIYORI BROTとcafe ma-no」の三人を一枚に。

_DSC0028

 

_DSC0067

自分のやりたいことに 誇れるような自分であり続ける。 だけどけっして一人よがりではない。 私の幸せが誰かの大切な人の幸せにつながっていることを 知るからこそ自分を突き抜けられる。 やっていること違えど、 心がつながり、 高みへと進んでゆける。

 

 

人生という時間をかけて表現していることが、

一枚の言葉になる。というのは、

とても感動。

 

実は、店主個人もやってもらいました。

それは、ma-noに飾っておくので見てみてください。

_DSC0077

 

今回も、多くの方と、そして、将来目指す世界観が同じ方と出会えたこと。

幸せでした。

 

今日の出会いがきっかけで、必ず、必ず、丹波に来てくれる方もいるので、

次は、丹波を私たちが案内する番。

 

それも楽しみで仕方ない。

 

 

この機会をくれた

チーズ工房千senの千代氏に感謝です。

 

そして、いつもの相棒「HIYORI BROT」久美氏にも感謝です。