「あなたの気持ち。ちょっと重いから別れよう」

2014.11.01

news:「あなたの気持ち。ちょっと重いから別れよう」

人間が決めた「規格」というルール。
そのルールにはみ出てしまった野菜たちの運命は、
「廃棄」

大きくても、小さくてもダメ。

農家さんの「廃棄」は
次の野菜たちの糧になるので、
決して無駄ではないのだけど、

ちょっとね。もったいない気がする。

日本の食料事情。
世界の食料事情。

地球の食料事情。

そこまで大きい視野で見るとなると、取り組む。には大きすぎるけれど、
ma-noができる範囲で、できる事をしていきたい。

廃棄されてしまう、
「規格」というルールを無視できる加工は何か?

と考えたときに
野菜を使ったベジグラノーラを思いついた。

カットして、
ドライにすれば
大きさや、小ささなんてのは、全く問題ない。

それも野菜を同時に摂取できることなら、
身体にもいいのではないか!!

そんな想いから、
まずは自家製グラノーラの開発に踏み切りました。

試行錯誤してできた自家製グラノーラは
フルーツを使った
フルーツグラノーラとメープルグラノーラの2種類。

ベジグラノーラを行う前に、
先行で発売していました。
ありがたいことに、
とても好評をいただいています!

そんな中、
ベジグラノーラの第一弾は、
「畑から作る」がテーマに!

4月に畑を耕すところから、
植え付け、雑草とり、収穫、
加工までを一貫して取り組む、
生姜作り。
ジンジャーシロップ体験。

食育と6次産業も体験しつつ、
開発も同時に進めている状況でした。

そんな中で開発ができたのが、
「ジンジャーグラノーラ」

ma-noが畑から作った生姜を
特殊にドライ加工したものをブレンド。

美味しく、可愛くをモットーになので、
ma-no史上初めて、
オーダーメイドのシールまで作っちゃうという力のいれよう。

畑から、開発、パーケージデザインまで、
全てを行う。

愛情が込めすぎて、
ちょっと
重いかもしれません。

「あなたの気持ち。ちょっと重いから別れよう」
ってフレーズを人生で使ったことのある方は、
ちょっと遠慮してもらった方がいいぐらい、
想いが詰まっております。笑

恋愛と一緒ですね。

一方通行の恋になるのはわかっております。

自己満足になるのも分かっております。

でもね。

ただただ、
一度全部をma-noでやってみたかったんです。

ついでに言っちゃうと、
シールの6角形にももちろん意味が込められています。

ね。

重いでしょ。笑

11月3日に行われる
GOGOフェスタというイベントでお披露目です!

そこではma-noではなく、
新ブランド
「KITAYA」として出店させていただいていますので、
よかったら遊びにいらしてください。

美味しさのことはお伝えしておりませんが、
どんな味なのか、どんな美味しさなのかは、
想像してお楽しみください!

あれ?

始め、「廃棄」の話とかしてなかった?

はい。すみません。

それはまだ開発途中なのです。

こうご期待ください!!

最後に。

ma-noは
どちらかと言うとコーヒー屋さん。

1週間に一度ぐらいは言っていかないと、忘れられちゃう。笑