決して安くはないパン。

2016.08.21

20日に開催したTAMBAパン祭り。

今回も大変多くの方に来て頂き、ありがとうございます。

毎回思うことなのですが、

私たちは知っているのです。

決して安くないパン。ということを。

東京のど真ん中で売られているパンと遜色ない値段です。

けれど、一つ一つのパンに込められた思いやストーリーは、

その値段以上の価値があると考えております。

今回は、丹波の無農薬で栽培されている笹倉さんのユメホウシという、小麦を

同じく丹波の農家さんで製粉させて頂き、使わせて頂きました。

無農薬で栽培する難しさ。

それを、少ないロットで製粉する難しさ。

さらに、それをちゃんと美味しい「パン」にする難しさ。

全ては「ご縁」で人とのつながりがあって、

はじめてお客さまの手元に旅立って行くのです。

スーパーで並んでいる小麦でも美味しいパンは焼けますし、

その小麦たちも、すごい技術や企業努力があり、安定した商品として並んでいます。

ただ、それではma-noでやる意味はないのかな。とも思うのです。

私たちは「商品」を売っているのではなく、

「想い」を伝えたいから、パンを焼いています。

伝えたいだけなら、ブツブツ交換でも本来は良いのですが、

しっかり農家さんや、生産者さんに還元していくには、

「お金」というツールを使わせてもらっています。

小麦も、ベーコンも、玉ねぎも、赤米の酒粕も、麹も、ソーセージも、

伝えたいストーリーが山ほどあるのです。

だから、「安くはない」

知っています。

それでも、

毎回多くの方が、パンを求めて来てくれるのです。

これは、本当に嬉しいこと。

私たちが思い描く未来の社会と

みなさんが思い描く未来の社会が近いからこそだと思っています。

これからはさらに食の二極化が進んでくると思うのです。

大量生産、大量消費の広い世界。

地産地消のミニマムな世界。

どちらが良くて、どちらかが悪い。なんてことはないのですが、

私たちは関わってくださる方の「想い」を

その想いを理解してくださる方にご提案させて頂きたいと思っています。

だって、その方が「笑顔」が直接見えますからね。

きっと、今回もニヤニヤして食べてくださったと思います。

美味しかったでしょ?

それは、私たちだけの想いじゃなくて、

関わってる方全ての「想い」が詰まってるから。

だから、私たちも自信を持って「美味しいですよ!」って言えるのです。

胸を張れるのです。

また、来月行う予定にはしていますので、

楽しみにしていてください。

店主的には、今回のパン祭りで一押しは

「キャラメルナッツ」でしたー

みなさんどれが一番好みでしたか??

また感想教えてくださいね!

_DSC4034