手紙を預かりに東京へ。

おくりもの

2016.11.30

一通の手紙

 
「両親に贈り物をしたいのです」
 
あまり家に帰れないから、
今年が終わる前に、
 ありがとうの気持ちを込めて、
ma-noのギフトを贈りたい。と。
 
そんな大切な気持ちを伝えるのに、
物にあふれている現代で、
ma-noを選んでもらえることが
嬉しくて、嬉しくて。
 
 
でもね。思うのです。
きっと、お父さんやお母さんが一番嬉しいのは、
物なんかじゃなくて、
子供からの「言葉」なんじゃないかと。
 
だから、預かりに来ました。
 
「一通の手紙」
 
手紙も、
 送ってもらえばいいだけの話なのですが、
せっかくなら、
そんな大切な手紙も、
直接預かれないかな?と思いたって、相談。
 
いいですよー。
 
 
気軽にお返事をいただいたので、
飛行機でぷわーっと東京やってきました。
 
 
ma-noのギフトだけでも、十分に喜んでもらえると思うのですが、
「一通の手紙」
 
これには、やっぱり霞んでしまう。
 
いいのです。
ご両親の、そして、本人の、
 最高の「笑顔が見れる。」ために、何ができるかな?と思ったら、
これだったので。
 
 
 
 
さーどんなギフトにしようかな。
託された今。
 
楽しみで仕方ないのです。
 
贈り物っていいですよね。
贈る方も、贈られる方も、それを作らせて頂く私たちも。
みんなが笑顔になる。
 
「これ」といったものがなくて、
でも、なるべくお話を伺いながら、その方にあった贈り物。
ご用意させて頂きます。
 
お気軽のご相談ください。
 
さすがに手紙を受け取りに行きます!!とまでは言いませんので。笑
 
 
 
東京。
様々なお店に行き、
様々な人に会い、
様々な情報に触れる。
 
早く丹波に戻って、やりたいことがたくさんある。
 
「動く」とワクワクしますね!!!
 
 
IMG_0376