思い出と想い。 パティシエ里美の午後のつぶやき。

甘いもの

2015.07.17

ma-no の小さな焼き菓子屋さん

私のお菓子のルーツ。

それはたぶん幼稚園の頃。

母が作ってくれたクッキーの生地を丸めたり、型を抜いたり、

 

初めはただただそれが楽しくて、

そして食べれることが嬉しくて毎日のようにクッキーを作ってました。

 

小学生になったある日、友達のおうちに行かせて貰ったとき、作ったお菓子をお土産にと持っていったんです。

そしたら友達が凄く喜んでくれて、うりちゃんが作ったクッキー美味しいね。

こんなの作れてスゴいねって。

 

今まで自分が楽しいから作ってたお菓子。

そのお菓子が誰かを笑顔に出来る。

そして一緒に笑って美味しいねって言える。

その時なんだかとっても嬉しかったことは今でも鮮明に覚えてます。

 

もともとお菓子作りが好き。でも誰かの笑顔を想像しながら作るお菓子はもっと大好きです。

 

今回ma-noで小さな焼き菓子屋さんをオープンすることになりました。

 

手に取ってくださるお客様、美味しいね。その笑顔を思いながら焼き上げたお菓子たち。

 

ぜひぜひ皆さんに召し上がっていただきたいです。

 

関西地域では8月15日までお中元の期間です。笑顔と感謝のお裾分けにma-noの焼き菓子セットはいかがですか? サイズやお好みにあわせて焼き菓子ボックスをご用意しています。

_DSC1794 I just want to see your smile. 小さな焼き菓子店屋さんへのお越しをお待ちしてます。