「言葉を贈る」

おくりもの

2015.12.19

「言葉を贈る」

ma-noの贈り物の考え方は、
贈る人が「嬉しく」なる。です。

贈る人が、贈られた方の「笑顔」を想像しながら、
選んだりする。

これは、バースデーケーキや、ウエディングケーキ、焼き菓子の詰め合わせでも一緒。

そして、一番大切だと思うのが
「言葉を贈る」こと。

正直
「商品」というものは、
お金で買えます。

でも、
「言葉」というものは、
お金で買えないのです。

なので、
バースデーケーキには
メッセージを必ず伺っています。

それは、
「言葉を贈る」がメインだから。

言葉のついでに、ケーキがある。

だから、
焼き菓子などの詰め合わせも一緒なのです。

「言葉を贈る」がメイン。

もちろん身近な方に贈るのであれば、そこまでしなくていいかもしれません。

ただ、
一年に一度、会えるかわからない。
だけど、とても大切な方。

今回。
ma-noの焼き菓子などを詰め合わせたものを贈ってほしい。とのオーダーを東京在住の方にいただいたのですが、

せっかくなら、
お手紙を書いてma-no宛に送ってくれませんか?
とご相談しました。

「商品」が届くのも喜んでもらえると思うのですが、
それよりも
生の「言葉」の方がきっと喜ばれると思うのです。

と。

すると、
そのお客さまは、
「最初からそのつもりでした!ma-noさんならそうしてくれると思って」

嬉しかったですね。

正直、
「手紙」を書くという労力は、
メール一つ書くのと違い、かかります。

便箋に、封筒に、ペンに。

それらも全く厭わない。むしろ、はなからそのつもり。

気持ちや、ビジョン、考え方が、そのお客さまとは近いもの感じれたのです。

だから、嬉しかった。

私どもにも、お気遣いのお手紙を書いてくれる。

そんな方からの、
オーダー。

予算はどうされますか?

なんて、問いもやぼなものでした。

「お任せします。」

はい。
任されちゃったので、

なんだかテンション上がって、
木箱まで作っちゃいました。

重箱をイメージして、

召し上がる方の人数、年齢、環境を考えつつ、
選んで行く。

きっと、
オーダーをくださった方が、
その方に会いに行かれたとき。

「贈り物」は食べて無くなってしまっていると思います。

でも、
きっと、
「手紙」と「木箱」は残ってるはず。

「贈り物」って、そんなに回数が多いわけじゃない。

だから、
思い出に「残る」
形で「残る」

そんな「贈り物」があってもいいと思うのです。

大切な「贈り物」

お客さまと一緒になって、
届いた時の「顔」をイメージする。

きっと、
笑ってくれるんじゃないかなー。と。

一つ一つ。

贈り物の数だけ、ストーリーがある。

一緒に携われることが出来て幸せなのです。_DSC7221