美味しいコーヒーを追求する。

coffeeのこと

2015.10.01

美味しいコーヒーを追求する。

本日東京では、
今年の日本バリスタチャンピオンが決まりました。

「日本で一番美味しいコーヒーの追求」

以前は私も
何度もチャレンジしては予選落ち。
何度もチャレンジしては予選落ち。

チャレンジすることの大切さは、技術、知識、何においても
「素晴らしい」ことだらけ。

それは、予選に落ちようが、
過程の問題なので、素晴らしいのです。

でも、ふと考えるのです。
「美味しい」ってなんだ?

私は、その答えをma-noで表現しようとしたのが
3年前の今日。

そして、
今日、ma-noに家族を招待しました。

美味しい、美味しいとご飯を食べてくれたあとに、

「私がコーヒー淹れる!」

と言って、娘2人がいっぱいずつ
私にコーヒーを淹れてくれました。

「美味しさ」ってここなんじゃないかな。と改めて感じました。

確かに、なんの説明もなく、
「飲んだら美味しい。」が、

「美味しい」かもしれないのですが、

「食」という行為は
人間が、「五感」を全て使って行える行為。

それをわざわざ、味覚だけにするのは、なんだか、
「食の楽しみ」からかけ離れてしまうのではないかな?と

私たちは思うのです。

私たちが考える「美味しさ」というのは、

物語を感じれること。

だから、今日のコーヒーはいうまでもなく、
「美味しいコーヒー」でした。

もちろん技術や、知識を学ぶ努力もします。
ですが、
ma-noでの「美味しい」を表現し、お伝えしていくために、

私たちが私たちにしかできない
「美味しい」をご提案していきます。

物語。

大切にして行きたいです。

 

FullSizeRender 30