2000kmをコーヒーとケーキと共に。

coffeeのこと そとあそび 丹波のもの

2016.03.16

すっからかん。

 
9日東京六本木。
12日丹波ハピネスマーケット。
13日島根大森。
 
この一週間もしない間に、
コーヒーとma-noの焼き菓子とともに、
あちらこちらと、2000kmも動いておりました。
 
声を頂けるというのは、
ありがたいことです。
 
今回、
多くの方とお会いする機会を頂いたとともに、
多くの方に、
「ma-noの焼き菓子」を手にとって頂きました。
 
本当に多くの方にです。
 
嬉しい限りです。
 
きっと、笑顔の素になっているはず。。
 
 
ただ、
その2000kmの間に、
 
焼いたケーキ達が、
無くなってしまいまして。。。
 
 
ここ二日間で
 
なんとか、
焼き菓子棚に
ケーキが揃いました!!!
 
棚がすっからかん。なのは、非常に寂しかったので、一安心。
 
たくさんのケーキを焼くにつれて、
つくづく感じたのは、
 
ケーキを作るのも、
食べてくれる方が居てくれるからこそ、
 
楽しいのであって、
 
ただ、焼くのであれば、
楽しくはないんだろうな。と。
 
きっと、
今回焼いたケーキも、
様々な方の元へ行く。
 
どのような反応をいただけるか楽しみです!!
 
 
新作ケーキもございますので、
ぜひとも、
 
笑顔の素を求めていらしてくださいね!
 
 
_DSC9475 10407344_1090863340965078_8258060551905040870_n _DSC9427 12806009_1089149897803089_844334079591238171_n
 

大森という街に触れて。

そとあそび 空間をつくること

2016.03.14

さて、何から綴ろうか。

_DSC9416 _DSC9418 _DSC9432 _DSC9402 _DSC9392 _DSC9372 _DSC9367 _DSC9291 _DSC9275 _DSC9283 _DSC9424 _DSC9428ここ数時間、

筆をとり、消し、また筆をとる。の繰り返し。

 

あまりに大森での一日が刺激的で、濃密だった。

 

大森の街との出会いも、

大森の人との出会いも、

全てが物語。

 

語りたくて仕方がない。

ただ、長くなる。

それも、とても長くなる。

 

だから、今日は一言だけ。

「一軒のパン屋で、街は変わる。

街を変えるパンも、全ては、人の手のから生まれている。」

 

丹波から遠く離れた大森という街でも、

たくさんの笑顔に会えて、とても幸せなひと時でした。

 

貴重な体験をさせてくださった、

大森の皆様、

日高シェフ、中村さんに感謝です。

 

また、必ず再訪いたします。

どうぞ、その節はよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

_DSC9451 _DSC9414

 

 

明日は朝ごはんだよ。

Farma-no企画 そとあそび ランチのお知らせ

2016.03.12

ma-noの月一企画。

「朝ごはん」

明日は、有馬にある某グランドホテルに勤めていた

料理人「高田氏」をお招きして、丹波の朝ごはんを仕掛けます。

 

ma-noで「和食」

ご飯はもちろん丹波産

野菜ももちろん丹波産

 

ぜひとも、早起きしていらしてください!!

 

7:00からですが、数量限定なので、お早めに!

 

そして、

お昼からは、

農家「横山氏」をお招きして、farma-no企画。

農家自らサーブしてくれるランチです!

 

野菜のこと。

畑のこと。

食のこと。

ぜひ、直接農家「横山氏」に聞いてみてください。

 

明日はゲストを二人もお招きして、

とても面白い感じになるとは思います!!

 

そして、店主は

島根に来ております。

 

大田市大森にある

ヒダカさんのパンにあうコーヒーを淹れに。

 

明日が本当に楽しみです!

 

丹波も、大森も、

きっと熱い一日となるでしょう!!!Farma-nokikaku_yokoyama2015_12 梅まつり大田市 のコピー _DSC9136 _DSC9127のコピー _DSC9119 _DSC8990 _DSC8958 _DSC8944 _DSC8862 FullSizeRender 62 _DSC8859 _DSC8834 _DSC8836 _DSC8841 _DSC8831のコピー _DSC8884のコピー _DSC8799 _DSC8780nayu 臨時オープン _DSC8630 11863394_983143995070347_2046633462541094286_n 12650490_968565866556543_220039735_n _DSC8569 _DSC8586 _DSC8626 _DSC8550 _DSC8531 _DSC8597 _DSC8614 _DSC8477 _DSC8481 _DSC8486 _DSC8463 _DSC8462 _DSC8464 _DSC8470 _DSC8473 _DSC8429 _DSC8151 _DSC8410 _DSC8263 _DSC8171 _DSC8162 _DSC8159 _DSC8046 _DSC8089 _DSC8102 _DSC8103 _DSC8032 _DSC8034 _DSC7753 _DSC7775 _DSC7788 _DSC7841 _DSC7839 _DSC7834 _DSC7856 _DSC7723 _DSC7732 _DSC7749 _DSC7707 _DSC7699 _DSC7674 _DSC7678 _DSC7691 _DSC7672 _DSC7703 _DSC7717 _DSC7666 _DSC7664 _DSC7524 _DSC7481 _DSC7438 _DSC7377 _DSC7454 _DSC7478 _DSC7362 _DSC7322 _DSC7334 _DSC7350 _DSC7356 _DSC8034 _DSC8032 _DSC8035 _DSC8038 _DSC7855 _DSC7750 DSC_0203 _DSC7668 _DSC7665 12277053_930292743717189_933491079_n 12432950_924108724352080_1075994826_o 12436285_924108607685425_1575550331_o 12435279_924108594352093_200902995_o 12433085_924108654352087_691378362_o 12422066_924108577685428_1869286446_o 12422030_924108627685423_1088269702_o 12414217_924108374352115_1851372146_o _DSC7285 _DSC7260 _DSC7255 _DSC7221 _DSC7030 DSC_4452 _DSC6976 _DSC6968 _DSC6963 _DSC6983 _DSC6761 _DSC6705 _DSC6741 _DSC6742 _DSC6720 _DSC6725 _DSC6583 _DSC6626 _DSC6631 _DSC6591 _DSC6555 _DSC6553 _DSC6606 _DSC6709 FullSizeRender 56 _DSC6689 _DSC6664 _DSC6547 _DSC6685 _DSC6319 _DSC6252梅まつり大田市 のコピー

ついに初出店。

2016.03.11

明日は月に一度の 「TAMBA HAPPiNESS MARKET」 これまで、 何度出店を試みたのかがわからない。 KITAYAの新業態 「TAKOYAKI STAND TAKADA produce by KITAYA」 […]

朝日新聞に掲載してもらいました。

coffeeのこと そとあそび 空間をつくること

2016.03.09

「食に生きる二人が街に恋をした」

 

来週13日に

島根県大田市大森で行われる企画。

「食に生きる二人が街に恋をした」

 

その試みが、朝日新聞さんに紹介して頂きました。

 

「あ。ここいいな。」

と思って、日高シェフに声をかけてから、

3ヶ月。

たった二人の「やりとり」が

 

多くの方を巻き込みながら大きくなっていく。

 

「笑顔が見たい」

ただそれだけ。

 

 

日高シェフのパンと

店主が入れるコーヒーで。

 

 

思いは熱いのです。

 

「食」を通じて繋がり、

「食」を通じて表現をし、

「食」を通じて街を愛す。

 

 

店主が感じた

「あ。ここいいな」と思った感覚を多くの方と共有できれば嬉しいです。

 

20160309朝日新聞

 

 

大きなケーキ。

甘いもの

2016.03.08

 

大きなケーキも、

小さなケーキも、

サイズは関係なくて、

「大切な人と同じ時を過ごす」というのが

ホールケーキの良いところだと思うのです。

 

なーんにも無い日。

普通の日。

何気ない日。

 

に、

もし、そこにケーキがあったらどうなるのだろう?

 

きっと、

たった一つのケーキで、

その何気ない日が、

「特別な日に変わる」

変えることができる。

 

いつか、

お客さまとの会話の時に、

どなたかの誕生日ですか?

 

「いいえ、何にもない日です。でも、なんとなく」

 

なんて、会話があったらいいのにな。

と思っています。

 

たぶん、

そのような言葉が自然に溢れる社会は、

「幸せな社会」に近づいているかもですね。

 

 

 

 

 

_DSC9249

特別なランチ。「ma-no deli」開催!

2016.03.04

3月5日 ma-noのランチが変貌します!   いつもは、日替わりで変わる3種類のメニューから選んで頂いているのですが、 明日は特別です。   「ma-no Deli」 デパ地下に並ぶ、彩とりどりの料 […]

大人の使命。

そとあそび

2016.03.04

大人の使命。

 

って書くと、大袈裟かもしれませんが、

「子供たちにどんな世界を見せてあげれるか。」

が、とても大切なのかなと思うのです。

 

身近な大人の

親や先生だけじゃなく、

 

地域に住まう大人たちが、どれだけ子供たちと関わり、

話を聞いたり、話をしたり。が出来るかが、大切なのかと思うのです。

 

私たちは、常に、

私たちが「いいな」と思ったことや、感じたことを、

お客さまにご提案させて頂いてます。

 

美味しい!と思ったものを、

美味しい!と言ってもらえることに、とても嬉しさを感じます。

 

これが、私たちがしている「仕事」で、「生きがい」で「喜び」なのです。

 

今回、

「子供店長」というイベントに参加させて頂くことになりました。

 

地域の子供たちに、

ma-noとして、何を経験してもらいたいか。

 

それは、

子供たち自ら、

ma-noのケーキをまず食べてもらって、

自分が感じたままの「言葉」でお客さまに伝えてもらおうと考えています。

 

自分が感じた思いを、

自分の言葉で伝えて、

 

誰かに「共感」してもらう。

 

ここまでのプロセスを感じてもらえれたら、

きっと、子供たちは、良き経験を持って帰ってもらえるんじゃないかと思うのです。

 

子供たちが、感じた感想なので、

とても素直な感想で、勧めてくれると思います。

 

地域の大人ができること。

参加してくれる

子供たちの目を見て、

話を聞いてあげてください。

話をしてみてください。

 

ただ、それだけで良いと思うのです。

 

3月5日

もしお時間がある方は

丹波の森公苑までいらしてください。

 

小さな店長たちが、

ma-noの焼き菓子を

試食させてくれますよ!!

もちろん抹茶の新作もあるので、お楽しみに!

12654120_1114799325227343_962516981172324707_n

https://www.facebook.com/events/177526082615494/