あと8年。続ける理由ができました。

2016.03.31

つい先日。

とある小学校の卒業式がありました。

そのあとの、

保護者の方々が主催し、行う謝恩会を

ma-noで行わせて頂きました。

 

始め相談をうけたときは、

果たして60名近くの方がゆっくり召し上がって頂けるかな、と

多少考えましたが、

 

今回のために、

お店のレイアウトを根本的に見直し、

広く使って頂けるようにしました。

 

初めての貸切。

 

ドキドキしましたが、

生徒さんも、先生も、親御さんたちも、

終始笑顔で、ワイワイしてくださっていて、

とても嬉しかったのです。

 

生徒さんから、先生にサプライズがあったり、

先生から、生徒さんにサプライズがあったりと、

 

幸せそうな「空気」「時間」がma-noに満ち溢れてました。

 

そこで、

どなたがおっしゃられたかは、わからないのですが、

「20歳になったらここで同窓会しよう!」

と言ってくれたのです。

 

まだ12歳の子たちが、

20歳になった時の同窓会を語る。

 

なんだか微笑ましいな。と思いつつも、

最低でも8年間。

 

続けていく責任が生まれました。

 

言葉というのは、力があって、大切。

忘れてるかもしれないけれど、

きっと覚えてる人もたくさんいる。

 

だからこそ、

謝恩会を一回やって終わり。

じゃなく、

8年後。またこの場所で、みんなと会えるのを楽しみに、

毎日を積み重ねていかなきゃいけない。

 

彼ら、彼女たちがどんな毎日を積み重ねるかは、

わからないけれど、

私たちは、私たちの毎日を積み重ねる。

 

会の終わりに、

一言だけ彼ら、彼女たちに贈った言葉があるのです。

 

この街で育っている彼ら、彼女たちに届けたかった言葉。

 

それを叶えるためにも、

日々の積み重ねの大切さを感じながら歩んでいきたいですね。

 

 

 

 

和田小学校2016.3.23

ありがたいことに、この機会に、

60名くらいまでならパーティー貸切もできる。ということが判明いたしました。

 

ご用命等がございましたら、お気軽のご相談ください。