人が集うカフェだからこそのウエディング。

2016.05.04

初めてのウエディング。

「ma-noで結婚式をしたいんです」

「出来ますか?」

と相談を受けたのはいつだったかな。

 

気がつけば、あっという間に当日を迎えていました。

_DSC1108 _DSC1113 _DSC1116 _DSC1159 _DSC1165 _DSC1234_DSC1239 _DSC1277 _DSC1396 _DSC1409

 

あくまでも、cafe。

だからこそ、できないこともある。

細部までスムーズに事が運ばないけれどね。

 

cafeだからこそ、出来るウエディングがあると思うのです。

 

丹波で「花」の魅力を伝えたいフラワーアレンジメントの方が居て、

丹波で「音楽」の魅力を伝えたい音楽家の方が居て、

丹波で、ウエディングプランナーを目指している方が居て、

丹波で、ワクワクしたいたこ焼きもやいちゃうシェフが居て、

丹波を「デザイン」できりとり発信したいデザイナーが居て、

丹波の「風景」を描き表現するデザイナーが居て、

 

丹波が、大好きなカメラマン兼なんでもできちゃう方が居て、

丹波とma-noを好いてくれるインターンOGが居る。

 

みんな、cafeに来てくれる方。

 

cafeだからこそ、

人が集まる。

今回様々な方に

お二人のウエディングに関わって頂きました。

 

ウエディングは初めてだけど、

各々がプロで行っていることを、

同時に、同じ場所で、一緒に表現するだけ。

 

一緒にするのは「初めて」なのだけど、

各々が向いている方向は「同じ」だからこそ、

最高の時間を共有できるんだと思うのです。

 

当日。

新郎新婦のお二人の笑顔が何より嬉しくて、

最後の新郎の言葉にちょっとうるっと来てしまいました。

 

「みなさんのお陰で最高の式を迎えることができました」と。

 

嬉しかったですね。

幸せのおすそ分けをたくさん頂いてしまいました。

 

 

出来ることを出来るだけ、全力で。

これからも、続けて行きたいな。

 

おめでとうございます!

そして

たくさんのキラキラをありがとうございました!