「日本酒に合うおつまみを作ってください」の答え。

丹波のもの 空間をつくること

2016.10.31

丹波篠山日本酒サミット開催。

丹波篠山という地域には、

7つの日本酒の酒蔵があるのです。

昨日は、その丹波篠山にある酒造がすべて揃うという

「丹波酒journey」#晩酌女子

が、ma-noでありました。

日本酒が好き。な素敵女子が集まるのもすごいことなのですが、

酒蔵さんが自ら来てくれて話をしてくれること自体が、

羨ましくて仕方なかったです。

ma-noへのオーダーはたった一つ。

「日本酒に合うおつまみ」

考えて、考えてたどり着いたのが、

「おでん」

美味しいおでんとはなんだ?から始まり、

試作を重ねて完成した「本気おでん」

本気だから、

ゲットしちゃったのです。

「おでん鍋」

一回こっきりのイベントだけど、

それでも、全力で楽しみたかったから。

ゲットしちゃった。

_DSC7778

高田氏監修の元、

挑んだ「日本酒に合うおつまみ」

_DSC7783

いかがですか?この透明感。

やばいやつが出来てしまったのです。

_DSC7808

会長や、社長、工場長など、勢揃い。

圧巻でした。

_DSC7831

日本酒について語って頂く時間は、贅沢の極み。

メモもとるよね。

_DSC7853_DSC7854トクトクっと注ぎあいっこ。

_DSC7863かんぱーい!!

_DSC7885_DSC7886_DSC7910_DSC7881_DSC7880_DSC7878_DSC7872_DSC7870最後はみんなで記念撮影。ほろ酔い加減がいい感じでした。

_DSC7918

本気で楽しみたいのであれば、

何事も、「できるだけ、できることを全力で」行うと、

楽しいのです。

ma-noがいつも思うのは、

「みんな」の笑顔がみたいのでは無くて、

やっぱり、声をかけてくれた「その人」に一番笑って欲しくて。

「その人」は一人かも知れないけれど、

「その人」が笑顔になるとね。

みんな笑顔になるんだ。

今回も、そう。

企画に声をかけてくださったたった二人の笑顔が見たかったからこそ、

振り切った。のです。

はい。

もちろん想像以上に喜んでくれましたよ!!

そして、参加してくださったみなさんも喜んでくれていました。

お酒の力もあったと思いますが。笑

写真はないのですが、

今回は7つの蔵のお酒を別々に使った

「パウンドケーキ」も焼いたのです。

お酒が変われば、味も変わる。が明確に出てとても楽しかったです。

もしかしたら、今後、

酒蔵さんとのコラボがある。

かもしれない。。。。

気長に楽しみにしていてください。

「好きなことを共有できる」というのは、幸せなことですね。

晩酌女子応援プロジェクトは今後加速していきますので、

そちらもお楽しみに!!!