淡路島に行ってきました。@2525ファーム

Farma-no企画 そとあそび インターン企画

2016.11.18

突如送られて来た「淡路島の恵み」

南あわじ市にある

株式会社うずのくに南あわじの皆さんが新人研修の一環でma-noにいらしてくださいました。

 

そのお礼と言って、後日届いたのが、

「淡路島の恵み」

中には、

淡路島で作られてる手延べそばや、たまねぎドレッシングなどが入っており、

その中に一際目立つスタイシッリュなたまねぎ「蜜玉」もありました。

 

ただ、お礼を頂いただけじゃ面白く無いので、

その加熱すると甘さが爆発する「蜜玉」を使ってパンを焼いたのです。

 

それを、

「蜜玉」さんのデザインを模写し、

メッセージを食で伝えようと試みました。

 

それが、2525ファーム迫田さんとの出会い。

実際に会ったことは無いのですが、

その蜜玉のパンを食べてくださってすぐに連絡をくれ

「超絶おいしかった」と絶賛してくれたのです。

 

 

それから、数ヶ月後。

ついに迫田さんに会いに南あわじまでやってきました!

 

迫田さんのたまねぎに対する「愛」は半端なかったです。

有機肥料にこだわるのと同時に、

肥料を与えるタイミングにまでこだわる。

 

話を聞けば聞くほど、

「そりゃ美味しいわ」と納得でした!

 

たまねぎとパンがつないだ私たちの出会いも、

実際に人と人が出会うことで、さらに面白くなるのは間違いないです!!

 

これから、ma-noは淡路島との連携が始まる。

そんな予感、というか、やります。

 

なぜなら、

「面白いから」

 

世界一美味しいたまねぎを作る。と公言し、目指し、突き進む2525ファーム迫田さん。

そのたまねぎを使って、世界一美味しい玉ねぎのパンを作る。

約束しましょう。

必ず、食べてもらえる機会を作ることを。

 

 

ぜひ楽しみにしていてください。

 

FullSizeRender 121

幸せは「当たり前の中にある」のかもしれない。

coffeeのこと そとあそび 丹波のもの 空間をつくること

2016.11.13

天空の朝ごはん。

今日は最高な1日でした。

IMG_0624 _DSC8131思い思いに耽る。

感動し、感謝する。

 

目の前に広がる景色に、ただ、ただ。

 

_DSC8144 _DSC8146コーヒーとチャバタサンドと景色を楽しむ朝。

 

毎日、毎日

朝はやってくる。

毎日、毎日

食をする。

 

だけど、

ちょっと場所が変わり、時間が変わり、動くだけで、

いつもの朝が特別になる。

 

それって、

幸せなんだなと思うのです。

 

幸せは「当たり前の中」にあって、それに気づくか気づかないかだけなのかもしれませんね。

 

#天空の朝ごはん

これは

島根県大田市にあるベッカライコンディトライヒダカさんでも

共通の思いでやってくれています。

天空の朝ごはん

それが朝日新聞に掲載されたそうなのですが、

発案者として、店主も取り上げていただいています。

 

「面白い」ことを、

別の場所で、別の人が、やる。

って、

なんだかイイな。と思うのです。

 

だって、「幸せになれる人が増える」

 

単純に。

 

アイディアは山ほどあるけど、

ma-noじゃできないこともある。

そして、

ma-noじゃなきゃいけないことなんて、一つも無いわけで。

 

広がっていけばいいな。

こーゆーの。

 

次はどんな企てをしようかなー

 

お楽しみに!!

 

 

 

 

天空の朝ごはん 2016秋tamba

2016.11.13

天空の朝ごはん 2016秋tamba   天空の朝ご飯 2016秋tamba         丹波の食材を使ったサンドイッチとma-noがおもてなしさせて頂くcaféをいつもと違った場所で。目に映るのは、丹波霧 […]

アメリカからのインターン。@南郷友紀

インターン企画

2016.11.11

なんとアメリカから、インターンにやってきてくれました。

 

アメリカ在住、日本育ち。

アメリカに行ったり、マレーシアに行ったり、日本で行ったり。

「故郷」という環境が無くて。。。と話す友紀さん。

「丹波」という故郷に住まう方、

故郷を離れ、「丹波」に住まう方。

そんな方々と、繋がったり話しができれば、きっと新しい発見が互いに生まれるんじゃないかなと思うのです。

10日より17日までのインターン期間中。

ぜひとも、話しをしに、会いにいらしてください。

 

今回で、8人目のインターン。仕事体験を合わせると、11人目。

一人一人、プログラムも変われば、得るものも、出会う人も変わる。

インターンというのは、

関わる全ての人が「面白い」そんな試みだなと思うのです。

 

では、恒例の自己紹介どうぞ!

—————————————————–

はじめまして。南郷友紀です。

本日より 1週間のインターンをさせていただきます。

 

私は主人の転勤に伴って2016年の3月よりアメリカで生活をしています。

今回は一時帰国の機会に cafe ma-no でお世話になることになりました。

 

海外で暮らしはじめ、多様な文化に触れたり、

国籍の異なる方々と、想いや故郷について話をしていると、

自らが育った地元や日本にも改めて目を向けるようになり、

その素晴らしさを再認識するようになりました。

 

また同時に、それをうまく伝えられないもどかしさも感じていて、

最初は言葉の壁だろうと思っていましたが、

最近は私もまだまだ知らない日本のことがたくさんあって、

語れるようになっていないのだと気づき始めました。

 

伝統文化や、四季折々の風情、人々の想いが感じられる

丁寧な手仕事、丹精こめて作られた食事、温かいおもてなし等‥

これまで折に触れて、癒され、元気をもらってきたもの。

それらを受け取る側から、今度は生み出し提供する側に立つことで、

私自身が感じてきた日本の良さの真髄に触れたい。

そんな想いで、cafe ma-no のインターンを志願しました。

 

お客様、北さん、ma-no に関わるすべての方々から、

色んなことを学び、感じて、一人でも多くの方の笑顔がみれるよう、

この機会を大切に過ごせればと思っています。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています

_MG_8974

クリスマスケーキのご予約はじめます!!

2016.11.07

ma-noクリスマスケーキ 予約始めます。  今年も多くの方のバースデーケーキを作らせて頂きました。 誕生日という一年に一度しかない特別な日に、ma-noのケーキを囲んで、 わいわい。 その場に同席できないのは、残念です […]

伊勢丹に行くよ。焼き菓子屋さんとしてね。

coffeeのこと おくりもの 甘いもの

2016.11.07

東京の伊勢丹で行なわれる「コーヒーの催事」

マイカップオブフェイバー

ma-noのロースターでもあるNOZY COFFEEが出店されるとのことで、

 

NOZY COFFEEが特別に用意するコーヒー

「ホンジュラス ブエナビスタ」を元に、

隣に居てくれたらもっといいな。をイメージしてケーキを焼き上げました。

 

NOZYとの話し合いで、

生産地への想いの感謝。というのが、テーマであったので、

今回は、「コーヒー」の生産地。「ケーキ」の生産地。ともに

感謝を伝えたいと思って、

「ブエナビスタ」と「丹波栗」を合わせて焼き上げました。

 

コーヒーで飲むとオレンジのような鮮やかさを感じられるブエナビスタ。

バターなど、油脂が入ると「黒糖」のような甘さに変わるのです。

そこに合わせるは、丹波栗とリキュールで戻し、アッシュしたブエナビスタ

 

うん。

いい感じ。

 

 

今の日本を代表するようなコーヒー屋が集まるイベントに、

焼き菓子屋として参加させてもらうあたりが、

なんとも「ma-noらしい」感じですが、

とても光栄。

 

ぜひ、お近くの方はNOZY COFFEEさんへ遊びにいらしてください!!

 

ちなみに、そのレアなブエナビスタ。

今ならma-noでも飲めます。

 

美味。

 

よければ、コーヒー飲みに、そして、ほっこりした時間を過ごしにいらしてください。

 

_MG_8894

 

 

 

 

 

 

 

 

丹波と農家とパンと。@GOGOフェスタ

2016.11.05

11月6日日曜日。 丹波の森公苑で行なわれるGOGOフェスタに出店します。 今回は「丹波と農家とパンと」というストーリーでお届けします。 丹波の小麦農家「笹倉さん」の小麦を使ったり、 丹波のチーズ職人「敬介くん」のチーズ […]

先を行き過ぎる男「小橋昭彦」@仕事百貨

2016.11.05

想像し、創造する。 この小橋という男は、 時代が時代であれば、「崇められていた」 と思う。   10年後の社会の動向を予測したり、(これがかなり当たってる) 今では当たり前のことを、無かった時代から、作りあげて […]