定期便始まる。創刊号は店主が届けます。日本全国どこへでも。

2017.02.19

オンラインショップ本始動。2017年2月19日00:00

ma-noという名前の由来は「つながり」

2012年にオープンしたma-noも今年で5年目。

これまでに様々な人、様々な食、様々な物に出会ってきました。

そのつながりを、

ma-noというお店だけで留めておくのではなく、あなたのご自宅へ。

ma-noワクワク定期便」として、お届けします。

 

何が入るかは、その時の出会い次第、

開けるまでのお楽しみ。

 

届くものすべてに、「人」がいて、「ストーリー」がある。

生産者の方の想いや出会い、

それらをまとめた繋がるジャーナル「KITAYORI」を一緒に届けたいのです。

 

 

 

 

ma-noだからこそ出会えた人、食、物を、

丹波を離れた家族や、

丹波に来れない方や、

ma-noが好きな方。

 

距離という制約をフリーにして届ける。

 

店主の想い。

 

 

ma-noワクワク定期便には、もう一つ意味があります。

what you buy is what you vote.」 

 

お金を払うという行為(buy)は、

自分がどんな社会にしたいかを選択(vote)できる「権利」であり、

未来の自分への「投資」。

 

今までは、丹波にあるma-noに来て頂けないかたには、

ma-noという在り方を選択し、

ma-noが好きという気持ちを表現していただく術がありませんでした。

 

 

 

 

その「選択」があるからこそ、

また美味しい物を作るために、美味しい物と出会うために投資ができ、

そして、それがまた「選択」してくださった方へ還って行く、

 

「循環」の世界観。

 

店主がとても大切にしている、「お金の使い方」です。「安ければ良い」だけでなく、

顔の見える方を応援したい、声の届くものが欲しくなる。

 

そんな社会はもうすぐそこに来ていると思うのです。

 

 

将来、好きなお店が増えて、

好きなものが増えやすことができるのは、

「お金を使うという未来の自分への投資。」

 

 

ちょっと堅いですが、

真面目に、そして本気で

自分たちの子供が幸せな社会を作って行きたい。

それがma-noワクワク定期便に込めたもう一つの想いです。

 

 

創刊号の中身は決まっております。

 

創刊号の中身。それは、

cafe ma-no店主 北信也」です。

 

店主自ら、あなたの元へ。

 

コーヒーを淹れながら、ma-noのこと、定期便のこと、お話しさせて頂きます。

 

 

私たちは、「笑顔が見たい」のです。

通常のオンラインショップじゃ、

クリックするだけで、最初から最後までお客様の笑顔が見えない。

 

 

 

届ける方の顔を思い浮かべながら作り、届けるほうが、面白い。。

 

だから。

 

ヤマトさんでも、佐川さんでも、郵便局でもなく、

 

店主自ら届けに、会いにいきます。

 

前例がないことなので、どうなるか未知ですが、

考える前にやろうという気持ちですので、

何卒、ご理解ご協力頂ける方のみご注文ください。

 

 

品名:

ma-noワクワク定期便 一年コース

 

内容:

偶数月中旬(4月、6月、8月、10月、12月、2月)に送られるma-noの定期便。

 

繋がるジャーナル「KITAYORI」も同封しております。

 

美味しい楽しみ方:

繋がるジャーナル「KITAYORI」を読みながら、HPでアーカイブを見ながら、見て、食べて、楽しんでください。

https://teikibin.thebase.in_MG_9539