様々なかたち。

空間をつくること

2015.09.05

木工家としての、「かたち」

 

先日、大阪で開業されるイタリアンバルに

特注ウッドトレーを作らせて頂きました。

 

開業の準備段階から、お話を伺い、

お店さんや、スタッフの方々、そこに集うお客さまを

イメージしながら作らせて頂いたのです。

 

_DSC0854 昨日、オープンされたお店に伺って、

美味しいご飯をご馳走になってきました。

 

普段は作る側。

ですが、今日は作ってもらう側。

 

でも、作ってもらっているのだけど、

作らせて頂いたウッドトレーに

料理が綺麗に盛り付けられているのを見ると、

 

なんだか、自分ごとのように嬉しかったです。

_DSC3836 _DSC3805 _DSC3795 _DSC3824

 

たまたま、

一緒に行っていたのが、

ma-noにインターンに来てくれていた、ゆかりさんと、拓くん。

 

大阪の土地で、

ma-noがあったからこそ、繋がり、集う人。

 

なんだか、とても嬉しい気持ちになりました。

 

飲食だけではなく、

木工家としても活動させて頂いたからこそ、生まれた繋がり。

 

なんでも「やる」というのは、中途半端。と言われることもあるかもしれません。

 

その道を進まれている方にとってはその通りだと思います。

 

でも、飲食をやっているからこそ気づける

お客さまの笑顔だったり、お店さんの要望もある。

 

それに、やっていなければ決して繋がって無かったという事実。

 

やってみるもんだな。と思います。

 

出来ることを出来るだけ、全力で行う。

ただ、それだけで、

こんなにも幸せな気持ちになれちゃうのは、

なんだか、ラッキーです。

 

繋がりは、

きっと一つじゃなくて、

様々な「かたち」があるんだと思います。

 

大阪難波

「イタリア処 tappa」

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27086422/

 

ぜひともお近くの方は行ってみてください。

 

最高の笑顔と、美味しいご飯と、それに合わせて選んでくれるワインと、

ウッドトレイを体験してみてください!!_DSC3802