インターンはきっかけ。

インターン企画

2017.10.17

7月からお盆まで、インターンに来てくれていた、

光里さんが、

インターンの課題を持って東京から来てくれました。

_DSC0832

谷口光里インターン記録

ma-noのインターンには、参加者一人一人に一つだけ課題を与えています。

 

それは、

「あなたから見たma-no」

それを形にしてもらっています。

 

一人一人の目的や、好みに合わせてインターンのプログラムを考えます。

農家に連れていく子もいれば、

イベントに一緒にいく子もいるし、

日本全国、つれまわす子もいます。

セミナーを受けてもらう子もいます。

 

みんな違う。

違うからこそ、

「見える」世界も違う。

 

それを具現化するのが、唯一の課題。

 

提出してくれる課題が、とても楽しみで仕方ないのです。

 

どうやって表現するか。

どんな風景が見えているのか。

どんな方と出会えたのか。

 

「まだインターン中みたいなんです」と言いながら渡してくれた光里さんの課題は、

これからも描き足せるようになっていました。

それが光里さんから見たma-noの姿。

また来るよの証。

ひょっこりカウンターに立っているかもしれませんよ。

 

課題はma-noにおいているので、

来られたら、ぜひ手にとって見てみてください。

 

谷口光里が一ヶ月ma-noで過ごして感じた

ma-noがそこにあります。

 

_DSC0764

周年祭もしっかり手伝いに来てくれました。楽しかったなー