手と手@インターン企画

インターン企画

2015.04.14

「藤原由香里」

社会人インターン。
それは、ma-noがどう見えるのか?を身近に知れる手段。

今回
一週間という短い期間でしたが、
ma-noに藤原由香里さんがインターンに来てくださいました。

11011006_920184274699653_4104241288757775316_n

特にma-noが彼女に対して

教えたりできることはありません。

ただ、
ma-noとma-noを愛してくれているお客さまとの
関係を「伝える」ことはできるかと思っておりました。

それは、
見栄を張ったり、
背伸びをしたり、
虚勢を言ったりすることではなく、

ありのままの
お客さまとma-noの関係を

いつも通りにお伝えするだけ。

由香里さんは、
アクセサリーなどのものづくりをされたり、
モデルをやったり、
写真を撮ったり、
とても多彩。

「表現」することが好きで
作り出すことが好き。

そして、何より
笑ってる笑顔を見るのが好き。

そんな彼女に一週間でお願いしたこと。

「ma-noを写真で表現してください」

以前インターンで来てくれた
和田拓也くんは
手書きでma-noを表現してくれたので、
由香里さんには写真でと。

構想から、素材集め、加工までを
一週間という短い時間でお願いしました。

そのなかで、
多くのお客さまにも協力をしていただいたのが、

「手」の写真。

どうなるのかは、
私自身もわからなかったのですが、

最終日にお店が閉まって2時間後に完成。

藤原由香里さんが、
ma-noを体験し発信するとこうなりました。

19229_920205051364242_6598687254180611889_n

他者認識。

人から見ていただくことで、
初めて、「知れる」ことが多くあります。

決して自分では見ることの出来ない
角度からの認識は
とても新鮮で
とても嬉しいです。

由香里さん。
一週間おつかれさまでした。

学ぶことが多く楽しかったです。

そして、
ご協力していただいたみなさま。
誠にありがとうございました!

「手」しか写っていないのに、
誰かなんとなくわかっちゃうのが、
面白いですね!!

このまま、どんどん
「手」を集めて
1000枚くらい集めて

なんか作品作れたら面白いな。
なんて新しい構想まで。。。笑

さて、
ma-noの社会人インターン。

12月の年末から1月にかけて
宇野さんが来てくれ、
2月はオーナー北が
株式会社ご近所にインターンに行かせてもらって、
3月には
拓くんが来てくれて、
4月には
由香里さん。

そして、
4月末からGWにかけて、
また一人。

インターンに来てくれます。

ありがたい。

自分の時間を使ってでも、
ma-noを感じてみたい。と思ってくれて、
さらに「行動」に移してくださるんですから。

見栄を張ったり、
背伸びをしたり、
虚勢を言ったりすることではなく、

ありのままの
お客さまとma-noの関係を

これからも築いていけるように取り組んでまいります。

スタッフ一同これからも、どうぞよろしくお願いします。