食育

2014.03.17

news:食育

自分たちが普段食べている物が
どのように作られているか知っていますか?

私は丹波に来るまで、イメージは出来ても、「知りません」でした。

イメージとは美化されていることも、
誤摩化されている事もあります。

それらを正しく「知る」というのはとても大切で、
食への考え方や捉え方も変わるかもしれません。

昨日行った婦木農場ファーマーズカフェでは
イベントとして、鶏舎のリフォーム大作戦が行われていました。

そこでは、
鶏舎の掃除とリフォームを行い、
鶏の糞。鶏糞を畑に運び、
堆肥にする作業。
そして終わった後には
鶏が生んでくれた生みたての卵をプレゼント。

そしてそのような体験をした後にカフェタイムと。

「人と鶏と大地と野菜とカフェ」が一度に体験できる
素敵なイベントでした。

最近感じるのが、
「食べる」事の重要性。

良くも悪くも、
人の身体は「食べるもの」で構成されて行きます。

自分の身体を自分で作る。

それは、少しの知識があれば、
風邪のひきにくい身体や
心が陽気になりやすい身体や、
太りにくい身体や
花粉症になりにくい身体など

自分自身の身体をセルフプロデュースできるはずです。

今後ma-noでは
婦木農場さんや、丹波の方、丹波の土地の力を借りて、
そんなこともお伝えして行けたらと考えております。

あくまでも、「考え」「アイディア」です。

ですが、このように告知する事で、
大きなうねりになればいいな。と勝手に想像しております。

「食で世界は変えられる」
「食に携わる事。それはとても偉い事で、大切な事なんだぞ!」と訴えて行きたいです!

だからこそ、「世のお母さん達は偉く。位の高い仕事」
をされていると思います。
「主婦」
毎日毎日ご飯を作ってくれる。

それってとても凄くて、大切な事。
お医者さんよりもすごい!
だって、病気にかかってから治すよりも、
「食」で病気になりにくい身体にできるのだから。

「疾病予防」言葉が合っているかわかりませんが、
病気になってからではなく、
病気になりにくい身体づくりをご提案できれば、
もっとよりよい社会になって行くのではないかな?

丹波のコーヒー屋は思う訳です。

さて、今日も一日元気に楽しく過ごして行きましょう!!

心がHappyだと
身体もHappy!!