2人目@インターン企画

インターン企画

2015.03.16

インターン。

本日より一週間。ma-noに
立命館大学の3回生の子がインターンに来てくれています。

10428030_905253276192753_3418939464454881414_n

では、
自己紹介をどうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回Cafe ma-noでインターンをさせて頂く、立命館大学政策科学部3回生の和田拓也です!
一応、世に言う就活生というものです。笑

小学校〜高校までは主にサッカーをしてきて、大学の初め2年間は国際協力団体に入っていました。
そして現在は丹波と学生を繋ぐ地域学生団体PockeTのメンバーとして活動をしています。
ちなみに読み方はポケッティーではありません、ポケットです。。
PockeTの説明はさておき、僕が最初に北さんと知り合ったのはちょうど1年前、去年の春休みにPockeTが企画した二泊三日のキャリア合宿がきっかけでした。
僕は企画者側ではなく参加者側として丹波に訪れたのですが、その際に北さんを含め丹波の魅力的な方々と出会い、価値観の幅が広がりました。
そしてその後の夏休みに、僕は企画者側としてイベントを実施することになるのですが、この時に初めてma-noという場所に行き、一杯のカプチーノに大きな衝撃を受けました。
そこから「コーヒー」が好きになり、ma-noという「空間」が大好きになりました。
何よりもそれらを生み出している北さんの考え方、それに基づいた生き方を知る度に北さんという「人」の魅力にどんどん引き込まれていきました。

僕がma-noのインターンにきた理由は「コーヒー」の勉強はもちろん、「人」と「人」が繋がり、地域交流の「空間」となっている場所を直に感じたかったからです。
知るためには当事者になること。
1週間、思いっきり楽しみます。
よろしくお願いいたします!!

p.s.是非ma-noでおしゃべりしましょう☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ma-noだけでは彼に
丹波の魅力を伝えるのは難しいです。

なので、ぜひお客さまにも
ご協力、ご指導を頂きながら、
丹波のおもしろさを和田拓也という一人の人に
伝えていただければ幸いです。

なにより、
「人」と会い、話せる。というのが魅力だと思います。

難しいことはさておき、
簡単に言うと、

ma-noに今、
若くてカッコイイ「男」あります。

ぜひ、
丹波マダムに
お世話になりたいです!

おさわり以外なんでも受け入れるはずなので。笑

一週間たって、
外見だけではなく、
中身もさらにカッコよくなってもらおうと思います。

では、よろしくお願いします!