世界に一つだけ。

甘いもの

2016.09.18

MICHIという名のプチギフト。

 

いつもお世話になっているNOZY COFFEEのバリスタの方から、

「結婚式のプチギフトを作ってもらえませんか?」と

ご相談を頂きました。

 

そこで、幾度となく、ヒアリングをさせてもらったり、意見交換をしてたどり着いたのは、

「バリスタ本人が淹れるコーヒーを使ったケーキ」

 

旦那さまは、チーズが好きで、一緒に買いに行くこともよくあるそうで、

今回は新郎新婦とも付き合いがあるチーズ専門店LAMMASさんのチーズ パヴェ・ドゥ・ノーと、

新婦が務めるNOZY COFFEEさんのコーヒーエチオピア コンガを使って一つのケーキを作らせてもらいました。

 

コーヒーに合うチーズを新郎新婦が選ぶところから始まった一つの物語。

 

新郎新婦が伝えたい

「感謝」という想いを込めて焼かせて頂きました。

 

それが「MICHI」

 

大切な節目にma-noも関わらせて頂けたことが、とても嬉しいです。

きっと、今頃箱を開けて、結婚式の余韻に浸りながら召し上がってくれているんじゃないかと思うと、

ニヤニヤしてしまいますね!!!

何度も、何度も試作を重ねたからこそ、そのニヤニヤが倍増しております。笑

 

ただ、ケーキを焼く。のではなく、

「物語」をケーキに込める。

 

こうゆうの、とても大好きなのです。

_DSC5198 _DSC5209 _DSC5125 _DSC5124 _DSC5123 _DSC5121 _DSC5155

HIYORI BROT始動。

2016.09.18

ma-noのパン祭りでおなじみの 塚本久美が始める新しい世界。 「 HIYORI  BROT」がついに10月1日オープンします。 基本的には、通販での販売のみで、 それも月の満ち欠けでオープン日が決まるというスタイル。 […]

あちこち巡る。@9.18

そとあそび 丹波のもの

2016.09.17

こんばんは。

ただいまma-noは店主と恵の二人でやっているのですが、

明日は、丹波の森で森GOHAN 森とご飯と昼ワインなるイベントを運営させて頂くのと、

お隣篠山市である丹波篠山ナイトバザールなるイベントに参加させて頂きます。

 

二人で二つのイベントに運営、参加させて頂きますので、

大変申し訳ないのですが、

ma-noの営業はお休みさせて頂きます。

 

篠山であります、ナイトバザールには、恵がパンを焼いて持っていきますので、

ぜひとも、パン好きの方はいらしてください!!

パンとコーヒーと。

 

楽しみにしていてください。

それにしても、

そろそろ、一緒に楽しんでくれる仲間が欲しいところ。

ちょっと手が足りてない気がするのです。

 

好きなことを好きなだけ、全力でやる仲間。

 

お会いできる気がするんですよね。

きっと、そのうち。_DSC4389

 

 

夏季休暇、臨時休暇のお知らせ

2016.09.15

夏季休暇、臨時休暇のお知らせ   今更ではありますが、夏季休暇の代休を頂きます。 9月16日金曜日終日お休み。 また9月18日は篠山市であります「篠山ナイトマーケット」、  丹波市であります「森とご飯と昼ワイン」のふたつ […]

身体が喜ぶ朝ごはん

なかあそび

2016.09.10

第二日曜日に行われるma-noのモーニング企画。

明日9月11日開催です。

7:00から10:00までオープンしておりますので、

「身体が喜ぶ朝ごはん」食べにいらください。

 

今回は、高田氏をお招きして、作っていただきます。

おしながき。

・越田商店の鯖の干物

・カンナンファームのだし巻き卵

・婦木農場の新米ご飯

・長野なつみ農園の味噌と丹波市島町の大槻豆腐店の豆腐と揚げのお味噌汁

 

今回はなんと、丹波の竹岡農園に高田氏自ら行き、野菜を調達してくれました!

その野菜が、玉ねぎと汽水茄子。

14269312_1026543074133028_950644238_n

この野菜たちはお味噌汁に入るのか、はたまた違う何かに変わるのかは、

明日の仕込み次第。

 

楽しみですね。

 

正直、この朝ごはん企画は、

かなり力が入っているというか、思いが強いのです。

 

店主の私は、基本朝食べない派。

食べなくても大丈夫ではあるのですが、

「ちゃんと食べる」と力もアイディアも、気力も湧いてくるのは確実。

 

忙しい日なら、いつもなら、

コンビニのパンとかでも、口に入れるだけでいいと思うのです。

 

ただね。

月に一度だけでも、

「良い朝ごはん」を食べてみる日を作ってもいいのではないかなと考えるのです。

 

一度食べれば、

越田商店さんの鯖の干物は、

「忘れられなくなる」

食べた後に、様々な名言をお客さまが残してくれる奇跡の鯖。

 

明日はどんな名言が聞けるか楽しみです!!

数量限定なので、ぜひとも早起きしていらしてください!!

 

 

 

 

 

仕事と私事の狭間。

空間をつくること

2016.09.06

社会人になると、「仕事」という言葉をよく使うと思うのです。

 

ma-noをオープンして間もなく4年になるのですが、

「仕事」と「私事」を分けて考える必要があるのかなと

ふと疑問に思うのです。

 

お店に立っていると、

毎日、必ず誰かが、会いに来てくれて、

美味しいとか、かわいいとか、元気もらえたって笑顔になってくれるんですよね。

 

一人で来たにも関わらず、ただ座ってるだけにも関わらず、

次にいらっしゃるお客さまと知り合いだったり、友達だったりするのです。

知り合いでも友達でもなくても、

きっかけがあって、友達になっちゃったりするんです。

 

そんな繋がりを目の当たりにしている毎日。

 

自分のイイな。と思う物や事を、ひとに紹介して、それに共感してもらう。

って、それ「友達」ですよね。

 

となると、毎日友達がたくさん遊びに来て、話をして、笑顔になって帰っていく。

「またね」と言って。

 

「仕事と私事の狭間」ってどこにあるのかな。

 

仕事は仕事。私事は仕事。

と分けるのもすごくいいと思う。

でも、そうじゃない生き方もあるんだよ。

そんな選択肢もあるんだよ。

とまだ社会に出ていない人に伝えてみたい。

 

だって、好きなこと、好きなだけ、やろう!!っての、

面白そうじゃないかな?

 

そんな大人が居てもいいし、居るんだよ。ってね。

 

何が良くて何が悪いとか決めつけるのではなく

「選択肢」がある。というのがいいのかな。と思うのです。

 

あまりにも楽しそうに、話しているのをお客さまというか、友達というか、野菜農家さんがとってくれました。

 

これ、仕事中です。笑

 

楽しそうでしょ?

IMG_6915