「インターンに行っていいですか?」

インターン企画

2016.08.15

ma-noでのインターンシップ。

先日東京から一週間インターンシップに来てくれた石塚富貴さん。

_DSC3767

一週間という短い間でしたが、

きっと彼女にとって考えることの多い日々だったと思うのです。

 

「好きなことを好きなだけやってるのに、なんで成り立つのか?」という問いを持って

インターンにやってきた彼女。

一週間で、その答えを少しは「感じた」とは思います。

 

「インターンに行かせてもらっていいですか?」という

 

はじめの一声。

それは勇気がいるだろし、不安だろうし、怖いかもしれない。

けど、その一線を越えるだけで、

見える世界は広い。

 

初日は緊張してたけど、

最終日には、満面の笑み。

_DSC3964

農家さんを巡ったり、

_DSC3903_3

花の水やりしたり、お客さまと話をしたり、

様々なことを体験してもらう一週間。

 

私たちもたくさん学ぶことがあり、

とても貴重な時間でした。

 

インターンシップというのは、

お互いにとてもいいなと思うのです。

 

「おかえりなさい」と言える仲間が増えるようで。

 

次はどんな方が来てくれるかはわからないけれど、

楽しみですね。

過去の人々もここで会えるので、ぜひ覗いてみてください!

インターン企画

様々な人のエッセンスがma-noに蓄積される。

 

それが今のma-noの形なのかもしれませんね。