先を行き過ぎる男「小橋昭彦」@仕事百貨

2016.11.05

想像し、創造する。

_MG_8832

この小橋という男は、

時代が時代であれば、「崇められていた」

と思う。

 

10年後の社会の動向を予測したり、(これがかなり当たってる)

今では当たり前のことを、無かった時代から、作りあげてたりしている。

 

グーグルなどの、検索エンジンもないころから、インターネットを活用し、

パソコンが普及していないころから、ネット通販を始めたり、

Ustreamが無い時代から、ライブで動画を配信したり、

イクメンという言葉も無いころから、育児退職を願ったり、在宅で勤務したり、

会社で働きながらも、執筆という副業をしたり。

 

もう、「先に行っている」

_MG_8844

先に行きすぎて、やっと時代が小橋さんに追いついたのかな。と思うほど。

みんな興味深々だ。

 

 

先を見ることができる力。

_MG_8873

 

仕事百貨のなかで、

店主が特に心に残った言葉。

「仕事を理由に引っ越すのではなく、

暮らしを理由に引っ越すような世界に。

そして、仕事を何をしているのかではなく、

どこに住んでいるか?をまず聞くような世界にしていきたい」

 

と。

なんか素敵だな。と思うのです。

 

暮らし(田舎で子育てしたい)を理由に

都市部から地域へ引っ越し、

仕事とプライベートを極力融合させている小橋昭彦という男。

 

地域が好きで、

丹波が好きで、

好きだからこそ、

その「好き」を

いろいろな人と共有したくて、

いろいろしてる。

 

_MG_8859 _MG_8853

 

それがいろいろすぎて、先を行き過ぎているから、

もう、ざっくり「分からない人」になっている小橋昭彦という男。

 

参加された方から、たくさんの質問や補足も飛ぶ。笑

終始穏やかな、仕事百貨。

 

なんだか器用な不器用な感じ。

そんな小橋さんに聞いた

「仕事とは」

FullSizeRender 108

「はた→らく」

はた(隣の人)を楽にすること。

それが小橋昭彦の仕事。

 

素敵ですね。

言葉というのは

すでに「在る」言葉かもしれませんが、

その言葉に宿る「何か」は経験をしないと

誰かに届けることが、できないかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

人それぞれに

「仕事の形」がある。

 

仕事百貨では、今後も

人にフォーカスを当ててお届けしていきたいと思います。

 

次回のゲストもお楽しみに!!

 

 

 

仕事百貨のまとめの時に話しきれなかったやつ。

下に記載しているので、参加された方はぜひ読んでみてください。笑

—————————————————————————————————-

仕事はあくまでも、「目的」を果たすためのツールであって、道具の一つ。

 

「紙を切る」という目的を果たすのは、

はさみで切るだけじゃないですよね?

手でちぎったっていいし、

カッターナイフでもいい。

包丁でもいい。

 

大事なのは、「目的」

店主は、仕事ってそうゆうものだと思うのです。

—————————————————————————-